●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-20.IV.1:1 ~ T-20.IV.2:10

 
 

IV. Entering the Ark
箱舟に乗り込むこと
 
 
 
1. Nothing can hurt you unless you give it the power to do so.
  • hurt [hə́ː(r)t] : 「〜を傷つける、害を与える」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
❖ "Nothing can hurt you ~ "「あなたが何かに、傷つけ得るパワーを与えない限り、何ものも、あなたを傷つけることは出来ない」。幻想を信じ込んで、その幻想を現実化しない限り、つまり、信じるパワーで幻想を存在化(現実化)させない限り、その幻想が、あなたを傷つけるパワーを持つことは出来ない。



Yet you give power as the laws of this world interpret giving; as you give you lose. It is not up to you to give power at all.
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規」
  • interpret [intə́ː(r)prət] : 「解釈する、解明する、説明する」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する」
  • up to : 「〜次第で」
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」
❖ "Yet you give power as ~ "「しかし、この(幻想の)世界の法則が、与えるということを解釈するのにならって、あなたはパワーを与えているのである」。"as you give ~ "「その法則とは、すなわち、あなたが与えることであなたは失う、というものである」。幻想を信じることで、あなたは幻想が現実化するパワーを与えたことになるのだが、同時に、あなたは真実を見るパワーを失うことになる。幻想を幻想と見抜く視力を失うのだ。つまり、力なく、幻想に負けてしまう。"It is not up to ~ "「パワーを与えるということは、まったくもって、あなたの気持ち次第だというものではない」。あなたの気ままな気持ち次第で、何かにパワーを与えたり与えなかったり出来るものではない。なぜなら、そのパワーは、あなたのものではないからだ。



Power is of God, given by Him and reawakened by the holy Spirit, Who knows that as you give you gain.
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • reawaken = reawake
  • reawake : 「再び目覚めさせる、復活させる」
  • gain [géin] : 「得る、獲得する」
❖ "Power is of God"「パワーは神のものである」。"given by Him and ~ "分詞構文、先頭に"being"を補う、単純接続、「そのパワーは、神によって(神の子に)与えられ、ホーリー・スピリットによって復活させられるものなのだ」。"Who knows that ~ "「そのホーリー・スピリットは、あなたが与えることで、あなたは得るということを知っているのである」。神は神の子を創造し、神の属性のすべてを神の子に継承した。したがって、神のパワーは、神によって神の子に与えられたのだ。しかし、その神の子は、神から分離し、神のパワーを失ってしまった。厳密に言うと、神のパワーを忘れてしまったのである。しかし、あなたが神の子であることに目覚めるとき、ホーリー・スピリットは、あなたの心の中に眠る神のパワーを呼び戻してくれるのである。ところで、神のパワーは、神の法と言い換えても言い。神の法に従えば、あなたが他者に与えることは、あなたが他者から得ることと等しいのである。



He gives no power to sin, and therefore it has none; nor to its results as this world sees them,--sickness and death and misery and pain.
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • result [result] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果」
  • sickness [síknəs] : 「病気」
  • death [déθ] : 「死、消滅、破滅、終わり、終焉」
  • misery [míz(ə)ri] : 「悲惨、不幸、苦痛、惨めさ、窮状」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、疼痛」
❖ "He gives no ~ "「神は、罪に対して、何のパワーも与えていない」。実相の神が、幻想の罪にパワーを与えて、罪を実在化させることなどあり得ない。"and therefore ~ "「したがって、罪はまったくパワーをもっていないのだ」。罪もさることながら、神は、"nor to its results ~ "「この世界が、罪の結果だと見ている、その結果にも、何のパワーも与えていない」。"sickness and death ~ "「罪の結果とは、つまり、病、死、悲しみ、痛みである」。それらを、この世界は、罪の結果だと見ているが、神はそもそも罪にそんな結果をもたらすパワーなど与えていなかったのであるし、病、死、悲しみ、痛みに対しても、神はパワーを与えたりしたことはないのだ。



These things have not occurred because the Holy Spirit sees them not, and gives no power to their seeming source.
  • occur [əkə́ː(r)] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
  • seeming [síːmiŋ] : 「外観上の、外見だけの、見せかけの」
  • source [sɔ́ː(r)s] : 「もと、源、起点、原因」
❖ "These things have ~ "「これらのことは、起きたのではない」。病、死、悲しみ、痛みもすべて、幻想世界の幻想であって、実相世界において、実際に、実在的に起きた現象ではない。あなたの夢の中の産物である。"because the Holy Spirit ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットは、そんなものを見ることはないし、それらの源らしきものに、パワーを与えることも一切ないからだ」。ホーリー・スピリットも、幻想に過ぎない病、死、悲しみ、痛みを、重要だとは見ていない。また、それらを生み出している、つまり、幻想を生み出している源らしきもの、つまり、エゴに対して、神のパワーを与えるようなことなどするわけがない。



Thus would he keep you free of them. Being without illusion of what you are, the Holy Spirit merely gives everything to God, Who has already given and received all that is true.
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして、こんなふうに」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
❖ "Thus would he ~ "「そうして、ホーリー・スピリットは、病、死、悲しみ、痛みから、あなたを自由にしている」。あなたは本来、病、死、悲しみ、痛みから自由なのであって、それが現実化するのは、あなたの心がその存在を信じ込むときである。"Being without illusion ~ "分詞構文、理由、「本当のあなたの姿に対して幻想を抱くことがないので、」"the Holy Spirit merely ~ "「ホーリー・スピリットは、単に、すべてを神に与えているのである」。"Who has already given ~ "「その神は、すでに、真実なるすべてを与え、また、受け取っているのである」。ここの理由の文と結論の文の整合性が欠けているように思えるだろう。そこで、ホーリー・スピリットが神に与えている"everything"「すべてのもの」を「あなたの真実のすべて」と解釈したらどうだろうか? つまり、ホーリー・スピリットは、あなたに幻想を抱くことなく、あなたの真実をちゃんと見ているので、その真実のすべてを、神への贈り物として神に与えている、という意味合い。そして、神は、あなたの真実のすべてを受け取るのである。つまり、あなたの真実のすべてを、喜びをもって受け入れ、祝福するのである。また、神はすでに、あなたを創造するとき、真実のすべてをあなたに継承しているのだ。



The untrue he has neither received nor given.
  • untrue : 「虚偽の、忠実でない、真実でない」
  • neither [níːðə(r)] A nor B : 「AでもなくBでもない、AとBのどちらも〜ない」
❖ "The untrue he ~ "「神は、真実でないものを受け取りもしなければ、与えもしない」。一元論世界である実相世界の神にとっては、真実は存在するが、対極概念の非真実(虚偽)は存在しない。神は、原理的に、非真実を知らないのだ。



2. Sin has no place in Heaven, where its results are alien and can no more enter than can their source.
  • place [pléis] : 「場所、個所、住所、席」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、効果、成果、成績」
  • alien [éiliən] : 「性質の異なる、異質な、縁もゆかりもない」
  • no more A than B : 「AでないのはBでないのと同じ」
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • source [sɔ́ː(r)s] : 「もと、源、起点、原因」
❖ "Sin has no ~ "「罪には、天の王国における居場所はない」。"where its results ~ "「天の王国では、罪の結果は異質なものであり、その源の罪が天の王国に入れないように、その結果も入り込むことが出来ないのだ」。実相世界である天の王国に、幻想の罪も、その結果の幻想の病、死、悲しみ、痛みも、入り込むことは出来ない。



And therein lies your need to see your brother sinless. In him is Heaven.
  • therein [ðè(ə)rín] : 「その中に、その場所に、そのときに」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
  • need [níːd] : 「必要性、必要」
  • sinless [sínlis] : 「罪のない、潔白な」
❖ "And therein lies ~ "「天の王国の中に、あなたが同胞を罪なき者と見る必要性がある」。"In him is ~ "「同胞の心の中にこそ、天の王国はあるのだ」。同胞の心の中に、もちろん、あなたの心の中にも、つまり、神の子の心の中にこそ、天の王国は存在し、そこは真実のみが存在出来る場所であるから、幻想の罪が入り込むことは出来ない。したがって、あなたは、同胞を見たとき、幻想の罪がない姿を認識する必要があるのだ。



See sin in him instead, and Heaven is lost to you. But see him as he is, and what is yours shines from him to you.
  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ、そうしないで」
  • lost [lɔ́(ː)st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • shine [∫áin] : 「輝く、光る」
❖ "See sin in him ~ "「そうしないで、同胞の中に罪を見たなら、」"and Heaven is ~ "「あなたは、天の王国を失ってしまうのだ」。"But see him as ~ "「しかし、同胞をありのままに見るなら、」"and what is yours ~ "「本当のあなたの姿が、同胞からあなたへと、輝き出すのだ」。自他一如である。同胞の真実の姿を見ることが出来れば、あなたの真実の姿が見えてくるのである。そして、どちらも真実に輝いている。美しい光を放っているのだ。



Your savior gives you only love, but what you would receive of him is up to you.
  • savior [séivjə(r)] : 「救助者、救い手、救済者、救い主」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する、入手する」
  • up to : 「〜次第で」
❖ "Your savior gives ~ "「あなたの救い主は、あなたに愛だけを与えるのだ」。ここの救い主は、あなたの同胞と解釈していいだろう。あなたを罪という幻想から救ってくれる同胞のことである。つまり、あなたの罪なき真実の姿をあなたに示してくれるのである。"but what you would ~ "「だが、あなたが救い主から受けとるものは、あなた次第で決まるのだ」。もし、あなたが、同胞を罪ある者と見たなら、あなたは罪ある自分の姿を受け取ることになる。同胞を、無辜(むこ)なる神の子と見るなら、あなた自身も無辜の神の子として輝き出すのだ。



It lies in him to overlook all your mistakes, and therein lies his own salvation. And so it is with yours.
  • overlook [òuvə(r)lúk] : 「見て見ぬふりをする、見過ごす、大目に見る、許す」
  • mistake [mistéik] : 「誤り、判断上の間違い、ミス、過ち、手違い」
  • therein [ðè(ə)rín] : 「その中に、その場所に、そのときに」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "It lies in him to ~ "直訳すると、「あなたの過ちのすべてを見過ごすことは、彼の中にある」。つまり、同胞を通して、あなたの過ちは大目に見られ、赦されるのである。"and therein lies ~ "「そして、彼自身の救いも、彼の中にある」。"And so it is ~ "「あなたの救いについても、同様のことが言える」。何を言いたいのかというと、あなたが同胞の過ち(罪)を赦して、受け流すことによって、あなた自身の過ち(罪)も赦され、受け流すことが出来るのである。あなたが救われるかどうかは、あなたが同胞を赦せるかどうかにかかっているのだ。逆の見方をすれば、あなたが救われることによって、同胞の罪は消滅し、同胞自身も救われるのである。理屈を言えばそうなるが、あまり厳密に考えずに、あなたと同胞は自他一如の一心同体であって、赦され救われることも同時に共に起きることなのだ、という解釈で十分だろう。



Salvation is a lesson in giving, as the Holy Spirit interprets it.
  • lesson [lésn] : 「レッスン、稽古、教訓、教え」
  • interpret [intə́ː(r)prət] : 「解釈する、解明する、説明する」
❖ "Salvation is a lesson ~ "「救いとは、ホーリー・スピリットの解釈によれば、与えることの学びである」。赦しを与え、愛を与え、救いを与えるわけである。そして、神の法により、それは、赦しを与えられ、愛を与えられ、救いを与えられることと、まったく同じなのである。



It is the reawakening of the laws of God in minds that have established other laws, and given them power to enforce what God created not.
  • reawaken = reawake
  • reawake : 「再び目覚める、復活する」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規」
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、規定する、定める」
  • enforce [enfɔ́ː(r)s] : 「〜を強制する、強要する、押し付ける」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
❖ "It is the reawakening ~ "「救いとは、心の中の神の法の再生、復活なのである」。"that have established ~ "「それまでの心は、神の法以外の法を制定し、」"and given them power ~ "「その法に対して、神が創造したものではないものを強制するパワーを与えてきたのだ」。つまり、エゴの思考システムという名の、神とはまったく無関係の法体系を作り出し、それを強制的に執行してきた。しかし、今、そのエゴの思考システムは放棄され、本来の真実の神の法が、あなたの心の中で復活するのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp