●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-18.II.9:1 ~ T-18.III.1:8

9. Yet Heaven is sure. This is no dream. Its coming means that you have chosen truth, and it has come because you have been willing to let your special relationship meet its conditions.

  • sure [∫úə(r)] : 「信頼できる、当てになる」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • chosen [t∫óuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • be willing to : 「〜する意思がある、進んで〜する」
  • special [spé∫l] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • meet [míːt] : 「合う、満足させる、かなえる、満たす、かなう」
  • condition [kəndí∫n] : 「事情、条件、状態、状況、様子、様相」
❖ "Yet Heaven ~ "あなたは確信をもてずにいるが、「天の王国は確実である」。天の王国の到来は確実である。"This is no ~ "「これは決して夢ではない」。"Its coming means ~ "「天の王国が到来することは、that以下を意味している」。"that you have ~ "「あなたは真実を選択したのであり、」"and it has come because ~ "「〜であるから、天の王国は到来するのだ」ということを意味する。"because you have been ~ "「あなたが、あなたの特別な関係性を、心から、天の王国の条件に合わせたいと望んだから、」天の王国は到来するのだ。あなたがホーリー・スピリットの目的に従って、幻想的な特別な関係性を実相的な関係性へと質転換することを心から望んだので(真実を選択したので)、あなたの関係性が天の王国の条件に合致し、天の王国はあなたの元へ到来することは確実だ。天の王国が到来する、と書くと少々語弊があるのだが、天の王国へ昇る、天の王国へ入る、天の王国に目覚める、といったニュアンスである。



In your relationship the Holy Spirit has gently laid the real world; the world of happy dreams, from which awaking is so easy and so natural.
  • gently [dʒéntli] : 「親切に、静かに、優しく、穏やかに」
  • laid [léid] : 「lay の過去・過去分詞形」
  • lay [léi] : 「〜を横たえる、〜を置く」
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の、本物の」
  • awake [əwéik] : 「目が覚める、眠りから起きる」
  • easy [íːzi] : 「たやすい、やさしい、容易な、簡単な」
  • natural [nǽt∫(ə)r(ə)l] : 「自然な、普通の、当然の」
❖ "In your relationship ~ "「あなたの関係性の中に、ホーリー・スピリットは優しく、実相を感じさせる世界を置いたのである」。"the world of ~ "「つまり、幸せな夢の世界である」。"from which awaking ~ "「その幸せな夢の世界から(実相世界へ)目覚めることは、いとも容易であり、自然なことなのだ」。恐れと罪の意識が生み出す夢は、現実を夢で代用する幻想的夢であるが、幸せな夢は実相世界を暗示する実相的な夢である。その夢から、あなたが実相世界に、つまり、天の王国に目覚めるは確実であり、容易であり、自然だ。



For as your sleeping and your waking dreams represent the same wishes in your mind, so do the real world and the truth of Heaven join in the Will of God.
  • represent [rèprizént] : 「〜を表す、描く、描写する、意味する、象徴する」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • wish [wí∫] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する、連結する」
  • join in : 「〜に加わる、〜に参加する」
  • will [wíl] : 「意志、精神力」
❖ "For as your sleeping and ~ "「なぜなら、あなたが寝ているときの夢も起きているときの夢も、あなたの心の中の同じ願望を表しているからであり、」つまり、幸せな夢は、叶わぬ願望の代用として夢見られるのではなく、願望と実相が調和して夢見られるのだ。目覚めているときの願望と、眠って夢見る願望が同じなのである。"so do the real world ~ "「現実の世界と天の王国の真実が、神の意思の中で融合しているからである」。あなたが現実に求める真実と、実相世界(天の王国)の真実が完全に一致、調和し、まさに、それが神の意思であると宣言出来るまでに高まるのである。この状態に至れば、もはやあなたの夢は、夢の領域を超越して、現実そのもの、真実そのものとなるであろう。



The dream of waking is easily transferred to its reality. For this dream reflects your will joined with the Will of God.
  • easily [íːz(ə)li] : 「容易に、たやすく、苦もなく」
  • transfer [trænsfə́ː(r)] : 「〜を移す、運ぶ、動かす」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」
❖ "The dream of waking ~ "「起きていて見る夢は、容易に、その現実に移行させられる」。夢が現実化するのである。"For this dream reflects ~ "「なぜなら、この夢は、神の意思と結合したあなたの意思を反映しているからだ」。実相世界における実在は、神の意思の反映である。つまり、神が「あれかし」と意思するものが実在するのである。あなたの意思が神の意思と調和したとき、あなたが「あれかし」と意思したものは現実化するのである。したがって、起きているときに夢見る実相的真実の夢は、容易に現実化する。



And what this Will would have accomplished has never not been done.
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、遂行する、果たす、成就する、達成する」
  • done [dʌ́n] : 「do の過去分詞」
❖ "And what this Will ~ "二重否定、「そして、この神の意思が達成されなかったことなど、いまだかつて、起きた試しはない」。神の意思は必ず達成される。
 
 
 
 
 
 
III. Light in the Dream
夢の中の光
 
 
 
1. You who have spent your life in bringing truth to illusion, reality to fantasy, have walked the way of dreams.
  • spent [spént] : 「spend の過去・過去分詞形」
  • spend [spénd] : 「使う、費やす、浪費する」
  • bring [bríŋ] : 「〜を連れて行く、〜を持って来る」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • fantasy [fǽntəsi] : 「想像、空想、幻想、白日夢」
❖ "You who have spent ~ "「真実を幻想へ、そして実相を空想へと運び込むことに人生を浪費してきたあなたは、夢の道を歩いてきたのだ」。真実と実相から逃避してきたあなたは、幻想世界という夢の道を歩いてきたのだ。



For you have gone from waking to sleeping, and on and on to a yet deeper sleep.
  • gone [gɔ́(ː)n] : 「go の過去分詞形」
  • waking [wéikiŋ] : 「覚醒」
  • sleeping [slíːpiŋ] : 「眠り、睡眠、休止」
  • on and on : 「長々と、延々と」
  • yet [jét] : 「さらに、その上」
  • deep [díːp] : 「深い、凄まじい、激しい」
❖ "For you have gone ~ "「なぜなら、あなたは、覚醒から眠りへ進み、延々と、さらに深い眠りに陥ってしまったからである」。この深い眠りの中で見られている夢が、この幻想世界というわけである。



Each dream has led to other dreams, and every fantasy that seemed to bring a light into the darkness but made the darkness deeper.
  • led [léd] : 「lead の過去・過去分詞形」
  • lead [li':d] : 「通じている」
  • lead to : 「〜に通じる、結果として〜に導く、〜を引き起こす、〜をもたらす」
  • light [láit] : 「光、明かり」
  • darkness [dɑ́ː(r)knəs] : 「暗さ、暗がり、暗闇」
  • make [SVOC] : 「〜の状態を作り出す、〜にする」
❖ "Each dream has ~ "「一つ一つの夢が他の夢を引き起こし、」"and every fantasy that ~ "「光を闇の中に持ち込んでくれるように思われるあらゆる空想は、闇を深めることになった」。空想は心の闇を照らして、一見、世界を明るくしてくれるように思われるが、偽りの光は影をつくり、闇は前にも増して深まった。



Your goal was darkness, in which no ray of light could enter.
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • ray [réi] : 「一筋の光明、輝き、ひらめき」
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
❖ "Your goal was ~ "「あなたの目的地は暗闇であり、一条の光も差し込むことは出来なかったのだ」。幻想世界の暗闇の中に、実相世界の光は差し込むことさえ出来なかった。なぜなら、あなたはそれを望まなかったからだ。



And you sought a blackness so complete that you could hide from truth forever, in complete insanity.
  • sought [sɔ́ːt] : 「seek の過去・過去分詞形」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、全くの」
  • hide [háid] : 「隠れる、潜伏する、身を潜める、潜む、姿を隠す」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に、絶えず、ずっと」
  • insanity [insǽnəti] : 「狂気、精神病、精神異常」
❖ "And you sought ~ "ここは"so ~ that ~ "の構文、「そして、あなたは、あまりにも完全な闇を求めたので、完全な狂気の中に、ずっと真実から隠れることが出来たのだ」。闇の中に安住しようとする心理は狂気そのものである。



What you forgot was simply that God cannot destroy himself. The light is in you. Darkness can cover it, but cannot put it out.
  • forgot [fə(r)gɑ́t] : 「forget の過去・過去分詞形」
  • forget [fə(r)gét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • simply [símpli] : 「ただ、単に」
  • destroy [distrɔ́i] : 「破壊する、崩壊させる」
  • cover [kʌ́və(r)] : 「〜を覆う、〜に覆いを付ける」
  • put out : 「消す」
❖ "What you forgot was ~ "「あなたが忘れていたのは、単に、神は自らを破壊出来ないということである」。"The light is ~ "「光があなたの内にある」。真実の光、実相の光。"Darkness can cover ~ "「闇は光を覆い隠すことは出来るが、消してしまうことは出来ないのである」。あなたは完全な闇を求めて、幻想世界をさまよい、心は暗黒の中に沈んでいった。しかし、その心の中に、神の光は破壊されることなく、今も輝いている。あなたはそれに気付いていないだけなのだ。そしてあなたは、その光の存在に気付かなくてはならない。なぜなら、それがあなたに与えられた使命だからである。 
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp