●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-16.VI.12:1 ~ T-16.VII.1:5

12. The Holy Spirit asks only this little help of you: Whenever your thoughts wander to a special relationship which still attracts you, enter with Him into a holy instant, and there let Him release you.

  • whenever [(h)wenévə(r)] : 「〜するときはいつでも、〜したときはすぐ」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思考、思索、熟考」
  • wander [wɑ́ndə(r)] : 「さまよう、迷う、横道にそれる、とりとめがなくなる」
  • special [spé∫l] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連
  • attract [ətrǽkt] : 「魅惑する、魅了する」
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ、離す」
❖ "The Holy Spirit asks ~ "「ホーリー・スピリットは、ほんの少し、あなたに手助けして欲しいと望んでいる」。"Whenever your thoughts ~ "「あなたの思考が、まだあなたを引きつける特別な関係性へ向かってさまよいそうになるときはいつでも、」"enter with Him into ~ "「ホーリー・スピリットと共に聖なる瞬間に入っていって、」"and there let Him release ~ "「そこで、ホーリー・スピリットに解放してもらいなさい」。まだまだ幻想世界に未練が残っていて、特別な愛の関係性に魅かれてしまうときは、ホーリー・スピリットに願って聖なる瞬間を実現させてもらえばいい。前半文の、ホーリー・スピリットに対するあなたの手助けとは、そのことであって、あなたが自分の自由意思をもって聖なる瞬間を欲し、選択することなのである。実相世界の神は、決して、そして断じて強制することはない。何よりも、神の子の自由意思を重んじているのだ。したがって、自由意思は愛に直結する。



He needs only your willingness to share His perspective to give it to you completely.
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、いとわずにすること、やる気」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • perspective [pə(r)spéktiv] : 「展望、物の見方、考え方、観点、視野」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、十分に、全面的に、全く」
❖ "He needs only your ~ "「ホーリー・スピリットは、ただ単に、あなたがホーリー・スピリットのものの見方を分かち合いたいと思ってもらうことを必要としているのだ」。"to give it to you ~ "「ホーリー・スピリットのものの見方をあなたに完全に与えるために」。ホーリー・スピリットはあなたに正しいものの見方、つまり、正しい知覚のしかたを教えてくれるのであるが、教えられたあなたが、それを同胞と分かち合う気持ちになってくれることをホーリー・スピリットは期待するのである。分かち合うことによって初めて、正しい知覚のし方はあなたのものとなり、さらに拡張増大していくからだ。そして、正しい知覚は、実相世界で花開いて、叡智(knowledge)へと変身する。叡智とは、仏教で言うところの般若(はんにゃ)である。



And your willingness need not be complete because His is perfect.
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、全くの」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完璧な、完全な」
❖ "And your willingness ~ "「とは言え、ホーリー・スピリットのものの見方を分かち合おうとするあなたの意欲が完全である必要はない」。"because His is ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットの分かち合おうとする意欲は完璧なのだから」。あなたの不完全さを、ホーリー・スピリットの完璧さが補ってくれるのである。



It is His task to atone for your unwillingness by His perfect faith, and it is His faith you share with Him there.
  • task [tǽsk] : 「任務、職務、仕事」
  • atone [ətóun] : 「償う、あがなう、罪滅ぼしをする」
  • unwillingness : 「気が進まないこと、不本意」
  • faith [féiθ] : 「自信、信念、確信、信頼、信用、信じること」
❖ "It is His task to atone ~ "ここは"It ~ to ~ "の構文、「あなたの、そうしたくない気持ちを、ホーリー・スピリットの完璧な信頼によって補うことが、ホーリー・スピリットの使命である」。"and it is His faith you ~ "「そして、あなたがホーリー・スピリットと分かち合うものこそ、その信頼なのである」。ホーリー・スピリットの"perfect faith"「完璧な信頼」とは何か? 神の子を信じる気持ちと捉えるのがいいだろう。もっと大局的に、真実なるもの、真に実在するものへの信頼、ととらえてもいい。あるいは"perfect faith"「完璧な信頼」を「愛」そのものと考えても遠くないであろう。つまり、あなたの不完全性を、ホーリー・スピリットの愛が補ってくれるのである。それが、ホーリー・スピリットの使命である。では、誰がホーリー・スピリットに命じたか? もちろん、神である。なぜか? 神は神の子をことのほか愛しているからだ。



Out of your recognition of your unwillingness for your release, His perfect willingness is given you.
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証、正当性の認識」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除、免除」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
❖ "Out of your recognition of ~ "「あなたの解放を、あなたはためらっているのだと認めることで、ホーリー・スピリットの完璧な、解放を促す気持ちが、あなたに与えられるのである」。簡単に言えば、解放への勇気をホーリー・スピリットは与えてくれるのだ。



Call upon Him, for Heaven is at His Call. And let Him call on Heaven for you.
  • call upon = call on : 「求める、要求する、所望する、頼む」
❖ "Call upon Him"「ホーリー・スピリットに求めなさい」。"for Heaven is ~ "ここの訳は難しい、フィーリングで訳すと、「なぜなら、天の王国は、ホーリー・スピリットの呼び声に答えるからだ」。"And let Him call ~ "「あなたのために、ホーリー・スピリットに天の王国に求めさせなさい」。天の王国を神に置き換えると理解しやすいかもしれない。あなたが、神に願うことをためらっているなら、あなたに代わって、ホーリー・スピリットに神に願ってもらいなさい、といった感じか。いずれ、ホーリー・スピリットは、神の子と神の間の媒介役であるから、あなたはホーリー・スピリットを通して神に願いを届けることが出来るのである。そして、ACIMは積極的にホーリー・スピリットに頼ることを推奨する。ACIMの絶対他力性である。
 
 
 
 
 
VII. The End of Illusions
幻想の終焉
 
 
1. It is impossible to let the past go without relinquishing the special relationship.
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • let go : 「解雇する、手を放す、あきらめる、忘れる」
  • past [pǽst] : 「過去、昔」
  • relinquish [rilíŋkwi∫] : 「放棄する、手放す、断念する」
❖ "It is impossible ~ "ここは"It ~ to ~ "の構文、「特別な関係性を放棄することなく、過去を忘れることは不可能だ」。過去を忘れると訳したが、意味合いとしては、幻想の過去を無にしてしまう、といった感じ。執着を断つのである。



For the special relationship is an attempt to re-enact the past and change it.
  • attempt [ətém(p)t] : 「試み、企て」
  • re-enact [ri-inǽkt] : 「〜を再び制定する、〜を再演する、再現する」
  • change [t∫éin(d)ʒ] : 「〜を変える、〜を変更する、〜を変換する」
❖ "For the special relationship ~ "「なぜなら、特別な関係性は、過去を再演して、それを変えようとする試みであるからだ」。過去の孤独や怒りや悲しみ、失敗、絶望などを忘れようとして、特別な関係性へ逃げ込もうとするのだ。しかし、特別な関係性を構築すると、また同じ繰り返しを犯してしまう。パートナーの愛を支配しようとし、それに従わないことで怒りを覚え、孤独に陥り、心の結合に失敗し、絶望する。そしてまた、新しい特別な関係性を探し求める、というわけだ。



Imagined slights, remembered pain, past disappointments, perceived injustices and deprivations all enter into the special relationship, which becomes a way in which you seek to restore your wounded self-esteem.
  • Imagine [imǽdʒin] : 「想像する、思う、心に描く、推測する、仮定する」
  • slight [sláit] : 「軽視、侮辱」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、疼痛、苦痛、苦悩」
  • past [pǽst] : 「過去の、昔の」
  • disappointment [dìsəpɔ́intmənt] : 「失望、失意、落胆」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • injustice [indʒʌ́stis] : 「不公平、不正、不法、不当」
  • deprivation [dèprəvéi∫n] : 「剥奪、奪うこと」
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • restore [ristɔ́ː(r)] : 「修復する、復活させる、復元する、再構築する」
  • wound [wúːnd] : 「〜を傷つける」
  • self-esteem [istíːm] : 「自尊心、うぬぼれ、自負心、自発性」
❖ "Imagined slights ~ "「侮辱されたという思い込み、思い出される痛み、過去の落胆、不正や剥奪の感覚、等々すべてが特別な関係性の中に入ってくる」。過去の悪感情のすべてが、特別な関係性の構築に関与してくる。"which becomes a way ~ "「そして、特別な関係性は、あなたの傷つけられた自尊心を取り戻そうとする道具になってしまうのである」。自分の卑小さを隠そうと、あなたはパートナーからの絶対的な尊敬を得たいと思う。それが叶わないから、パートナーを支配し、隷属化しようと躍起となる。



What basis would you have for choosing a special partner without the past?
  • basis [béisis] : 「土台、基礎、基盤、基準、原理、原則、根拠、理由」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "What basis would ~ "「過去がなかったら、あなたは何を基準にして、特別な関係性のパートナーを選ぶのだろうか」。過去の悪感情を基準にして、それから逃れるために最適と思えるパートナーを選んでいるのである。



Every such choice is made because of something "evil" in the past to which you cling, and for which must someone else atone.
  • choice [t∫ɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • evil [íːvl] : 「害悪、悪、弊害、災害、不運」
  • cling [klíŋ] : 「執着する、しがみつく、かじりつく、固守する」
  • atone [ətóun] : 「償う、あがなう、罪滅ぼしをする」
❖ "Every such choice ~ "「そういった(パートナーの)選択のすべては、あなたが執着した過去における何か『悪いこと』のためになされるのだ」。あなたが執着した過去の悪感情を払拭するためにパートナーが選ばれ、そしてそのパートナーが犠牲となる。"and for which must ~ "「そして、(あなたが執着した過去における何か『悪いこと』のために)誰かがあがなわなければならないのだ」。ここは、パートナーがその犠牲になる、という意味合いであろう。あなたがこだわる過去の悪感情をあがなうために、特別な関係性のパートナーが犠牲にされるのである。と言っても、あなたのパートナーが一方的に犠牲になるわけではなく、パートナーはパートナーで、その過去の悪感情をあがなうためにあなたを犠牲とするのである。互いが互いの傷をなめ合い、互いを犠牲にするのだ。これが特別な関係性の正体である。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp