●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-17.III.10:1 ~ T-17.IV.1:7

10. My holy brother, I would enter into all your relationships, and step between you and your fantasies.

  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • enter into : 「〜に入る、〜に参加する、〜の一部になる」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • step [stép] : 「歩を進める、足を踏み入れる」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間に」
  • fantasy [fǽntəsi] : 「想像、空想、幻想、白日夢」
❖ "My holy brother ~ "「神聖な、私(イエス)の同胞達よ、」"I would enter into ~ "「私は、あなた方すべての関係性の中に入っていき、あなたと空想の間に足を踏み入れようと思う」。ホーリー・スピリットとしてのイエスが、あなたの関係性に介入し、正しい方向に導いてくれる。



Let my relationship to you be real to you, and let me bring reality to your perception of your brothers.
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る、〜をもたらす」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相s」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
❖ "Let my relationship ~ "「私とあなたとの関係性を、あなたにとって現実のものとしてあげよう」。"and let me bring reality ~ "「そして、あなたの同胞に対する知覚に対して、実在性をもたらしてあげよう」。あなたが真に同胞を知覚できるようにしてあげよう、ということ。



They were not created to enable you to hurt yourself through them. They were created to create with you.
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • enable [enéibl] : 「 〜を可能にする、〜に可能性を与える」
  • hurt [hə́ː(r)t] : 「〜を傷つける、〜に苦痛を与える」
❖ "They were not created ~ "「同胞達は、あなたが同胞を通してあなた自身を傷つけことが可能であるように創造されたのではない」。あなたと同胞の関係性において、両者は、互いに傷つけ合うことを目的に創造されたのではない。"They were created ~ "「同胞達は、あなたと共に創造するために、創造されたのだ」。簡単に言えば、喜び、愛、平和、等々を分かち合うために創造されたのだ、ということ。



This is the truth that I would interpose between you and your goal of madness.
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • interpose [ìntə(r)póuz] : 「〜を間に入れる、〜に異議を差し挟む」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • madness [mǽdnəs] : 「狂気、熱狂、熱中」
❖ "This is the truth that ~ "「これが、私があなたとあなたの狂気の目的の間に異議を挟む本当の(理由)だ」。あなたの狂気は、同胞を攻撃の対象と考えているが、イエスはそれに異議を挟み、同胞はあなたとともに創造するために存在するのだと教えるのである。あなたと同胞は自他一如であり、あなたが同胞を攻撃することは自分自身を攻撃することである。逆に、同胞と共に創造活動をすることで、共に、真実に近づけるのである。



Be not separate from me, and let not the holy purpose of Atonement be lost to you in dreams of vengeance.
  • separate [sépərèit] : 「分かれる、分離する、別居する」
  • separate from : 「〜から離れる、〜から分離する、〜と別れる」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • Atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
  • lost [lɔ́(ː)st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • vengeance [vén(d] : 「復讐、仕返し、報復」
❖ "Be not separate ~ "「私から離れないようにしなさい」。"and let not the holy ~ "「そして、贖罪という神聖な目的が、復讐の夢の中で、あなたから失われないようにしなさい」。自分は完全な無辜(むこ)であると認識することが贖罪であり、罪の意識を、それは存在しないと受け入れて赦し、取り消しにすることである。しかし、幻想世界にあっては、憎悪や嫉妬や復讐といった幻想に邪魔されて、本来一番大切な贖罪という神聖な目的が見失われてしまいがちである。



Relationships in which such dreams are cherished have excluded me.
  • cherish [t∫éri∫] : 「〜を大事にする、大切にする」
  • exclude [iksklúːd] : 「〜を排除する、締め出す、〜を除く、除外する」
❖ "Relationships in which ~ "「そのような(復讐の)夢が大切にされる関係性は、私を排除してしまったのだ」。幻想の特別な関係性の中で、あなたはホーリー・スピリットの存在を忘れ、イエスさえも排除してしまった。特別な関係の排他性である。



Let me enter in the Name of God and bring you peace, that you may offer peace to me. 
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • in the name of : 「〜の名において」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る、〜をもたらす」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
❖ "Let me enter ~ "「神の名において、私を中に入れ、あなたに平和をもたらすようにしなさい」。"that you may offer ~ "ここの"that"は"so that"のこと、「〜できるように、その結果」、「あなたが私に平和を差し出してくれるようにするために」。あなたが平和にならない限り、イエスも平和にはなり得ない。神の子とホーリー・スピリットは、これもまた、自他一如なのである。
 
 
 
 
 
 
 
IV. The Two Pictures  
二枚の絵
 
 
 
1. God established his relationship with you to make you happy, and nothing you do that does not share his purpose can be real.
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、設置する、設立する、成立させる」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の」
❖ "God established his ~ "「神は、あなたを幸せにするめに、あなたとの関係性を確立した」。"and nothing you do ~ "「あなたがすることで、その神の目的を分かち合わないようなことは、実在にはなり得ないのだ」。端的に言えば、あなたが幸せになることは神の目的に叶うことであって実在であるが、あなたが不幸になることは神の目的ではないから、それは幻想である。幻想は赦して、取り消しにすればいい。あなたが不幸を感じているなら、その不幸を赦して、取り消すに限る。



The purpose God ascribed to anything is its only function.
  • ascribe [əskráib] : 「〜のものとみなす、帰する」
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「職務、役割、機能、作用、働き」
❖ "The purpose God ~ "「神が何かに対してその目的を定めれば、それだけが、その役割になる」。つまり、神は神の子に幸せになるようにとその目的を定めたのだから、神の子は幸せになることが役割なのである。



Because of his reason for creating his relationship with you, the function of relationships became forever "to make happy." And nothing else.
  • because of : 「〜のために、〜のせいで」
  • reason [ríːzn] : 「理由、動機、原因、根拠」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "Because of his reason ~ "「あなたとの関係性を創造する理由ゆえに、」"the function of ~ "「関係性の役割は、永遠に『幸せになること』なのだ」。神はあなたに幸せになって欲しいと思って、あなたとの関係性をもつにいたった。したがって、関係性というもののもつ属性は、幸せになること、それは永遠に変わらないのだ。"And nothing ~ "「それ以外は何もない」。関係性のもつ役割は、幸せになることだけであって、他にない。



To fulfill this function you relate to your creations as God to his.
  • fulfill [fulfíl] : 「果たす、全うする、実行する、遂行する」
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「職務、役割、機能、作用、働き」
  • relate [riléit] : 「関連がある、関係する、かかわる」
  • relate to : 「〜に関連している、〜にかかわる」
  • creation [kriéi∫n] : 「創作物、作品、創造、創作」
❖ "To fulfill this function ~ "「この役割を果たすために、あなたはあなたが創造したものと関わることになる」。"as God to ~ "「神が、神の創造したものと関わるように」。神が創造した神の子の幸せを神が願いながら神の子と関わるように、あなたはあなたの創造したものの幸せを願って関わることになる。そこに、愛や慈しみや喜びが創造されていくのであって、憎悪や復讐などは決して生み出されはしない。



For nothing God created is apart from happiness, and nothing God created but would extend happiness as its Creator did. Whatever does not fulfill this function cannot be real.
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として、〜はさておき」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
  • whatever [(h)wʌtévə(r)] : 「〜するのは何でも」
❖ "For nothing God ~ "「なぜなら、神が創造したものは、幸せから離れて存在することはないからだ」。"and nothing God created ~ "「そして、神の創造したものは、幸せを拡張していくのである」。"as its Creator ~ "「創造主がそうしたように」。"Whatever does not fulfill ~ "「この役割を果たすことが出来ないものは、実在とはなり得ない」。幸せは実在であり実相世界の存在だ。したがって、不幸は実在ではなく幻想である。不幸は存在しないと受け入れて、赦し、取り消しにしてしまえばいい。そして、真実の幸せを求めればいいのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp