●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-17.IV.2:1 ~ T-17.IV.3:3

2. In this world it is impossible to create. Yet it is possible to make happy.

  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない、無理な」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る、なし得る」
❖ "In this world ~ "「この世界では、創造することは不可能である」。夜見る夢の中で、物を作り出せないように、幻想のこの世界では、実相的存在を創造することは出来ない。"Yet it is possible ~ "「しかし、幸せにすること(幸せになること)は可能なのである」。



I have said repeatedly that the Holy Spirit would not deprive you of your special relationships, but would transform them.
  • repeatedly [repeatedly] : 「繰り返して、たびたび、再三にわたり」
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、取り上げる、剥奪する」
  • deprive A of B : 「AらBを奪う、AにBを与えない」
  • special [spé∫l] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • transform [trǽnsfɔː(r)] : 「変形する、変換する」
❖ "I have said repeatedly that ~ "「私はthat以下を繰り返し言ってきた」。"hat the Holy Spirit would ~ "「ホーリー・スピリットはあなたから特別な関係性を奪いはしないが、その質を変えようとしているのだ」と繰り返し言ってきた。ここも、特別な解釈は必要ないだろう。



And all that is meant by that is that he will restore to them the function given them by God.
  • meant [mént] : 「mean の過去・過去分詞形」
  • restore [ristɔ́ː(r)] : 「回復させる、修復する、復活させる、復元する、再構築する」
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「職務、役割、機能、作用、働き」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
❖ "And all that is meant ~ "「それによって意味されるすべては、」つまり、イエスの言いたいことは、"is that he will restore ~ "「神によって関係性に与えられた役割を、ホーリー・スピリットは特別な関係性のために修復しようとしている」ということである。特別な関係性が憎悪や嫉妬や復讐のるつぼと化さないように、神が関係性に与えた幸せになるという属性を、ホーリー・スピリットは修復してくれるのである。



The function you have given them is clearly not to make happy.
  • clearly [klíə(r)li] : 「はっきりと、疑いもなく、明らかに」
❖ "The function you have ~ "「あなたが関係性に与えた役割は、はっきり言って、幸せにするようなものではない」。その逆で、憎悪や嫉妬や復讐を生み出す役割を与えてしまったのだ。



But the holy relationship shares God's purpose, rather than aiming to make a substitute for it.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向」
  • aim [éim] : 「狙う、目指す、目的とする」
  • substitute [sʌ́bstət(j)ùːt] : 「代用品、代替、代理人、置換」
❖ "But the holy relationship ~ "「しかし、神聖な関係性は、神の目的を分かち合うのである」。"rather than aiming to ~ "分詞構文、付帯状況、「神の目的の代用品を作ろうと狙うというよりは」。神と神の子、あるいはホーリー・スピリットと神の子の間の神聖な関係性の代用品として、あなたは特別な関係性を築こうとするだろう。さらに、神の目的は心の幸せであるが、特別な関係性では、ややもすると肉体的な満足がその代用品となりやすい。



Every special relationship you have made is a substitute for God's Will, and glorifies yours instead of his because of the illusion that they are different.
  • glorify [glɔ́ːrəfài] : 「〜の栄光をたたえる、美化する、賛美する」
  • instead [instéd] of : 「〜の代わりに」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • different [díf(ə)r(ə)nt] : 「相違する、違っている、異なる」
❖ "Every special relationship ~ "「あなたが築いた特別な関係性のすべては、神の意思の代用品であり、」ここの"God's Will"「神の意思」とは、幸せであれかし、という神の願いと考えていいだろう。"and glorifies yours ~ "「神の意思とあなたの意思は異なるのだと理由で、神の意思の代わりにあなたの意思を賛美するのである」。神が幸せを願うのはいいとして、あなたは自分の幸せは自分の器に合わせて自分で調達すると決めるのだ。そこで、真実の幸せの代わりに、自分にあった特別な関係性を構築して、その小さな世界で満足を得ようとする。



3. You have made very real relationships even in this world.
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の」
❖ "You have made ~ "「あなたは、この世界においてさえ、非常に実相的な関係性を作ってきたのだ」。幻想世界にあっても、真実なる関係性を構築することは可能だ。幻想的な、特別な愛の関係性だけではないのだ。たとえば、親と子の真実なる関係性は、その最たるものだろう。



Yet you do not recognize them because you have raised their substitutes to such predominance that, when truth calls to you, as it does constantly, you answer with a substitute.
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
  • raise [réiz] : 「引き起こす、もたらす、〜を育てる、起こす、立てる」
  • substitute [sʌ́bstət(j)ùːt] : 「代わりのもの、代用品、代理人、置換」
  • predominance [pridάmənəns] : 「優越、優位、優勢、卓越、支配」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • call to : 「〜に声をかける」
  • constantly [kɑ́nst(ə)ntli] : 「絶えず、しきりに、絶え間なく、常に」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「〜に答える」
❖ "Yet you do not recognize ~ "「しかし、あなたはそれを認識してはいない」。"because you have ~ "「なぜなら、あなたは、実相的関係性の代用品を支配的な位置に立ち上げ、」"that, when truth ~ "ここの"that"は"so that"「その結果、〜するために」、「その結果、真実があなたに声をかけるとき、それは常に声をかけているのだが、あなたは、その代用品を使って答えているからだ」。真実の愛の関係性の代用品として、あなたは特別な愛欲の関係性を構築し、それを一等の位置に据える。真実があなたに、真実の愛を求めて声をかけているにもかかわらず、あなたは代用品である特別な愛欲の関係性における、その愛欲が愛だと答えるのである。



Every special relationship you have made has, as its fundamental purpose, the aim of occupying your mind so completely that you will not hear the call of truth.
  • fundamental [fʌ̀ndəméntl] : 「基本となる、基本の、基礎の、根本的な」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • aim [éim] : 「的、狙い、目標、目的、照準」
  • occupy [ɑ́kjəpài] : 「〜に居住する、〜を占領する、〜を占有する」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、十分に、全面的に、全く、徹底的に」
  • hear [híə(r)] : 「〜を聞く、聴く、〜が聞こえる、耳にする」
❖ "Every special relationship ~ "ここは"so ~ that ~ "の構文、「あなたが構築した特別な関係性のすべては、その基本的な目的として、あまりにも完全にあなたの心を占領する目的を持っているので、」"that you will not ~ "「あなたは、真実の呼び声が聞こえないであろう」。虚偽の愛があなたの心を占領してしまい、真実の愛の呼び声が聞こえなくなってしまうのだ。
 
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp