●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-22.I.11:1 ~ T-22.II.1:6

11. Christ comes to what is like himself; the same, not different. For he is always drawn unto himself.

  • come to : 「〜に着く、〜に来る、〜へ来る、結果として〜になる」
  • like [láik] : 「似ている、類似の、類似した、同様の、同種の」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、常に」
  • drawn [drɔ́ːn] : 「draw の過去分詞形」
  • draw [drɔ́ː] : 「〜を引き付ける、引き寄せる」
  • draw to : 「〜になびく」
❖ "Christ comes to ~ "「キリストは、キリスト自身に似たものにやって来る」。"the same, not ~ "「キリストと異なるものにではなく、同じものにやって来るのだ」。"For he is ~ "「なぜなら、キリストは、常に、キリスト自身に引き付けられるからだ」。キリストは実相の真実である。したがって、キリストは、実相的な真実に共鳴し、同調し、引き寄せられるのである。いわば、俗な言い方をすれば、類は友を呼ぶ、のである。



What is as like him as a holy relationship? And what draws you together draws him to you.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • together [təɡéðər] : 「一緒に、同時に」
❖ "What is as like ~ "「聖なる関係性と同じくらい、キリストと似ているものは何だろうか」。聖なる関係性ほど、キリストと相性の合うものはない。"And what draws ~ "意訳する、「あなたと同胞を一つに引き寄せようとするものが、キリストをあなたに引き寄せるのだ」。あなたと同胞が、聖なる関係性を構築して、心と心を引き寄せるとき、あなたと同胞の心にキリストが引き寄せられ、そこに宿るのだ。



Here are his sweetness and his gentle innocence protected from attack.
  • sweetness [swíːtnis] : 「美しさ、愛らしさ、声の美しさ」
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、寛大な、穏やかな」
  • innocence [ínəsəns] : 「無罪、潔白、無邪気、無垢、純潔、純真」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
❖ "Here are his sweetness ~ "「ここに、攻撃からあなたを守ってくれる、キリストの愛らしさ、優しい純粋さがある」。あなたと同胞が聖なる関係性の中で心を一つにするとき、愛らしく優しいキリストが心に宿り、その潔白性が、あなたと同胞を攻撃から守ってくれる。潔白であり純粋であることは、自分に罪はないという事実に確信が持てることを意味する。罪がないから、恐れはない。恐れはないから、誰からの攻撃も幻想だと受け止められるのだ。したがって、本文は、キリストが武器をもって戦士となり、あなたを他者の攻撃から守ってくれるという意味ではない。無辜(むこ)性をもって、エゴの攻撃を寄せ付けない、という意味である。



And here can he return in confidence, for faith in one another is always faith in him.
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
  • confidence [kάnfədəns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、秘密」
  • in confidence : 「内々で、秘密に」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条、確信」
  • one another : 「お互い」
❖ "And here can he ~ "「ここに、キリストは確信をもって戻ってこれるのだ」。"in confidence"には「内々で、秘密に」という意味もあるが、それでは、的を外してしまう。あなたと同胞の、融合した心の純粋さに確信をもって、そこを住家とすべく、キリストが宿る、という意味である。"for faith in one another ~ "「なぜなら、あなたと同胞が互いを信じ合えるということは、常に、キリストを信じることであるからだ」。あなたと同胞が、互いの心の無辜(むこ)性を信じることが出来るとき、互いの心にキリストが宿ったことに確信が持てるのだ。心の中にキリストの存在を信じることが可能となるのだ。



You are indeed correct in looking on each other as his chosen home, for here you will with him and with his Father. This is your Father's will for you, and yours with his.
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに、いかにも、実際に」
  • correct [kərékt] : 「正しい、正確な、誤りのない、間違っていない」
  • look on : [〜を見る」
  • each other : 「お互い」
  • chosen [tʃóuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • will [wíl] : 「〜を望む、意図する、決意する」
❖ "You are indeed correct ~ "「あなたが、あなたと他者の互いを、キリストが選んだ住家なのだと見て取れるのは、完全に正しいことである」。"for here you will ~ "「なぜなら、この(無辜なる)心において、あなたはキリストと共に、あるいは神と共に、意思するからだ」。キリストが宿ったあなたは、神の子として、キリストや神の意思を、自分の意思として共有し始めるのである。実相的コミュニケーションの再開である。"This is your Father's ~ "「そうなることが、父なる神があなたのために意思したことである」。"and yours with his"「そして、あなたの意思はキリストの意思と共にあるのだ」。キリストは、ホーリー・スピリットの具象的な姿、つまり、象徴だと考えれば、神とホーリー・スピリットと神の子の意思が、ここで、調和共鳴し合うことを意味する。三者が融合し一体となる、三位一体の兆しが窺えるではないか。



And who is drawn to Christ is drawn to God as surely as both are drawn to every holy relationship, the home prepared for them as earth is turned to Heaven.
  • as surely [ʃúərli] as : 「〜と同様に確かに」
  • prepare [pripέər] : 「〜を準備する、用意する、支度する、作成する」
  • earth [ə́ːrθ] : 「地球、地上、全世界」
  • turn : 「〜を変える、〜の方向を変える」
❖ "And who is drawn ~ "「キリストに引き寄せられる者は、〜と同じくらい確実に、神に引き寄せられるのだ」。"as surely as both are ~ "「キリストと神が、あらゆる聖なる関係性に引き寄せられるのと同じくらい確実に」。"the home prepared ~ "「地上が天の王国に変わるとき、神聖なる関係性は、キリストと神のために用意された住家となるのだ」。あなたと同胞が幻想世界である地上を離れ、天の王国へとアセンションするとき、あなたと同胞が構築した聖なる関係性は、キリストや神の憩いの場となる。
 
 
 
 
II. Your Brother's Sinlessness
あなたの同胞の無辜(むこ)性
 
 
 
1. The opposite of illusions is not disillusionment but truth.
  • opposite [ɑ́pəzit] : 「正反対の、逆の、あべこべの、対照的な」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • disillusionment : 「覚醒、幻滅」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと、真実性、迫真性」
❖ "The opposite of illusions ~ "「幻想の反対は幻滅ではなく、真実である」。信じていた幻想が嘘であったと知ったとき、あなたは幻滅するのであって、その幻想と対峙(たいじ)しているものは実相であり、実相的真実である。



Only to the ego, to which truth is meaningless, do they appear to be the only alternatives, and different from each other.
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無益な、価値のない、無意味な」
  • appear [əpíər] : 「〜のように見える、〜と思われる」
  • alternative [ɔːltə́ːrnətiv] : 「代わりとなるもの、選択肢、二者択一」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • different from : 「〜と異なる、〜と違う」
  • each other : 「お互いに」
❖ "Only to the ego ~ "「真実が意味を持たないエゴに対してのみ、」"do they appear to ~ "「幻想と幻滅は、唯一の選択肢であるように見え、」"and different from ~ "「互いに、異なったもののように見えるのである」。真実という選択肢をもたないエゴには、幻想と幻滅を区別し、そのどちらかを選んでいるのだ。



In truth they are the same. Both bring the same amount of misery, though each one seems to be the way to lose the misery the other brings.
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る、〜をもたらす」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • amount [əmáunt] : 「量、額」
  • misery [mízəri] : 「悲惨、不幸、苦痛、惨めさ、窮状、窮乏」
  • though [ðóu] : 「〜にもかかわらず、たとえ〜でも、〜とはいえ」
  • way [wéi] : 「方法、やり方、手段、方途、様式」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
❖ "In truth they ~ "「真実の中では、幻想も幻滅も同じものである」。いわば、幻想が原因で幻滅が結果のようなものである。幻想だと知って幻滅するからだ。"Both bring the same ~ "「幻想も幻滅も、同じ量の悲惨さをもたらす」。"though each one seems ~ "「たとえ、各々が、他のもたらす悲惨さを消してくれる方法であるかのように見えようとも」。幻想の悲惨さにうんざりしたら、その幻想に幻滅すればいい。幻滅が悲惨であったら、また別の幻想を抱けばいい。そのように、幻想と幻滅は悪循環を繰り返すのである。



Every illusion carries pain and suffering in the dark folds of the heavy garments in which it hides its nothingness.
  • carry [kǽri] : 「〜を運ぶ、〜を持ち運ぶ」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、疼痛、苦痛、骨折り、苦労」
  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しむこと、苦しみ、苦痛、苦難、苦悩」
  • dark [dάːrk] : 「暗い、闇の、暗黒の」
  • fold [fóuld] : 「折った部分、折り畳み、折り目」
  • heavy [hévi] : 「重い、激しい、重みのある、ずっしりした」
  • garment [ɡάːrmənt] : 「衣類、衣服、衣料品、服飾、覆い」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • nothingness [nʌ́θiŋnis] : 「存在しないこと、無、非実在、無価値」
❖ "Every illusion carries ~ "「あらゆる幻想は、〜の中に、痛みと苦悩を持ち運んでいる」。"in the dark folds of ~ "「重い衣服の暗い襞(ひだ)の中に、」痛みと苦悩を持ち運んでいる。"in which it ~ "「その重い衣服の中には、何もないのだ」。幻想は無である。何もない無を、重い衣服で覆い、その襞に苦しみと痛みが隠されているのだ。



Yet by these dark and heavy garments are those who seek illusions covered, and hidden from the joy of truth.
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する、探求する」
  • cover [kʌ́vər] : 「〜を覆う、〜に覆いを付ける、〜を保護する、守る」
  • hidden [hídn] : 「hide の過去分詞形」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜、満足、成功」
❖ "Yet by these dark and ~ "「しかし、この暗く重い衣服によって、幻想を追い求める者達は覆われており、」"and hidden from ~ "「真実の喜びからも遮断されているのだ」。そして、ドストエフスキーが言うように、彼らの救いの結論は、自殺するか、発狂するか、宗教という麻薬に溺れるかのいずれかだということになる。幻想を幻想と見抜けない者達の結論であり、その末路である。もし、それを潔しとするなら、ACIMを読む必要はない。もし、あなたの心が、それは真実ではないと少しでも感じたら、迷うことなくACIMの教えを学べばいい。事は単純なのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp