●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-15.IV.1:1 ~ T-15.IV.2:8

 

IV. Practicing the Holy Instant
聖なる瞬間を実践すること
 

 
1. This course is not beyond immediate learning, unless you believe that what God wills takes time.
  • course [kɔ́ː(r)s] : 「課程、講座、科目、単位」
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の域を越えて、〜を超越して、〜の向こうに」
  • immediate [imíːdiət] : 「即時の、即座の、即刻の、迅速な」
  • learning [lə́ː(r)niŋ] : 「習うこと、学ぶこと、学習」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて、もし〜でなければ」
  • take time : 「時間がかかる」
❖ ここは後ろから訳す、"unless you believe that ~ "「あなたが、神が意図したことは時間がかかると信じていないかぎりにおいて、」"This course is not ~ "直訳すると、「このコースは、即時的に学習できることを超越してはいない」。つまり、すぐ学び取ることが出来る、ということ。このACIMを学ぶことは、あなたの心の中に住む神の意思であるから、時間などかからない。なぜなら、神に時間はないからだ。実相世界は無時間である。



And this means only that you would rather delay the recognition that His Will is so.
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • rather [rǽðə(r)] : 「いくぶん、やや、多少、どちらかといえば」
  • delay [diléi] : 「〜を遅らせる、延期する、滞らせる」
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証、真価を認めること」
❖ "And this means only ~ "「そして、時間がかかると信じていることはthat以下を意味しているに過ぎない」。"that you would ~ "「神が意思することは時間を超越していると認めることを、あなたが遅らせようとしている」だけだということを意味しているに過ぎない。時間がかかるのは神ではなく、あなたの認識の方である。結果的に、このコースを学ぶのには時間がかからないが、コースを学ぼうと思うのに時間がかかるのである。



The holy instant is this instant and every instant. The one you want it to be it is.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
❖ "The holy instant is ~ "「聖なる瞬間とは、この一瞬であり、一瞬一瞬が聖なる一瞬なのである」。"The one you want it ~ "「あなたが聖なる一瞬になって欲しいと思う一瞬が、聖なる瞬間なのである」。ここの"it"は"the instant"「瞬間」であり、"The one"は聖なる瞬間のことである。



The one you would not have it be is lost to you. You must decide when it is. Delay it not.
  • lost [lɔ́(ː)st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • be lost to : 「〜に無感覚である、〜に失われている、〜のものではない」
  • decide [disáid] : 「決定する、決心する、決意する」
  • delay [diléi] : 「〜を遅らせる、延期する、滞らせる」
❖ "The one you would ~ "「聖なる一瞬になって欲しいと思わない瞬間は、あなたに無関係なものである」。聖なる瞬間になって欲しいと思わないような時間は、あなたにとってどうでもいい時間である。"You must decide ~ "「あなたは、聖なる瞬間がいつであるか、決定しなくてはならない」。あなたが、この一瞬こそ聖なる瞬間であると決定したとき、その一瞬が聖なる瞬間になる。"Delay it ~ "「決定を遅らせてはならない」。



For beyond the past and future, where you will not find it, it stands in shimmering readiness for your acceptance.
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の向こうに、〜を越えて、〜の域を越えて、〜を超越して」
  • past [pǽst] : 「過去、昔」
  • future [fjúːt∫ə(r)] : 「未来、将来」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
  • stand [stǽnd] : 「立っている、立つ」
  • shimmer [∫ímə(r)] : 「チラチラ光る、揺らめく」
  • readiness [rédinəs] : 「用意ができていること、準備ができていること」
  • acceptance [əksépt(ə)ns] : 「受け入れること、承諾、承認、容認」
❖ "For beyond the past ~ "「なぜなら、過去と未来を超越して、」"where you will ~ "「もっとも、過去と未来においては聖なる一瞬は見つからないのだが、」"it stands in ~ "「聖なる瞬間は、あなたの受け入れ準備が整うことががゆらゆらと光を投げかけている中、そこに立って待っている」。なんとも、へたくそな訳で我ながらがっかりするが、聖なる瞬間は、あなたがそれを受け入れるのを、身を熱くして待っているのである。その聖なる瞬間は過去にも未来にも見い出せはしない。今、このとき、この瞬間を聖なる瞬間に変えなくてはならないのである。



Yet you cannot bring it into glad awareness while you do not want it, for it holds the whole release from littleness.
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れてくる」
  • glad [glǽd] : 「うれしい、喜びの、喜ばしい」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • while [(h)wáil] : 「〜の間ずっと、〜する間に、その間に」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除、免除」
  • littleness : 「小さいこと、卑小さ、小ささ」
❖ "Yet you cannot bring it ~ "直訳すると、「〜である間は、あなたは、聖なる一瞬を喜びの意識の中にもってくることは出来ない」。つまり、喜びの気持ちを抱いて聖なる瞬間を迎えることが出来ない、ということ。"while you do ~ "「あなたが聖なる瞬間を望まない間は、」喜びの気持ちを抱いて聖なる瞬間を迎えることは出来ない。"for it holds the whole ~ "直訳すると、「なぜなら、聖なる瞬間は卑小さからの完全な解放を保持しているからだ」。つまり、聖なる瞬間は、あなたの卑小さを完全に解放してくれる力を有しているのであるが、その聖なる瞬間を望まない限り、あなたの心は卑小さから解放されずに、したがって、心から喜ぶ気持ちになれないのだ。



2. Your practice must therefore rest upon your willingness to let all littleness go.
  • practice [prǽktis] : 「練習、訓練、演習、実践、実行、履行」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • rest [rést] : 「ある、置かれている」
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、いとわずにすること、快くすること」
❖ "Your practice must ~ "「したがって、あなたの実践は、すべての卑小さを追いやってしまいたいと思う意欲にかかっているに違いない」。聖なる瞬間を実体験出来るかどうかは、卑小さから解放されたいと願うあなたの意欲次第である。聖なる瞬間を望む前に、卑小さからの開放を熱く望まなくてはならない。



The instant in which magnitude dawns upon you is but as far away as your desire for it.
  • magnitude [mǽgnət(j)ùːd] : 「偉大さ、重要さ、重要性」
  • dawn [dɔ́ːn] : 「明ける、明るくなる、分かり始める、見え出す」
  • desire [dizáiə(r)] : 「欲望、欲求、願望、念願」
❖ "The instant in which ~ "意訳すると、「あなたの偉大さがわかり始める瞬間は、あなたが偉大さを求めるとすぐにでもやっている」。聖なる瞬間が訪れる時間的遠さと、あなたが実現を望む時間的遠さが等しいと表現しているわけだ。したがって、あなたが望みさえすれば、すぐにでも叶う、という意味合いになる。



As long as you desire it not and cherish littleness instead, by so much is it far from you.
  • as long as : 「〜する限りは、〜である限りは、〜する以上は」
  • cherish [t∫éri∫] : 「〜を大事にする、大切にする」
  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ、そうしないで」
❖ "As long as you desire ~ "「あなたが偉大さに目覚める聖なる瞬間を望む代わりに卑小さを大事にする限り、」"by so much is it ~ "ここの"by"は「〜の割合で、〜の量に応じて」といった意味合いで、「あなたが卑小さを大事にする度合いに応じて、その聖なる瞬間は、あなたからどんどん遠くなるのだ」。



By so much as you want it will you bring it nearer. Think not that you can find salvation in your own way and have it.
  • near [níə(r)] : 「近い、近くにある、接近した、近接した」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす、捜し出す」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • in one's own way : 「自己流に、自分なりに、自分流儀に、自分なりのやり方で」
❖ "By so much as ~ "「聖なる瞬間をあなたが望む度合いに応じて、あなたは聖なる瞬間を近くに引き寄せるのであろう」。"Think not that you can ~ "「自分の流儀で救いを見いだし、その救いをものに出来るなどと考えてはいけない」。ACIMの絶対他力性。ACIMでは、ホーリー・スピリットに他力することは、あなたの力のなさを示すことではなく、まったく逆に、他力しないことの方があなたの卑小さを示すのである。あなた自身の罪の意識からの救済、解放は、自分の流儀で行ってはいけないのである。不可能であることも理由の一つであるが、より積極的に言えば、そうすることは逆方向へ進むことになってしまうからだ。つまり、エゴの思考システムへと進むことになってしまうのである。



Give over every plan you have made for your salvation in exchange for God's.
  • give over : 「明け渡す、引き渡す、譲る、任せる、諦める、やめる」
  • exchange [ikst∫éin(d)ʒ] : 「換えること、交換」
  • in exchange for : 「〜と交換に、〜の代わりに」
❖ "Give over every plan you ~ "「神のプランに代えて、あなた自身の救済のための自分で作ったプランを、すべて放棄しなさい」。神の作った救済計画に絶対他力すべきである。



His will content you, and nothing else can bring you peace. For peace is of God, and no one beside Him.
  • will : 「意志力、精神力」
  • content [kəntént] : 「〜を満足させる」
  • beside [bisáid] : 「はずれて」
❖ "His will content ~ " 「神の意思はあなたを満足させる」。"and nothing else ~ "「そして、それ以外のものはあなたに平和をもたらすことは出来ない」。"For peace is ~ "「なぜなら、平和とは神のものであり、神をおいて外にないのであるから」。実相世界の真の平和とは、争いという対極概念をもたない純粋な平和のことであって、神の創造したものである。したがって、平和は神のものであって、あなたの平和は神がもたらしてくれるのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp