●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-24.I.9:1 ~ T-24.II.1:7

9. Those who are special must defend illusions against the truth. For what is specialness but an attack upon the Will of God?

  • those who : 「〜する人々」
  • special [spéʃəl] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • defend [difénd] : 「〜を守る、防衛する」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • against [əɡéinst] : 「〜に反対して、〜に逆らって、〜にそむいて」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • specialness [spéʃəlnis] : 「特別であること、特別性」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
❖ "Those who are ~ "「特別である者は、真実に対抗して幻想を守らなくてはならない」。特別性は幻想であるので、自分が特別だと信じている者は、幻想を信じているのだ。したがって、特別性は幻想であるという真実が暴(あばか)れないように、虚偽の幻想を守るのである。"For what is specialness ~ "「なぜなら、特別であることは、神の意思に加えられた攻撃であるからだ」。"the Will of God"「神の意思」とは、ここでは、幻想を廃して実相的であること。真実に生きること。神は、神の子の特別性を許さない。なぜなら、神は、単一の神の子を創造したのであって、その中の特別な存在を設けたりしなかったのだから。神は、完全平等であり、差別区別をまったくしない。神の辞書に、特別とか差別とかいう言葉はないのだ。



You love your brother not while it is this you would defend against him.
  • while [hwáil] : 「〜の間ずっと、〜する間に、その間に」
  • defend [difénd] : 「〜を守る、防衛する」
❖ "You love your ~ "「あなたが、同胞に反して、特別性を守ろうとしている限りは、あなたは同胞を愛しているとは言えない」。特別性という幻想を守ろうとしている限りは、愛という真実を実行出来ないのだ。なぜなら、真実の愛が見えないからだ。実相的な真実の愛に生きるには、幻想のすべてを放棄しなくてはならない。真実の愛に生きたイエスを見れば、彼が、一点の幻想にも動じなかった姿がわかるだろう。



This is what he attacks, and you protect. Here is the ground of battle which you wage against him.
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • ground [ɡráund] : 「地面、地べた、地盤、土地、立場、根拠、原因」
  • battle [bǽtl] : 「戦い、戦闘」
  • wage [wéidʒ] : 「行う、遂行する」
❖ "This is what ~ "「この特別性こそ、同胞が攻撃するものであり、あなたが守ろうとするものである」。自分の特別性を振りかざして威張っているあなたを見て、同胞はあなたを攻撃する。"Here is the ground of ~ "「(攻撃する)同胞に対して戦いを始める戦場が、ここに出現するのだ」。あなたと同胞の心は分離し、互いに猜疑心や嫌悪感に満たされて、醜い争いが始まる。



Here must he be your enemy and not your friend. Never can there be peace among the different. He is your friend because you are the same.
  • enemy [énəmi] : 「敵、敵国、かたき」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • among [əmʌ́ŋ] : 「〜の間に、〜のうちで」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
❖ "Here must he be ~ "「戦場では、同胞はあなたの敵であって、友ではない」。憎悪はあっても、愛は一かけらもないから、嫌悪する同胞は友ではなく敵だ。互いに、幻想の底なし沼にはまり込んだのだ。互いに互いの足を引っ張り合って、どんどん、沼に沈み込んでいくのである。
 
 
 
 
 
II. The Treachery of Specialness
特別性の裏切り
 
 
 
1. Comparison must be an ego device, for love makes none. Specialness always makes comparisons.
  • comparison [kəmpǽrisn] : 「比べること、なぞらえること、比較、対照」
  • device [diváis] : 「機器、装置、道具、発明品、手段、仕掛け」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、常に」
  • make comparisons : 「比較する」
❖ "Comparison must ~ "「比較とは、エゴの道具であるに違いない」。エゴは、比較という道具を使って、自分の優位性、特別性を評価するのだ。"for love makes ~ "「なぜなら、愛は、比較など決してしない」。愛を象徴するホーリー・スピリットは、比較などという小賢しい道具を使わない。したがって、比較を尊重するのは、エゴに限られるのだ。そして、エゴに毒されたあなたは、頻繁に他者と比較するのである。ところで、ホーリー・スピリットは、比較という相対的な尺度を使って、ものを見ない。ホーリー・スピリットは、真実という絶対的な尺度で、目にした対象をすくい取るのだ。それが、ホーリー・スピリットの愛である。仏教で言う『慈悲』に近いものである。



It is established by a lack seen in another, and maintained by searching for, and keeping clear in sight, all lacks it can perceive.
  • establish [istǽbliʃ] : 「確立する、制定する、成立させる」
  • lack [lǽk] : 「不足、欠乏、欠如、欠落」
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つ、もう一人」
  • maintain [meintéin] : 「〜を保持する、維持する、保つ、堅持する」
  • searching [sə́ːrtʃiŋ] : 「捜査、検索、探索、検査」
  • search for : 「〜を捜す、〜を探し求める」
  • keep : 「〜の状態にしておく、〜の状態を保つ、〜にしておく」
  • clear [klíər] : 「明らかな、明瞭な、はっきりした」
  • sight [sáit] : 「視界、景色、光景、視覚、視力」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
❖ "It is established ~ "「比較は、他者の中に欠落を見つけることで、成立する」。特別性を確保するために比較をする当面の目標は、他者の中に欠落や弱点、汚点、劣性を見つけ出して、自分がそれよりはましだと思うことである。"and maintained by ~ "「そして、特別性は、(他者に欠落を)探し続け、それがはっきり目に見えるようにすることで維持されるのだ」。 "all lacks it ~ "「そして、特別性が知覚出来るすべての欠落を、鮮明に見えるようにしておくのである」。他者の欠点、欠落を執拗に求め、殊更に暴き出し、あたかも敵の首を取ったかのように、公然と晒(さら)すのである。いつでも、その首が見れるようにするためである。しかも、一つの首で満足することはない。次々と、他者の欠点、欠落を追い求め、すべての欠落を探し出すまで、それを続けるだろう。晒し首は山をなし、それを眺めて、あなたは自分の優位性と特別性を確認するのである。



This does it seek, and this it looks upon. And always whom it thus diminishes would be your savior, had you not chosen to make of him a tiny measure of your specialness instead.
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • look upon : 「〜を見る」
  • thus [ðʌ́s] : 「このようにして、こんなふうに、それ故に、従って」
  • diminish [dimíniʃ] : 「〜をおとしめる、けなす、〜を少なくする」
  • savior [séiviər] : 「救助者、救い手、救済者、救い主」
  • chosen [tʃóuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • make of : 「〜から作る」
  • tiny [táini] : 「とても小さい、ちっぽけな、極めて小さな」
  • measure [méʒər] : 「大きさ、量、度量器、基準、ものさし、手段、方策、施策」
  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ、そうしないで」
❖ "This does it ~ "「特別性は、こうしたことを求め、そればかりを見ている」。他者の欠点、欠落を探し出して暴き、それを晒して、その首を見てばかりいる。"And always whom ~ "「もし〜であるなら、特別性が、常にこうして他者を貶(おとし)めている、その他者こそ、あなたの救い主であるのだ」。"had you not chosen ~ "ここは"if you had not chosen ~ "のこと、「もしあなたが、代わりに、あなたの特別性を計るちゃちな秤に同胞を使う選択をしなかったなら」。自他一如であるあなたの同胞は、あなたの救いになくてはならない存在である。同胞が救われることで、あるいは同胞を救ってやることで、あなたは救われ、逆に、あなたが救われることで、同胞も救われるのである。あなたの救いと同胞の救いは、これもまた自他一如であると言える。したがって、あなたにとって同胞は救い主であり、また、あなたは同胞の救い主である。ところで、ACIMの救いとは、罪が幻想であると見抜いて、その幻想を赦し、受け流し、実相世界に目覚めることを意味する。物質的、肉体的な救いを意味することはない。



Against the littleness you see in him you stand as tall and stately, clean and honest, pure and unsullied, by comparison with what you see.
  • littleness [lítlnis] : 「小さいこと、小ささ」
  • stand [stǽnd] : 「立っている、立ち上がる、立つ」
  • tall [tɔ́ːl] : 「背の高い、丈が高い」
  • stately [stéitli] : 「風格のある、威厳のある、堂々とした、厳かな」
  • honest [ɑ́nəst] : 「正直な、誠実な、素直な、公正な」
  • pure [pjúər] : 「純粋な、清潔な、純血の、清らかな、きれいな」
  • unsullied [ʌ̀nsʌ́lid]: 「汚されていない、おとしめられていない」
  • by comparison with : 「〜と比べれて」
❖ "Against the littleness ~ "「あなたが同胞に見る卑小さに対抗するかのように、あなたは、背が高く、堂々として、清潔で正直で純粋で、汚れがないかのように見せかけて、立ち上がる」。しかし、"by comparison with ~ "「それは、あなたが目にしたものと比べた結果に過ぎないのだ」。比較した結果として、相対的に、あなたは自分自身をそう見ているだけであって、実際は、あなたが見た同胞と変わらず、あなたも卑小である。天下で一番偉いのは自分だとうそぶいている山猿、それが、あなたである。



Nor do you understand it is yourself that you diminish thus.
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
  • diminish [dimíniʃ] : 「小さくする、減らす、減少させる、弱める、〜をおとしめる」
❖ "Nor do you understand ~ "「しかもあなたは、このようにあなたが貶(おとし)めているのは、あなた自身であるということを、あなたは理解していないのである」。あなたは他者を卑小なる者と評価して貶めたが、実は、あなた自身をそう評価し貶めたことになるのだ。自他一如、そのからくりを、あなたは少しも理解していない。幻想に足をすくわれたあなたには理解出来ないのだ。なぜなら、幻想に満足して、真実への目を閉ざしているからだ。これでは、どう見ても救われない。真実に対して、見ザル聞かザル言わザルでは、どこに救いの一縷(いちる)の望みがあろう。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp