●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-15.IV.9:1 ~ T-15.V.1:7

9. The necessary condition for the holy instant does not require that you have no thoughts that are not pure.

  • necessary [nésəsèri] : 「必要な、必須の、欠くことのできない」
  • condition [kəndí∫n] : 「事情、条件、前提、状態、状況」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • require [rikwáiə(r)] : 「〜を必要とする、求める」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思考、思索、熟考、考え、見解」
  • pure [pjúə(r)] : 「純粋な、清潔な、清らかな、きれいな」
❖ "The necessary condition ~ "「聖なる瞬間のための必要条件は、あなたが純粋ではない思考を持っていないことを、要求なこととしていない」。あなたが聖なる瞬間を手に入れるために、心の思いが純粋でなくてもいい。心が純粋でなくても、聖なる瞬間に立ち会えるのである。しかし、無条件であるわけではない。



But it does require that you have none that you would keep. Innocence is not of your making.
  • keep [kíːp] : 「〜を持ち続ける、保持する」
  • innocence [ínəs(ə)ns] : 「無罪、潔白、無邪気、無垢、純潔、純真」
❖ "But it does require ~ "「しかし、聖なる瞬間のための必要条件は、あなたが保持したいと願うものを持たないことを求める」。あなたが保持したいと願うものとは、簡単に言えば、幻想世界であなたが価値ありと認めたもの。あるいは、単に、エゴの思考システム。それを捨てることが必要条件である。"Innocence is not ~ "「純粋性は、あなたが作り出せるものではないのだ」。だから、聖なる瞬間はそれを必要条件とはしない。



It is given you the instant you would have it. Atonement would not be if there were no need for it.
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • Atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
❖ "It is given you ~ "「純粋性は、あなたがそれを持ちたいと思った瞬間に与えられるものなのである」。"Atonement would not be ~ "「贖罪は、それが必要とされなくなったとき、なくなっていまう」。贖罪、すなわち、完全な無辜(むこ)性の受け入れは、受け入れられ、贖罪が完了した時点で、それはもはや必要がなくなってしまうので、贖罪は存在しなくなる。消極的な意味で必要なくなると言っているのではなく、積極的な意味で、そうなるのである。



You will not be able to accept perfect communication as long as you would hide it from yourself. For what you would hide is hidden from you.
  • be able to : 「〜することができる、〜し得る、〜が可能である」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完璧な、完全な」
  • communication [kəmjùːnikéi∫n] : 「伝達、通信、連絡、交信」
  • as long as : 「〜さえすれば、〜する限りは、〜である限りは」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • hidden [hídn] : 「hideの過去分詞形」
❖ "You will not be ~ "「あなたが完全なコミュニケーションをあなた自身から隠そうと思う限り、あなたは完全なコミュニケーションを受け入れることは出来ないであろう」。"For what you would ~ "「なぜなら、あなたが隠したいと思うものは、あなたの目から隠されるからだ」。どちらも、回りくどい言い方をしているのだが、要するに、完全なコミュニケーションを、つまり、実相世界の神とのコミュニケーションをあなたが心から望まない限り、完全なコミュニケーションは成立しない、ということ。それを避けようとしている限り、当たり前であるが、神とコミュニケートすることは出来ないのだ。



In your practice, then, try only to be vigilant against deception, and seek not to protect the thoughts you would keep to yourself.
  • practice [prǽktis] : 「実践、実行、履行、練習、訓練、演習」
  • try [trái] : 「試す、やってみる、試みる、企てる」
  • vigilant [vídʒ(ə)l(ə)nt] : 「油断がない、用心深い、慎重な、気を配っている」
  • deception [disép∫n] : 「だますこと、うそ、ごまかし、詐欺、偽装」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思考、思索、熟考、考え、見解」
  • keep [kíːp] : 「〜を持ち続ける、保持する」
  • to oneself : 「自分だけに、独占して」
❖ "In your practice ~ "「そこで、実践する中で、」何を実践するのかというと、聖なる瞬間を手にいてるための実践、あるいは、神とのコミュニケーションを再開するための実践、簡単に言えば、このACIMを実践する中で、ということ。"try only to be ~ "「ごまかしはないかと警戒することだけを試みなさい」。"and seek not to ~ "「そして、あなただけの心にしまっておきたいと思うような思考を守ろうとしてはいけない」。エゴの思考システムに騙されてしまわないように警戒し、隠しておきたい罪の意識を守ろうとしてはいけない。



Let the Holy Spirit's purity shine them away, and bring all your awareness to the readiness for purity He offers you.
  • purity [pjú(ə)rəti] : 「清らかさ、純正、汚れのないこと、純粋、清潔」
  • shine [∫áin] : 「輝く、光る」
  • bring [bríŋ] : 「〜を連れて来る、〜を持って来る」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • readiness [rédinəs] : 「用意ができていること、準備ができていること」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
❖ "Let the Holy Spirit's purity ~ "「ごまかしや隠しておきたい気持ちを、ホーリー・スピリットの純粋さの輝きで追いやってもらいなさい」。"and bring all your awareness ~ "「そして、ホーリー・スピリットがあなたに差しだしてくれる純粋さを受け取る心の準備をしておきなさい」。"bring all your awareness to ~ "ここの部分であるが、「あなたの全意識を準備にもって行きなさい」ということで、「〜のための心の準備をしておくように」という意味合いに訳してみた。



Thus will He make you ready to acknowledge that you are host to God, and hostage to no one and to nothing.
  • thus [ðʌ́s] : 「このようにして、こんなふうに、上に述べたように」
  • ready [rédi] : 「用意ができた、準備が整った」
  • acknowledge [əknɑ́lidʒ] : 「認める、承認する、同意する、認識する、受け入れる」
  • host [hóust] : 「主人、宿主、もてなす者」
  • hostage [hɑ́stidʒ] : 「人質」
❖ "Thus will He make ~ "「このようにして、ホーリー・スピリットはあなたに、that以下を認識する準備を整えさせるであろう」。"that you are host ~ "「あなたは神のホスト役であって、誰の人質でもなければ、何の人質でもないこと」を認識する準備を整えさせるであろう。簡単に言えば、ホーリー・スピリットは、あなたはエゴの人質でも奴隷でもなく、神の創造した神の子なのだと認識されるのである。





V. The Holy Instant and Special Relationships
聖なる瞬間と特別な関係



1. The holy instant is the Holy Spirit's most useful learning device for teaching you love's meaning.
  • useful [júːsfl] : 「役立つ、実用的な、有用な、有益な」
  • learning [lə́ː(r)niŋ] : 「習うこと、学ぶこと、学習」
  • device [diváis] : 「機器、装置、道具、手段、仕掛け、工夫」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義」
❖ "The holy instant is ~ "「聖なる瞬間は、あなたに愛の意味を教える上での、ホーリー・スピリットが持っている最も有益な学びのための補助装置である」。ホーリー・スピリットは聖なる瞬間を利用して、あなたに愛の意味を教えてくれる。もちろん、ここで言う愛とは、嫌悪という対極概念を持たない純粋な愛、実相世界の愛のことである。ところで、"learning device"を「学びのための補助装置」と訳したが、簡単に言えば、教材のことである。ホーリー・スピリットは、聖なる瞬間を教材に使って、あなたに愛の意味を教えてくれるわけである。



For its purpose is to suspend judgment entirely. Judgment always rests on the past, for past experience is the basis on which you judge.
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • suspend [səspénd] : 「一時的に止める、一時停止する、延期する、保留する」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、意見、分別」
  • entirely [entáiə(r)li] : 「全く、完全に、全体に、ひたすら」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • rest on : 「〜にある、〜に存在する」
  • past [pǽst] : 「過去、昔」
  • experience [ikspí(ə)riəns] : 「経験、体験」
  • basis [béisis] : 「土台、基礎、基盤、基準、原理、根拠、理由」
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「〜を判断する、〜を裁く」
❖ "For its purpose is ~ "「なぜなら、その目的は、判断を完全に停止することであるからだ」。ホーリー・スピリットが愛の意味を教える目的は、愛を判断するな、ということ、。つまり、愛を理性で解釈してはいけない、ということであろう。もっと積極的に言うなら、実相世界には判断ということが存在しない。理性的判断は存在しないのである。叡智による直覚だけがある。したがって、ホーリー・スピリットの目的は、その叡智による直覚をあなたに教えることである、と言い換えられるだろう。"Judgment always rests ~ "「判断は常に、過去に居座る」。"for past experience ~ "「なぜなら、過去の経験は、あなたが判断をする基準になっているからだ」。過去の経験を積み重ねた上にあなたの理性は育ち、その理性が判断を下すわけだから、過去の経験が判断を左右するわけである。ところで、ACIMは過去は存在しないと教える。では、あなたの理性は、存在もしない過去を基盤にして判断をしていることになる。いったい、そんな判断に確実性はあるのか? つまり、永遠不変なる真実の判断が下せるだろうか? 



Judgment becomes impossible without the past, for without it you do not understand anything.
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
❖ "Judgment becomes ~ "「判断は、過去なしでは不可能になってしまう」。"for without it you do not ~ "「なぜなら、過去なしでは、あなたは何も理解できないからだ」。あなたの理解は理性的判断に依存し、理性的判断は過去の経験に依存している。したがって、理解は過去に依存している。



You would make no attempt to judge, because it would be quite apparent to you that you do not understand what anything means.
  • attempt [ətém(p)t] : 「試み、企て」
  • make no attempt to : 「〜しようとしない」
  • quite [kwáit] : 「すっかり、全く、完全に」
  • apparent [əpǽr(ə)nt] : 「明らかな、明白な」
❖ ここは後ろから訳す、"because it would be ~ "ここは"it ~ that ~ "の構文で、「(過去なしでは、)ある事柄が何を意味しているか、あなたが理解できないことは、まったくもって明らかであるから、」"You would make no ~ "「あなたは、判断しようなどとは思わない」。過去がなければ、判断を諦めるのである。したがって、過去が単なる幻想であると知れば、おのずと判断は消滅する。



You are afraid of this because you believe that without the ego, all would be chaos.
  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する、信頼する」
  • chaos [kéiɑs] : 「無秩序、混乱状態、混沌」
❖ "You are afraid ~ "しかし、「あなたは、このことを恐れている」。"because you believe ~ "「なぜなら、あなたは、エゴなしではすべてが渾沌としてしまうだろうと信じているからだ」。ここまで来れば、理性的判断を司っている張本人はエゴであることがわかる。エゴには叡智がない。実相世界の実在ではないからだ。したがって、エゴは過去に依存し、過去の経験に依拠して理性的判断を下さざるを得ないのである。そして、あなたは、エゴの理性的判断のおかげで、かろうじて混乱が回避できていると信じている。決して理性的判断を捨てようとはしない。つまり、エゴの思考システムを放棄しようとはしないのだ。したがって、ホーリー・スピリットは、まさにここを改革しようとしているわけである。



Yet I assure you that without the ego, all would be love.
  • assure [ə∫úə(r)] : 「保証する、断言する、〜を確実にする、確保する」
❖ "Yet I assure you ~ "「しかし、私は、エゴがいなければすべては愛なのだと、保証する」。渾沌を生み出しているのは、実はエゴであって、エゴが消滅すれば、愛だけが残るのである。それをイエスはあなたに保証している。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp