●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-15.III.1:1 ~ T-15.III.2:6

 
 

III. Littleness versus Magnitude
卑小さと偉大さ
 
 
 
1. Be not content with littleness. But be sure you understand what littleness is, and why you could never be content with it.
  • content [kəntént] : 「満足している」
  • be content with : 「〜に満足して、〜に甘んじて」
  • littleness [lítlnis] : 「小さいこと」
  • sure [∫úə(r)] : 「確信して、確信している、固く信じている」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する」
❖ "Be not content ~ "「卑小さに満足してはいけない」。"But be sure you ~ "「しかし、卑小さとは何なのか、そして、なぜあなたは卑小さに決して満足できないのか、理解していると確信を持てるようにしなさい」。



Littleness is the offering you give yourself. You offer this in place of magnitude, and you accept it.
  • offering [ɔ́ːfəriŋ] : 「贈り物、ささげ物、奉納の品、いけにえ」
  • in place of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
  • magnitude [mǽgnət(j)ùːd] : 「偉大さ、重要さ、重要性」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
❖ "Littleness is the offering ~ "「卑小さとは、あなたが自分自身に与えた捧げ物である」。あなたは、自分で自分を卑小なもの、取るに足らぬ者と決めつけたのである。"You offer this ~ "「あなたは、偉大さに取って代わってこの卑小さを(自分に)捧げ、それを受け入れたのだ」。自分が神によって創造された神の子であると信じられない状態が、卑小さの根本的な原因となる。さらに、神を裏切って神から分離したという罪の意識が、自分は神から見捨てられるに値するという思いにつながる。虫けらにも劣る存在だと感じるのである。その上、科学的正当性という名目で、自分が猿から進化した動物に過ぎないとする自己評価も卑小さの原因になっている。



Everything in this world is little because it is a world made out of littleness, in the strange belief that littleness can content you.
  • out of : 「〜から作り出して、〜を材料として」
  • strange [stréin(d)ʒ] : 「奇妙な、変わった、変な」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条」
  • in the belief that : 「that以下だと信じて」
  • content [kəntént] : 「〜を満足させる」
❖ "Everything in this ~ "「この(幻想)世界のすべてのものは卑小である」。"because it is ~ "「なぜなら、この世界は卑小さから作られているからである」。"in the strange belief ~ "「卑小さはあなたを満足させることが出来るという奇妙な信念に基づいて、」この世界は卑小さから作られているからである。神からの分離による罪の意識と、神から罰せられるに違いないとする恐れが、神の子の心を乖離させ、エゴという別人格を作り上げて自己同一化し、幻想の世界を心の外部に投射して、具象的、物質的世界を構築した。その幻想、錯覚、夢が、この幻想世界、この世である。したがって、この世界は、神の子の卑小さが原因で誤創造されたものだと言えるのである。



When you strive for anything in this world in the belief that it will bring you peace, you are belittling yourself and blinding yourself to glory.
  • strive [stráiv] : 「努力する、努める、奮闘する、励む」
  • strive for : 「〜のために懸命に努力する、〜を得ようと努力する、〜を得ようと奮闘する」
  • in the belief that : 「that以下だと信じて」
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を持って来る」
  • belittle [bilítl] : 「〜を見くびる、〜を軽く扱う、〜をけなす」
  • blind [bláind] : 「〜を失明させる、〜を盲目にする、〜の目をくらませる」
  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、称賛、名誉、誇り、壮観、荘厳」
❖ "When you strive for ~ "「この世界の何かがあなたに平和をもたらしてくれると信じて、その何かをあなたが追い求めるとき、」"you are belittling ~ "「あなたはあなた自身を軽々しく扱い、栄光から目を背けているのである」。俗世間の名誉や地位や金、愛欲、権力、等々を、それが心の平和を与えてくれるだろうと信じて追い求めるとき、あなたは、自分が神の子であるという栄光を忘れているのだ。実相を知らずに、幻想を追い求めているからである。なぜなら、俗世間の名誉や地位や金、愛欲、権力、等々はすべて、疑いなく幻想に過ぎないからだ。全き錯覚である。



Littleness and glory are the choices open to your striving and your vigilance.
  • choice [t∫ɔ́is] : 「選ぶこと、選択、選択の権利、選択の自由」
  • strive [stráiv] : 「努力する、努める、奮闘する、励む」
  • vigilance [vídʒ(ə)l(ə)ns] : 「警戒、用心」
❖ "Littleness and glory are ~ "直訳すると、「卑小さと偉大さは、あなたの努力と警戒に対して開かれた選択である」。つまり、卑小さと偉大さのどちらかを維持しようと努力したり、あるいは失うことに警戒したりするのは、あなたの選択に任されている、ということ。あなたは卑小なままにとどまることも出来るし、偉大さに目覚めることも出来る。あなたは自由意思で選べるのである。もっとはっきり言えば、どちらかを選ばねばならないのである。さて、あなたはどちらを選ぶのか? 



You will always choose one at the expense of the other.
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「常に、いつでも」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • at the expense of : 「〜を犠牲にして、〜を使って」
❖ "You will always choose ~ "「あなたは常に、一方を犠牲にして他方を選択することになるだろう」。偉大さを捨てて卑小さにとどまるか、卑小さを捨てて偉大さに復帰するか、あなたは常に選択しながら生きて行くのである。神があなたに自由意思を与えた必然である。



2. Yet what you do not realize, each time you choose, is that your choice is your evaluation of yourself.
  • realize [ríːəlàiz] : 「 〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • each time : 「〜するたびに、いちいち、毎回」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • choice [t∫ɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • evaluation [ivæ̀ljuéiʃən] : 「評価、見積もり、値を求めること、評定」
❖ "Yet what you do ~ "「しかし、あなたが選択する度に、あなたが気付いていないことと言ったら、それは」"that your choice is ~ "「あなたの選択は、あなた自身への評価なのだということである」。あなたが幻想世界のくだらぬものを選択すれば、それはあなた自身を卑小なものと評価したことになり、あなたが実相世界の真実を選択すれば、あなたは自分を偉大な神の子であると評価したことになる。



Choose littleness and you will not have peace, for you will have judged yourself unworthy of it.
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「〜を判断する、〜を裁く、裁判する」
  • unworthy [ʌnwə́ː(r)ði] : 「〜に値しない、値打ちのない」
❖ "Choose littleness ~ "「卑小さを選んで見なさい」。"and you will ~ "「そうすれば、あなたは平和を得られないであろう」。"for you will have ~ "「なぜなら、あなたはあなた自身を、平和に値しないと判断したことになるから」。卑小である者に真の平和は値しない。きらびやかな虚偽の平和が似つかわしい。



And whatever you offer as a substitute is much too poor a gift to satisfy you.
  • whatever [(h)wʌtévə(r)] : 「〜するのは何でも」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • substitute [sʌ́bstət(j)ùːt] : 「代わりのもの、代用品、代替、代理人」
  • poor [púə(r)] : 「貧しい、乏しい、金がない、困窮して」
  • satisfy [sǽtisfài] : 「〜を満足させる、納得させる、満たす、充足させる」
❖ "And whatever you ~ "ここは"~ too ~ to ~ "の構文、あまりにも〜なので〜できない、「そして、あなたが代わりとして差し出すものは何でも、あなりに貧弱すぎる贈り物なので、あなたを満足させることが出来ない」。実相世界の真実の代わりとして、幻想世界の何を選択したとしても、あなたの偉大さを取り戻すことは出来ない。簡単に言えば、どんなにリアルな餅の絵を描いたとしても、あなたの腹は満たされないのだ。卑小さを消すために、卑小さで出来上がった幻想世界の何ものを持ってきても、卑小さを払拭することは出来ない。



It is essential that you accept the fact, and accept it gladly, that there is no form of littleness that can ever content you.
  • essential [isén∫l] : 「絶対必要な、必須の、本質の、本質的な」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • fact [fǽkt] : 「事実、現実、真実、実際、真相」
  • gladly [glǽdli] : 「喜んで」
  • form [fɔ́ː(r)m] : 「形、外形、姿、体つき、外見、種、種類、型」
  • content [kəntént] : 「〜を満足させる」
❖ "It is essential that ~ "「that以下は絶対必要である」。"that you accept ~ "「あなたがthat以下の事実を受け入れること、喜んで受け入れることは」絶対必要である。"that there is no form ~ "「あなたを満足させ得る卑小さの形など何もないのだ」という事実。卑小さがどんなに姿形を変えたとしても、決してあなたの心を満たしはしない。



You are free to try as many as you wish, but all you will be doing is to delay your homecoming.
  • be free to : 「自由に〜できる、〜するのは勝手だ」
  • as many as : 「〜するだけの数のもの、〜と同数のもの、〜もの数の」
  • wish [wí∫] : 「望む」
  • delay [diléi] : 「〜を遅らせる、延期する、滞らせる」
  • homecoming : 「帰宅、帰郷、帰国」
❖ "You are free to ~ "「やりたいくらいやるのは、あなたの勝手だが、」"but all you will be ~ "「そうすることのすべては、あなたの帰郷を遅らせるだけのことだ」。幻想世界に執着することはあなたの勝手であるが、その分、実相世界への回帰が遅くなるのである。卑小さにこだわるのは自由だ。しかし、そんなものは捨ててしまって、本来の偉大さへ回帰する旅に出るべきではないだろうか。



For you will be content only in magnitude, which is your home.
magnitude
content [kəntént] : 「満足している」
magnitude [mǽgnət(j)ùːd] : 「偉大さ、重要さ、重要性 、大きいこと」
❖ "For you will be ~ "「なぜなら、あなたは、偉大さにのみ満足するであろうからだ」。"which is your ~ "「そして、その偉大さこそが、あなたの故郷なのである」。その故郷にこそ、回帰すべきではないだろうか。その旅に出る時はすでに満ちているはずだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp