●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-15.IX.3:1 ~ T-15.IX.4:7

3. In the holy instant, where the Great Rays replace the body in awareness, the recognition of relationships without limits is given you.

  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • replace [ripléis] : 「〜に取って代わる、〜を取り換える、交換する」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証、真価を認めること、正しく評価されること、正当性の認識 」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「 関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • limit [límit] : 「限度、制限、限界」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
❖ "In the holy instant ~ "「聖なる瞬間において、」"where the Great Rays ~ "「その時、肉体に代わって偉大なる光が認識されるのだが、」"the recognition of ~ "「制限なき関係性の認識があなたに与えられる」。非常に固い表現である。噛み砕いてしまおう。幻想世界から実相世界へと目覚める聖なる瞬間。そのとき、あなたも含め、同胞の肉体から神聖な光が発し、天の王国へと光は伸びる。あなたの心は神の王国へ回帰するのである。あなたはこの幻想世界で特別な関係性を構築してきたが、今やそれが幻想に過ぎないことを知る。神の子として再出発したあなたは、真の関係性は神と神の子とホーリー・スピリットの三位の間にしか存在しないことを認識するのだ。しかも、永遠不変の実相世界にあって、その神聖な関係性は不変であり、無限であり、永遠であり、したがって、いかなる制限もないことを知る。



But in order to see this, it is necessary to give up every use the ego has for the body, and to accept the fact that the ego has no purpose you would share with it.
  • in order to : 「〜するために」
  • necessary [nésəsèri] : 「必要な、必須の、欠くことのできない」
  • give up : 「あきらめる、断念する、放棄する」
  • use [júːs] : 「使うこと、利用、使用」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • fact [fǽkt] : 「事実、現実、真実、実際、真相」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "But in order to ~ "「しかし、これがわかるには、」"it is necessary to give up ~ "ここは"it ~ to ~ "の構文、「〜を諦めることと、〜を受け入れることが必要である」。"to give up every use ~ "「エゴが肉体のために利用したすべてを諦めること、」"and to accept the fact that ~ "「そして、あなたがエゴと分かち合いたいと思うような目的などエゴは持っていないという事実を受け入れること」が必要である。簡単に言えば、実相世界に目覚める聖なる瞬間を手にいれるためには、肉体とエゴという幻想を放棄しなくてはならない、ということ。物質と肉体のこの世界(宇宙)が幻想(夢)であるとしっかり認識し、その幻想世界を牛耳ってきた思考システム、つまり、エゴの思考システムを捨てる必要があるのだ。



For the ego would limit everyone to a body for its own purposes, and while you think it has a purpose, you will choose to utilize the means by which it tries to turn its purpose into accomplishment.
  • limit [límit] : 「限定する、制限する、制限をかける」
  • while [(h)wáil] : 「〜の間ずっと、〜する間に、その間に」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • utilize [júːt(ə)làiz] : 「利用する、活用する、役立たせる」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • turn [tə́ː(r)n] : 「〜を変化させる、〜の方向を変える」
  • accomplishment [əkάmpliʃmənt] : 「成就、偉業、成果、達成、完成」
❖ "For the ego would ~ "「なぜなら、エゴはエゴ自身の目的のために、あなたを含め同胞たちすべてを肉体の中に閉じ込めてしまいたいと思っているからだ」。エゴは神の子を肉体という幻想の中に閉じ込めて、実相世界に目覚めることを阻止しようとしているのだ。なぜなら、もし神の子が肉体と幻想世界の夢から覚めれば、同時に幻想は消滅し、この宇宙も、エゴ自身も消滅してしまうからだ。"and while you think ~ "「そして、あなたが、エゴは目的をもってそうしているのだと思っている限り、」つまり、エゴは何か我々に利する良い目的をもっているに違いないと信じている限り、"you will choose to utilize ~ "「エゴが目的を達成させるための方法を、あなたもその利用を選択することになるだろう」。エゴが目的を達成するために利用する方法とは、一言で言えば、エゴの思考システムである。エゴが何か崇高な目的をもっているに違いないと信じている限り、あなたはエゴの思考システムを採用せざるを得ないのだ。その、エゴの思考システムは肉体に基礎を置くものであって、得るためには奪え、攻撃される前に攻撃せよ、平和も愛なども存在せず、憎しみ、嫉妬、恐れ、罪、罰、嫌悪、破壊、等々が存在するだけだ、とあなたに教えることになる。つまり、エゴの最終目的は、あなたを十字架に架けることなのである。



This will never be accomplished. Yet you have surely recognized that the ego, whose goals are altogether unattainable, will strive for them with all its might, and will do so with the strength that you have given it.
  • surely [∫úə(r)li] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に、必ず」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、評価する、認める」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • altogether [ɔ̀ːltəgéðə(r)] : 「全く、全然、完全に、すっかり」
  • unattainable [ʌ̀nətéinəbl]: 「達成不可能な、達成し難い、得難い」
  • strive [stráiv] : 「努力する、努める、真剣に努力する」
  • strive for : 「〜のために懸命に努力する、〜を得ようと努力する、〜を得ようと奮闘する」
  • might [máit] : 「力、権力、勢力」
  • with all one's might : 「力一杯、力ずくで、思い切り、満身の力を込めて、渾身の力をふりしぼって」
  • strength [stréŋ(k)θ] : 「力、強さ、体力」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
❖ "This will never ~ "「これは決して達成されるものではない」。"Yet you have surely ~ "「しかし、あなたはthat以下を確実に認識したはずだ」。"that the ego, whose goals ~ "「エゴは、目的はまったくもって達成不可能なのだが、」"will strive for them ~ "「そのエゴは、全身全霊の力を込めて、目的達成のために戦うであろうし、」"and will do so with ~ "「あなたがエゴに与えた力を借りてそうするであろう」ことをあなたは確実に認識したはずだ。エゴはあなたを唆(そそのか)し、あなたを信じこませて、それを力にして、自分の目的を達成しようと懸命に戦う。しかし、それは達成不可能なことなのである。なぜなら、いかに力を振り絞ろうが、所詮夢の中の戦いに過ぎないのだから。



4. It is impossible to divide your strength between Heaven and hell, God and the ego, and release your power to creation, which is the only purpose for which it was given you.
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない、無理な」
  • divide [diváid] : 「〜を分ける、分割する、〜を分裂させる」
  • strength [stréŋ(k)θ] : 「力、強さ、体力」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間に」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ、離す」
  • creation [kriéi∫n] : 「創造、創作、創作物、作品」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
❖ "It is impossible to divide ~ "ここは"It ~ to ~ "の構文、「あなたの力を天の王国と地獄の間に、つまり、神とエゴの間に分割し、創造のためのあなたのパワーを解放することは不可能である」。"which is the only purpose ~ "「そのパワーは、創造という目的のためだけに、あなたに与えられたのである」。あなたの授かったパワーは神から継承した実相的パワーである。そのパワーを実相と幻想の二つに振り分けて、しかも、パワーを拡張増大させることなど出来ない。なぜなら、そのパワーは創造のために与えられたのであって、幻想世界では真の創造は不可能だからである。



Love would always give increase. Limits are demanded by the ego, and represent its demands to make little and ineffectual.
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • increase [inkríːs] : 「増加、増大、増進、増殖」
  • limit [límit] : 「限度、制限、境界、端」
  • demand [dimǽnd] : 「求める、要求する」
  • represent [rèprizént] : 「〜を表す、描く、描写する、意味する、象徴する、示す」
  • demand [dimǽnd] : 「要求、必要、要望、ねだり」
  • ineffectual [ìnifékt∫u(ə)l] : 「効果のない、無駄な、無力な」
❖ "Love would always ~ "「愛は常に、拡張増大を与えてくれるものだ」。"Limits are demanded ~ "「制限はエゴによって求められるものであり、」"and represent its demands ~ "「小さくし、無力にしてしまおうというエゴの要求を表している」。したがって、実相世界においてあなたのパワーを使用すれば、その愛の力で拡張増大し、逆に、あなたのパワーを幻想世界で使えば、エゴの要求によって、あなたのパワーは無力化される。神のパワーを失ってしまった神の子の姿が、今の我々なのである。



Limit your sight of a brother to his body, which you will do as long as you would not release him from it, and you have denied his gift to you. His body cannot give it. And seek it not through yours.
  • sight [sáit] : 「視界、景色、光景、視覚、視」
  • as long as : 「〜さえすれば、〜する限り、〜である限りは」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ、離す」
  • deny [dinái] : 「〜に…を与えない、〜を否定する、否認する」
  • deny B to A : 「AにBを与えない」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
❖ "Limit your sight of ~ "「同胞を見るあなたの視界を、同胞の肉体だけに制限してごらんなさい」。"which you will do ~ "「あなたが同胞を肉体から解放してあげない限り、あなたは同胞を肉体として見ることになるのだが、」"and you have denied ~ "「そうすれば、あなたは同胞からの贈り物の受け取りを拒絶することになるのだ」。自他一如によって、あなたが同胞に与える贈り物を、あなたが同胞から受け取ることになる。したがって、あなたが同胞を心として見て、その心を解放してやれば、同胞もまた、あなたを心として見て解放してくれるのである。それが贈り物である。しかし、あなたが同胞を肉体と見る限り、"His body cannot ~ "「同胞の肉体は贈り物を与えることは出来ない」。同胞の肉体はあなたの心を解放することは出来ないのだ。いったい、幻想の肉体が実相の心を解放出来るだろうか。"And seek it not ~ "「そして、あなたの肉体を通して、贈り物を見つけようとしてはいけない」。あなたの肉体を通しても、当然、心の解放は得られない。



Yet your minds are already continuous, and their union need only be accepted and the loneliness in Heaven is gone.
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み、前々から」
  • continuous [kəntínjuəs] : 「連続的な、持続的な、継続する」
  • union [júːnjən] : 「結合、合併、融合、団結」
  • accept [əksépt] : 「承認する、承服する、認める、容認する」
  • loneliness [lóunlinəs] : 「 孤独、寂しさ、独りぼっち」
❖ "Yet your minds are ~ "「しかし、あなたと同胞の心はすべてに連続している」。多くの心は肉体の中に閉じ込められ分断されているかに見えるが、本当はすべての心は連続しており、実相世界では、神の子の心は単一である。"and their union need ~ "「その心の結合は受け入れられることだけを必要としている」。つまり、心の結合のために特別なことをする必要はなく、ただ認識されさえすればいい。"and the loneliness ~ "「そうすれば、天の王国における孤独など消えてしまうのである」。したがって、天の王国には孤独は存在しない。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp