●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-18.II.1:1 ~ T-18.II.2:5

 
II. The Basis of the Dream

夢の土台
 
 
 
1. Does not a world that seems quite real arise in dreams? Yet think what this world is.
  • quite [kwáit] : 「すっかり、全く、完全に」
  • real [ríː(ə)l] : 「本物の、偽物でない、人工でない」
  • arise [əráiz] : 「起こる、生じる、現れる、生まれる、発生する」
❖ "Does not a world ~ "「まったく本物としか思えないような世界が、夢に表れることはないだろうか」。"Yet think what ~ "「しかし、その世界は何なのか、考えてみなさい」。我々の住むこの世界が幻想世界であることの説明が始まる。夜見る夢と幻想世界との共通性を説くのである。



It is clearly not the world you saw before you slept. Rather it is a distortion of the world, planned solely around what you would have preferred.
  • clearly [klíə(r)li] : 「はっきりと、疑いもなく、明らかに、明瞭に」
  • saw [sɔ́ː] : 「seeの過去形」
  • slept [slépt] : 「sleep の過去・過去分詞形」
  • rather [rǽðə(r)] : 「それどころか、もっと正確に言えば、正しくは」
  • distortion [distɔ́ːrʃən] : 「ゆがめること、歪曲、曲解、こじつけ」
  • solely [sóulli] : 「もっぱら、ただ一人で、一人だけ、単に」
  • around [əráund] : 「近くに、そばに、この辺に」
  • prefer [prifə́ː(r)] : 「〜を好む、むしろ〜の方を好む、〜の方を選ぶ 」
❖ "It is clearly not ~ "「夢で見るリアルな世界は、寝る前にあなたが見た世界と、明らかに違う」。"Rather it is a distortion ~ "「むしろ、その世界(夢)は歪められた世界である」。"planned solely around ~ "分詞構文、先頭に"being"を補うといい、付帯状況、意訳する、「単に、あなたの好みに従って作られた世界なのだ」。直訳すると、「その世界は単に、あなたが好んだものの周辺で計画されたものである」。要するに、夢に見るリアルな世界は、あなたが自分の好きなように歪めて作り出した空想世界である。



Here, you are "free" to make over whatever seemed to attack you, and change it into a tribute to your ego, which was outraged by the "attack. "
  • make over : 「こしらえ直す、作り直す、仕立て直す」
  • whatever [(h)wʌtévə(r)] : 「〜するのは何でも」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • change [t∫éin(d)ʒ] : 「〜を変える、〜を変更する、〜を変換する」
  • tribute [tríbjuːt] : 「貢ぎ物、贈り物、ささげ物」
  • outrage [áutrèidʒ] : 「〜を激怒させる、憤慨させる」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
❖ "Here, you are "free" to ~ "「この歪んだ世界において、あなたを攻撃したと思えるものを、あなたは作り変える『自由』があるわけだ」。あなたの恣意によって、夢の世界は如何様にも変えられる。あなたを攻撃した者を、夢の世界で復讐できるわけである。"and change it into ~ "「そして、作り変えたものを、エゴへの捧げ物に変えてしまうのである」。"which was outraged ~ "「そのエゴは、『攻撃』によって、えらく腹を立てているのである」。エゴは攻撃を推奨する。攻撃が更なる分離を生むからである。あなたが攻撃されたと思うことを、夢の中で攻撃し返すことは、エゴの趣旨に合致することであって、攻撃されて腹を立てたエゴにとっては、もってこいの贈り物となる。



This would not be your wish unless you saw yourself as one with the ego, which always looks upon itself, and therefore on you, as under attack and highly vulnerable to it.
  • wish [wí∫] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • under attack : 「攻撃を受ける、風当たりが強い、非難を浴びる」
  • highly [háili] : 「高度に、大いに、非常に、極めて」
  • vulnerable [vʌ́ln(ə)rəbl] : 「弱い、脆弱な、 攻撃を受けやすい、攻撃されやすい」
❖ "This would not be your wish ~ "「これは、あなたがあなた自身をエゴと一体であると思わない限り、あなたの望みとはなるまい」。あなたがエゴと一体だと思っているから、攻撃に対して攻撃をもって対処しようとするのである。しかも、夢の中で攻撃するのである。"which always looks ~ "「そのエゴは、常に、エゴ自身を、ということはあなた自身を、攻撃されやすく、また攻撃されているものと見ているのである」。ホーリー・スピリットが愛を基準にもの事を見るのに対して、エゴは攻撃を基準にものを見る。



2. Dreams are chaotic because they are governed by your conflicting wishes, and therefore they have no concern with what is true.
  • chaotic [keiɑ́tik] : 「雑然とした、無秩序状態の、混沌とした、支離滅裂で」
  • govern [gʌ́və(r)n] : 「支配する、統治する、統率する、決定する」
  • conflicting [kənflíktiŋ] : 「相反する、矛盾する、相いれない」
  • wish [wí∫] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • concern [kənsə́ː(r)n] : 「関連、関係、懸念、心配、不安」
  • have no concern with : 「〜に何の関係もない、〜に関知しない」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
❖ "Dreams are chaotic ~ "「夢は、あなたのコンフリクトを起こした願望に支配されているので、渾沌としている」。"and therefore they ~ "「したがって、夢は、真実と何の関係も持たないことになる」。夢は、叶えられない欲望や願望のるつぼであり、コンフリクトを起こした無秩序な渾沌である。それは、何が真実であるか、何が虚偽であるかといったことに、まったく関心がない。真偽が問われる世界ではないのだ。欲望が叶えられるかどうかだけが関心の的となる。



They are the best example you could have of how perception can be utilized to substitute illusions for truth.
  • best [bést] : 「最高の、最も良い、最善の、絶好の、うってつけの」
  • example [igzǽmpl] : 「例、実例、実施例、用例」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
  • utilize [júːt(ə)làiz] : 「利用する、活用する、役立たせる」
  • substitute [sʌ́bstət(j)ùːt] : 「〜を代わりにする、代用する、置き換える」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "They are the best example ~ "「夢は、あなたがもち得る最もよい例である」。どんなことを示す例かというと、"of how perception can ~ "「どのように、知覚が真実の代わりに幻想を代用に利用するかということを示す」最もよい例である。夢を見るとは、幻想を知覚するということである。真実を知り、真実を見ようとする代わりに、目を閉じ、眠りに陥って、偽りの空想の世界で欲望や願望の作り出す幻想を知覚するのである。



You do not take them seriously on awaking because the fact that reality is so outrageously violated in them becomes apparent.
  • seriously [sí(ə)riəsli] : 「まじめに、真剣に、本気に、重大に」
  • awake [əwéik] : 「目が覚める、眠りから起きる」
  • fact [fǽkt] : 「事実、現実、真実、実際、真相」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • outrageously [autréidʒəsli] : 「乱暴に、非道に、著しく」
  • violate [váiəlèit] : 「違反する、犯す、破る、侵犯する、侵害する」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • apparent [əpǽr(ə)nt] : 「明らかな、明白な」
❖ "You do not take them ~ "「あなたは、目覚めてしまえば、夢を深刻にとったりしない」。"because the fact that reality is so ~ "「なぜなら、実相があれほど犯されたのは夢の中だったのだという事実が明白になるからだ」。恐ろしい夢から目覚めて、夢だったと気付いて安心するのである。



Yet they are a way of looking at the world, and changing it to suit the ego better.
  • suit [súːt] : 「〜を適合させる、〜を作り変える」
  • better [bétə(r)] : 「より良く、もっとうまく」
❖ "Yet they are a way of ~ "「しかし、夢は、この世界を見ている方法なのだ」。つまり、あなたは夢の中でこの世界を描いているだけなのだ、ということ。"and changing it ~ "分詞構文、単純接続、「そして、エゴにより良く適合させるため、世界(夢)を変えているのである」。幻想の世界を支配するのはエゴである。そのエゴの都合に合わせて、あなたは夢の世界を如何様にも変えることが出来る。幻想世界が変化流動し、分離と破壊を加速するのはそのためである。



They provide striking examples, both of the ego's inability to tolerate reality, and of your willingness to change reality on its behalf.
  • provide [prəváid] : 「提供する、供給する、与える、供与する、もたらす」
  • striking [stráikiŋ] : 「印象的な、著しい、目覚ましい」
  • example [igzǽmpl] : 「例、実例、実施例、用例」
  • both [bóuθ] : 「両方、双方」
  • inability [ìnəbíləti] : 「無能、不能、できないこと、無力」
  • tolerate [tɑ́lərèit] : 「〜を大目に見る、我慢する、耐える、容認する」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、いとわずにすること、やる気 」
  • on one's behalf [bihǽf] : 「〜のために、〜の利益になるように」
❖ "They provide striking ~ "「夢は、著しい例を提供している」。"both of the ego's inability ~ "「エゴが実相を容認できないということと、」"and of your willingness ~ "「あなたは、エゴのためなら実相を変えてもいいということの両方の」著しい例である。幻想世界を支配するエゴは、エゴ自体幻想であり、真実の実相世界を容認するわけがない。実相世界を容認したなら、エゴはたちまち消滅してしまうからだ。また、エゴに支配されたあなたは、エゴに都合がいいように、幻想の中で実相を歪めているのである。もっとも、実相が歪められるのは夢の中だけであって、実際に実相が歪められたり破壊されたりすることはない。夢から覚めれば、実相は美しいままで、あなたの眼前に広がるのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp