●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-19.IV.D.8:1 ~ T-19.IV.D.9:7

 
i. The Lifting of the Veil

ベールを持ち上げること
 
 
 
8. Forget not that you came this far together, you and your brother.
  • forget [fə(r)gét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • this [ðís] : 「これくらいに、こんなに、これほどに」
  • far [fɑ́ː(r)] : 「遠く離れて、遠くに、遠くへ」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒、同時に」
❖ "Forget not that ~ "「あなたと同胞が共に、こんな遠くまで一緒にやって来たことを忘れてはいけない」。あなたは同胞と共に、真実探しの旅、実相探しの旅に出て、こんなに遠くまでやって来た。



And it was surely not the ego that led you here. No obstacle to peace can be surmounted through its help.
  • surely [∫úə(r)li] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に」
  • led [léd] : 「lead の過去・過去分詞形」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する、〜を連れていく」
  • obstacle [ɑ́bstəkl] : 「障害物、妨害物、邪魔」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • surmount [sə(r)máunt] : 「乗り越える、克服する、突破する」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
❖ "And it was surely not ~ "ここは"it ~ that ~ "の強調構文、「あなたをここまで導いてくれたのは、エゴでないことだけは確かだ」。もちろん、エゴではなく、ホーリー・スピリットが導いてくれたのである。"No obstacle to peace can ~ "「エゴの助けによって、平和へのどんな障害も、乗り越えることは不可能だ」。エゴの導きによって、平和を得ることは不可能だ。平和への障害を作っているのが、エゴ自身であるからだ。



It does not open up its secrets, and bid you look on them and go beyond them.
  • open up : 「開ける、切開する、開く、打ち明ける」
  • secret [síːkrət] : 「秘密、機密、内緒事」
  • bid [bíd] : 「命じる、命令する、指示する」
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて、〜の域を越えて」
❖ "It does not open up ~ "「エゴは、エゴの秘密をオープンにすることはないし、」"and bid you look on ~ "「あなたに、その秘密を見せて、それを越えていくようにと命ずることもない」。エゴは、エゴの秘密をあくまでも隠し通そうとする。そして、秘密を暴いてくれるのがホーリー・スピリットである。



It would not have you see its weakness, and learn it has no power to keep you from the truth.
  • have : 「〜に〜させる」
  • weakness [wíːknəs] : 「弱さ、弱いこと、虚弱、脆弱性」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を学ぶ、〜を知る」
  • keep from : 「〜を避ける」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "It would not have ~ "「エゴはあなたに、エゴの弱点を見せるようなことはしなし、」"and learn it ~ "「エゴは、あなたを真実から遠ざけておくだけのパワーはないことを、あなたに学ばせるようなことはしない」。あなたが盲目的にエゴの支配に屈することを理想としているのだ。しかし、エゴは、あなたを支配はするものの、本当の力はない。エゴに限らず、独裁者とはそういうものだ。



The Guide Who brought you here remains with you, and when you raise your eyes you will be ready to look on terror with no fear at all.
  • guide [gáid] : 「案内人、ガイド、案内者」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bring の過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「〜を連れて来る、〜を持って来る」
  • remain [riméin] : 「とどまる、滞在する、残る、残存する」
  • raise [réiz] : 「上げる、つり上げる」
  • be ready [rédi] to : 「いつでも〜できる、すぐに〜できる、〜する心構えができている」
  • look on : 「〜を見る、〜を見渡す」
  • terror [térə(r)] : 「恐怖、テロ」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
❖ "The Guide Who brought ~ "「あなたをここまで連れてきたガイドは、あなたと共にここにいるし、」"and when you raise your ~ "「あなたが目を上げたとき、あなたは、まったく恐れを感じることなく、恐怖と向かい合える準備が整っていることになるだろう」。実相世界の実在であるホーリー・スピリットがあなたのすぐ側にいるのだから、幻想の恐れと向かい合うことはちっとも怖くない。



But first, lift up your eyes and look on one another in innocence born of complete forgiveness of each other's illusions, and through the eyes of faith that sees them not.
  • first [fə́ː(r)st] : 「一番目に、一等で、初めて、最初に」
  • lift [líft] up : 「〜を持ち上げる」
  • one another : 「お互い」
  • innocence [ínəs(ə)ns] : 「無罪、潔白、無邪気、無垢、純潔、純真」
  • born of : 「〜から生まれる、〜のもとに生まれる」
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、全くの、m完結した、完成した」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • each other : 「お互い」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、経て、〜の中を通って」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条、確信」
❖ "But first, lift up ~ "「しかし、まず初めに、あなたの目を上げて、無垢なる心で、(同胞と)お互いを見つめ合いなさい」。"born of complete forgiveness ~ "「その無垢なる心は、互いの幻想を完全に赦し合うことから生まれたのであり、(同胞の)幻想を見ることのない信じる気持ちの目を通して生まれたものなのだ」。同胞と互いに赦し合うとは、お互いの罪を許し合うという意味ではない。罪や恐れは幻想であると見抜いて、互いの無辜(むこ)性を受け入れることなのである。無辜であり無垢である心をもって互いに見つめ合い、あなたとあなたの同胞が、共に神の子であることを思い出すのである。



9. No one can look upon the fear of God unterrified, unless he has accepted the Atonement and learned illusions are not real.
  • unterrified = undaunted : 「くじけない、不屈の、びくともしない」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を学ぶ、〜を知る、分かる」
  • real [ríː(ə)l] : 「実質的な、実在的な、現実の、実際の」
❖ "No one can look upon ~ "「誰一人として、神への恐れを、身の縮む思いなく、見ることなど出来ない」。"unless he has accepted ~ "「その人が、贖罪を受け入れ、幻想は実在ではないと学ぶことがないならば、」神への恐れを、身の縮む思いなく、見ることなど出来ない。つまり、自分の罪は幻想に過ぎなかったのだと受け入れて贖罪を果たしたとき、神への恐れもまた消滅してしまう、ということ。神は、罪を非難することも、罰することもしない。神の子が完全に無辜であることを知っているからだ。そもそも、実相世界には、非難するとか罰するという概念自体がないのだ。ありもしない刀を、神だって振り回すことは出来まい。



No one can stand before this obstacle alone, for he could not have reached this far unless his brother walked beside him.
  • obstacle [ɑ́bstəkl] : 「障害物、妨害物、邪魔」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単独で」
  • reach [ríːt∫] : 「〜に達する、〜に至る」
  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに、〜の脇に」
❖ "No one can stand ~ "「誰一人として、この障害の前に一人で立つことは出来ない」。神への恐れという障害に、誰も一人では立ち向かえない。"for he could not ~ "「なぜなら、その人は、同胞が彼の傍らを歩いてくれなかったら、こんなに遠くまで達することは出来なかったからだ」。同胞が一緒に歩いてくれたからこそ、幻想にも気付き、贖罪も果たせた。神を恐れる、その恐怖心も払拭することが出来た。たった一人では、この障害を乗り切ることは出来なかっただろう。



And no one would dare to look on it without complete forgiveness of his brother in his heart.
  • dare [déə(r)] : 「あえて〜する、思い切って〜する」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、全くの、全部そろった、完成した」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • in one's heart [hɑ́ː(r)t] : 「心ひそかに、心の中では、内心は」
❖ "And no one would ~ "「そして、誰一人として、彼の心の中で同胞を完全に赦すことなくして、その障害をあえて見つめることはしないであろう」。同胞を完全に赦すことがないとは、神の子の罪を幻想に過ぎないと完全に信じ込めずに、贖罪を果たすことが出来ない、ということ。心に罪の意識を残したままなので、神が怖いのである。神への恐れという障害を見ることがためらわれるのだ。



Stand you here a while and tremble not. You will be ready.
  • a while [ə(h)wáil] : 「しばらくの間」
  • tremble [trémbl] : 「震える、身震いする、おののく」
  • ready [rédi] : 「用意ができている、支度が整った、覚悟ができた」
❖ だが、あなたは大丈夫、"Stand you here ~ "「ここにしばらくの間立ってみなさい」。"and tremble ~ "「そして、身震いすることもない」。"You will be ~ "「あなたは、準備が出来ているのだ」。恐れずに、目的に向かって進みなさい。その心の準備はもう整っている。恐れで震えることはないのだ。



Let us join together in a holy instant, here in this place where the purpose, given in a holy instant, has led you.
  • join together : 「結合する、合わさる、団結する、一丸となる」
  • holy instant [ínstənt] : 「聖なる瞬間」
  • in this place : 「ここに」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • led [léd] : 「lead の過去・過去分詞形」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する、〜を連れていく」
❖ "Let us join together ~ "「聖なる瞬間において、(心を)結合しようではないか」。"here in this place ~ "「聖なる瞬間において与えられた目的が、あなたを導いてきたこの場所、ここで心を結合させよう」。



And let us join in faith that he who brought us here together will offer you the innocence you need, and that you will accept it for my love and his.
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条、確信」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bring の過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る、〜をもたらす」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • innocence [ínəs(ə)ns] : 「無罪、潔白、無邪気、無垢、純潔、純真」
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "And let us join in faith ~ "「that以下を信じて、心を結合させよう」。"that he who brought ~ "「私たちをここまで一緒に連れてきてくれたホーリー・スピリットが、あなたの必要としている無垢なる心をあなたに差し出してくれることを、」"and that you will ~ "「そして、私の愛とホーリー・スピリットの愛のために、あなたがその無垢なる心を受け入れてくれることを信じて、」心を結合させよう。理屈を追わずに、言葉の美しさを味わえばいい。声に出して読んでみること。躍動感を感じないだろうか? 
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp