●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-16.III.9:1 ~ T-16.IV.1:10

9. Your bridge is builded stronger than you think, and your foot is planted firmly on it.

  • bridge [brídʒ] : 「橋、橋梁、桟橋、ブリッジ」
  • build [bíld] : 「建てる、建造する、構築する、架設する」
  • foot [fút] : 「足」
  • plant [plǽnt] : 「〜をしっかりと立てる、〜を植える」
  • firmly [fə́ː(r)mli] : 「しっかりと、堅く、堅固に、きっぱりと」
❖ "Your bridge is builded ~ "「(神の王国へと続く)あなたの橋は、あなたが思うよりも堅固に作られており、」"and your foot is planted ~ "「あなたの足は、その橋の上にしっかりと立っている」。



Have no fear that the attraction of those who stand on the other side and wait for you will not draw you safely across.
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
  • attraction [ətrǽk∫n] : 「引き付けるもの、引力、魅力、誘引」
  • on the other side : 「〜の他の側に、〜の反対側に、〜と隔てて」
  • draw [drɔ́ː] : 「〜を引く、引き込む、引き寄せる」
  • safely [séifli] : 「安全に、支障なく、無事に」
  • across [əkrɑ́s] : 「〜を横切って、〜を横断して、〜の向こう側に」
❖ "Have no fear that ~ "「あなたはthat以下を恐れてはならない」。"that the attraction ~ "「橋の反対側であなたを待っている者達の引きつける力が、あなたたを安全に橋を渡してくれないのではないかと」恐れてはならない。橋の片側で、神やホーリー・スピリットやアセンディド・マスター達が、あなたが早く橋を渡って王国へ入ってくるように、あなたを待ちかまえているのである。あなたは、安全に橋を渡れるかどうか心配するのだが、その心配はいらない。



For you will come where you would be, and where your Self awaits you.
  • await [əwéit] : 「 〜を待つ、待ち受ける、待望する」
❖ "For you will come ~ "「なぜなら、あなたは行きたいと思うところに行けるのであり、」"and where your Self ~ "「あなた自身なる存在があなたを待っている所へ行けるからだ」。"your Self"「あなた自身という存在」とは、ホーリー・スピリットと考えてもいいし、神の子としての再生と考えてもいい。あなたは橋を渡って神の王国に回帰することで、本当の神の子として再生し、本当の自分となるのである。





IV. The Illusion and the Reality of Love
愛の幻想と実相


1. Be not afraid to look upon the special hate relationship, for freedom lies in looking at it.
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
  • be afraid to : 「〜するのを怖がる、怖がって〜しない」
  • special [spé∫l] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • hate [héit] : 「憎悪、憎しみ、嫌悪」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
❖ "Be not afraid to ~ "「特別な憎悪関係を見つめることを恐れてはいけない」。"for freedom lies ~ "「なぜなら、自由への解放は、それを見据えることの中にあるのだから」。あなたがこの幻想世界で持つ関係性は特別な関係と言われているが、それには、愛欲による特別な関係と憎悪による特別な関係の二つがある。ここでは、その憎悪によって結ばれた関係性を恐れることなく見つめなさい、と言っている。それによって、その憎悪という特別な関係性から解放され自由になれるからだ。



It would be impossible not to know the meaning of love, except for this.
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない、無理な」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、意図、真意」
  • except for : 「〜がなかったら、〜を除けば、〜を別にすれば」
❖ "It would be impossible ~ "ここは"It ~ to ~ "の構文、「愛の意味を知らないでいることは不可能である」。" except for this"「この場合を除けば」。憎悪という関係性をしっかり見て把握することを怠る場合を除けば、愛の意味を知ることは可能だ。



For the special love relationship, in which the meaning of love is hidden, is undertaken solely to offset the hate, but not to let it go.
  • hidden [hídn] : 「隠された、秘密の」
  • undertake [ʌ̀ndə(r)téik] : 「企てる、始める、〜に着手する、〜に取り掛かる 」
  • solely [sóulli] : 「もっぱら、ただ一人で、一人だけ、単に」
  • offset [ɔ̀(ː)fsét] : 「〜を弱める、〜を相殺する、埋め合わせる」
❖ "For the special love ~ "「なぜなら、特別な愛の関係は、」"in which the meaning ~ "「そこには愛の意味が隠されているのだが、」"is undertaken solely ~ "「特別な愛の関係は、憎悪を弱めるためだけに結ばれるからで、憎悪を払拭するためではないからだ」。幻想世界で結ばれる愛欲の特別な関係性が、心の中の憎悪という感情を隠すために形成される場合、そして、憎悪という感情を排除しようとしない場合は、たとえその関係性の中に愛の意味が隠されてあったとしても、愛の意味を知ることは不可能だ。



Your salvation will rise clearly before your eyes as you look on this. You cannot limit hate.
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • rise [ráiz] : 「立ち上がる、起立する、昇る、出てくる」
  • clearly [klíə(r)li] : 「はっきりと、疑いもなく、明らかに、明瞭に」
  • before [bifɔ́ː(r)] : 「〜する前に、〜より前に、〜より先に」
  • limit [límit] : 「限定する、制限する、制限をかける」
  • hate [héit] : 「憎悪、憎しみ、嫌悪」
❖ "Your salvation will rise ~ "「こうしたことを見つめるに従い、」つまり、あなたの特別な愛の関係性は憎悪を隠そうとしているだけだという事実をしっかり見つめていくにつれ、ということ。「あなたの救いは、あなたの目の前に明瞭に立ち上って来るだろう」。どうしたら憎悪から解放されるか、その救済法がだんだん明らかになってくる。



The special love relationship will not offset it, but will merely drive it underground and out of sight.
  • offset [ɔ̀(ː)fsét] : 「〜を弱める、〜を相殺する、埋め合わせる」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • drive [dráiv] : 「駆り立てる、追いたてる、追いやる」
  • underground [ʌ́ndə(r)gràund] : 「地下に、隠れて、ひそかに、こっそりと」
  • sight [sáit] : 「視界、景色、視覚、視力」
  • out of sight : 「見えない所に」
❖ "The special love ~ "「特別な愛の関係性は、憎悪を相殺することはないであろう」。" but will merely ~ "「それは単に、憎悪を地下に駆り立てて、見えなくするだけだ」。特別な愛の関係性を築いて憎悪を駆逐しようとしても無駄。単に憎悪を隠してしまうだけだ。



It is essential to bring it into sight, and to make no attempt to hide it.
  • essential [isén∫l] : 「絶対必要な、絶対不可欠な、必須の」
  • bring [bríŋ] : 「〜を連れて来る、〜を持って来る」
  • attempt [ətém(p)t] : 「試み、企て」
  • make attempt to : 「〜することを試みる」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
❖ "It is essential to bring ~ "ここは"It ~ to ~ "の構文、「憎悪を見えるところに持ち出し、隠そうとしないことが必須である」。



For it is the attempt to balance hate with love that makes love meaningless to you.
  • balance [bǽləns] : 「〜を…で釣り合わせる」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無益な、価値のない、無意味な」
❖ "For it is the attempt ~ "「なぜならば、特別な愛の関係性は、憎悪を愛でつり合わせようとする試みであり、」"that makes love ~ "「それは、あなたにとって、愛の意味を失わせてしまうからだ」。憎悪という感情を隠すために愛欲を利用してつり合わせようとする試みが、特別な愛の関係性にはある。



The extent of the split that lies in this you do not realize.
  • extent [ikstént] : 「広さ、物の広がり、範囲、程度、限界、限度」
  • split [splít] : 「割ること、分割、分裂、対立、不和」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
❖ "The extent of the split ~ "「愛と憎悪の間にある隔たりの大きさを、あなたは自覚していない」。憎悪を甘く見ているのだ。憎悪は、思うよりも非常に深い。憎悪は、あなたの愛欲で相殺したり、埋め合わせたり出来るものではないのだ。そのことに、あなたは気付いていない。



And until you do, the split will remain unrecognized, and therefore unhealed.
  • until [ʌntíl] : 「〜する時まで」
  • remain [riméin] [SVC] : 「依然として〜のままである」
  • unrecognized : 「認識されていない、承認されていない」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • unhealed : 「治癒していない、未治癒の」
❖ "And until you ~ "「あなたが自覚するまでは、」"the split will remain ~ "「愛と憎悪の隔たりは認識されずにそのまま残るであろうし、」"and therefore ~ "「したがって、癒されることなく残存するであろう」。あなたが憎悪としっかり対面し、その底の深さを自覚すれば、自分一人では解決できる問題ではないと気付いて、救いの手をホーリー・スピリットに求めることになろう。そこで初めて、憎悪からの解放、救済がスタートし、ヒーリングが始まるわけで、それまでは、憎悪はあなたの心の奥底に居座り続けるのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp