●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-14.IX.8:1 ~ T-14.X.1:7

8. The response of holiness to any form of error is always the same.

  • response [rispáns] : 「応答、感応、反応、返答、回答」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • form [fɔ́ː(r)m] : 「形、外形、構造、姿、現れ」
  • error [érə(r)] : 「誤り、間違い、ミス、過失」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • same [séim] : 「同じ、同一」
❖ "The response of holiness ~ "「いかなる形の過ちに対しても、神聖さのとる反応はいつも同じである」。



There is no contradiction in what holiness calls forth. Its one response is healing, without regard for what is brought to it.
  • contradiction [kὰntrədíkʃən] : 「矛盾、不両立、反対、否定」
  • call forth [fɔ́ː(r)θ] : 「〜を生じさせる、〜を引き出す、呼び起こす」
  • regard [rigáː(r)d] : 「関連、関心、考慮、注意、注視」
  • without regard for : 「〜を気にせずに、〜を問わず、〜などお構いなしに、〜にこだわらずに」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bring の過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を持って来る」
❖ "There is no contradiction ~ "「神聖さが生み出すものの中に、矛盾は一つもない」。"Its one response is ~ "「その唯一の反応はヒーリングである」。"without regard for what ~ "「たとえ神聖さの元に何が持ち込まれようとも」。どんな悩み苦しみが神聖さの元に持ってこられようとも、神聖さはひたすらそれをヒーリングする。ヒーリングするかどうかの選択や判断などしない。たとえ、相手が悪人でも善人でも。神聖さとは完全平等であり、例外を作らない。万人に光を注ぐ。ヒーリング・パワーという光である。



Those who have learned to offer only healing, because of the reflection of holiness in them, are ready at last for Heaven.
  • learn [lə́ː(r)n] : 「知る、学ぶ」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • because of : 「〜のために、〜のせいで
  • reflection [riflék∫n] : 「反射、反映、現れ」
  • ready [rédi] : 「支度が整った、覚悟ができた、用意ができて」
  • be ready for : 「いつでも〜する状態になって、準備が整って」
  • at last : 「ついに、とうとう、やっと、ようやく」
❖ "Those who have ~ "「ヒーリングだけを差し出すことを学んだ者は、」"because of the reflection of ~ "「彼らの心の中の神聖さの表れなのだから、」"are ready at last ~ "「ついに、天の王国への準備が整ったと言える」。ヒーリングとは神聖さの表れである。あなたがヒーリングの仕方をマスターしたのなら、それはあなたが神聖であることの証拠であるから、あなたは神聖なる天の王国への切符を手にすることが出来たことを示している。しかし、ここではむしろ逆の言い方をした方がいいだろう。つまり、あなたが贖罪を果たし、自分の神聖さに気づいてその贖罪と神聖さを同胞にも分け与えたいと思うとき、あなたは初めてヒーリングのパワーが自分に備わっていることを自覚し、同時に同胞をヒーリングすることでその神聖さを分かち合うことで、あなたと同胞は天の王国へ回帰できるチャンスに巡り会えたのだ、と。



There, holiness is not a reflection, but rather the actual condition of what was but reflected to them here.
  • rather [rǽðə(r)] : 「どちらかといえば、むしろ」
  • actual [ǽkt∫u(ə)l] : 「実在の、現実の、実際の」
  • condition [kəndí∫n] : 「事情、条件、状態、状況、様子」
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する、〜の像を映す」
❖ "There, holiness is not ~ "「天の王国では、神聖さは(何かの)反映としてあるのではない」。"but rather the actual ~ "「そうではなく、むしろ、この地上で彼らに反映させられたものの、実際の状態としてあるのだ」。さて、難解である。この幻想世界に住む神の子は、その心の最も純粋な部分に神聖さが宿っている。残念ながら、心全体が神聖である、という状態ではないのである。しかも、心は幻想の肉体に覆われ、神聖さは、いわば二重に隠された状態にある。したがって、神の子の神聖さは、肉体の中の心の、その中からわざわざ表に現れ出る必要があるのだ。神の子は自分の神聖さに気づき、それを表に反映させる必要があるのである(what was but reflected to them)。しかし、実相世界である天の王国においては、神の子はもはや肉体という覆いもなければ、心に闇もなく、いわば心全体に神聖さが宿った状態にある。その神聖さは表に反映させる必要などないのだ(holiness is not a reflection)。神聖さそのものが、そこに裸で実在している(the actual condition)、そういう状態にあるのだから。



God is no image, and his creations, as part of him, hold him in them in truth.
  • image [ímidʒ] : 「像、映像、イメージ、肖像、象徴、体現」
  • creation [kriéi∫n] : 「創作物、作品」
  • part [páː(r)t] : 「一部、部分」
  • in truth [trúːθ] : 「実のところ、実際」
❖ "God is no image"「神は決してイメージ(像)ではない」。神は具象的な形をもたない。純粋抽象、純粋想念である。"and his creations ~ "「そして、神の創造したものは、神の一部であるから、実際、彼らの内部に神を宿しているだ」。神は神の子を産みっぱなしにしない。神の子の心の中に、神を宿すのである。神の属性を継承させることで神を宿すと考えてもいいし、神の愛、神の命を神の子の心に埋め込むことで、神の子に神性を宿すと考えてもいい。したがって、神の子は神そのものである、と宣言してもいいのだ。なぜなら、神人一体なのだから。



They do not merely reflect truth, for they are truth.
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する、〜の像を映す」
❖ "They do not merely ~ "「彼らは真実を単に映し出しているのではない」。"for they are ~ "「なぜなら、彼らは真実そのものだからである」。ここの"truth"「真実」を"holiness"「神聖さ」に置き換えてみれば意味がはっきりするだろう。神の子は真実なるものを心に所有し、それを外部に表出させているのではない。神の子全体が真実であり、いわば、真実が裸のままでそこに実在しているのである。わざわざ真実を映し出す必要などない。
 
 
 
 
 
X. The Equality of Miracles
奇跡の平等性
 
 
 
1. When no perception stands between God and his creations, or between his children and their own, the knowledge of creation must continue forever.
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、知見、見識、感じ方」
  • stand [stǽnd] : 「立っている、立ち上がる、立つ」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間に」
  • creation [kriéi∫n] : 「創作物、作品」
  • knowledge [nálidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見」
  • continue [kəntínjuː] : 「続く、継続する、持続する」 forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "When no perception stands ~ "「神と神の創造したものの間に、あるいは、神の子と神の子自身が創造したものの間に、知覚なるものが立ちはだかることがなければ、」"the knowledge of creation ~ "「創造されたものの叡智は永遠に続くに違いない」。創造の主体と客体の間に、実相世界の叡智だけが存在し、叡智によって主体と客体が結ばれているなら問題は何も起きない。しかし、神の子は実相世界から幻想世界に転落するとき、叡智を失ってしまった。代わりに、肉体的、頭脳的な知覚を設け、理性的判断を基盤にして思考するようになった。この叡智になり損ねた知覚が問題となるのである。



The reflections you accept into the mirror of your mind in time but bring eternity nearer or farther.
  • reflection [riflék∫n] : 「反射、反映」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • bring [bríŋ] : 「〜を連れて来る、〜を持って来る」
  • eternity [itə́ː(r)nəti] : 「永遠、無限」
  • near [níə(r)] : 「近い、近くにある、接近した、近接した」
  • farther [fáː(r)ðə(r)] : 「さらに遠い、もっと遠い」
❖ "The reflections you ~ "「時間という枠組みの中にあって、あなたの心の鏡の中にあなたが認める反映が、永遠を近くに引き寄せもし、遠ざけもする」。あなたの叡智によって心の中の鏡に神の反映を認めるなら、あなたは永遠性に近づける。一方、あなたの知覚によって心の中の鏡にエゴの反映を認めるなら、あなたは永遠性から遠ざかることになる。エゴを知覚するなかれ、神を叡智で知れ、ということ。



But eternity itself is beyond all time. Reach out of time and touch it, with the help of its reflection in you.
  • beyond [bi(j)ánd] : 「 〜の域を越えて、〜を超越して」
  • reach [ríːt∫] : 「〜に手を差し出す、差し伸べる、手を伸ばす」
  • out of : 「〜から外へ、〜から抜け出して」
  • touch [tʌ́t∫] : 「〜に触れる、、〜に接する、〜に手をつける」
❖ "But eternity itself is ~ "「しかし、永遠とはそれ自体、すべての時間を超越している」。過去、現在、未来のすべての時間という枠組みを超越して、永遠は存在する。"Reach out of time and ~ "「時間という枠組みから抜け出して、手を伸ばし、永遠に触れなさい」。"with the help of ~ "「あなたの心の中の、永遠なるものの反映の助けを借りて、」永遠に触れなさい。あなたの心の中の鏡に映し出される神やホーリー・スピリットの反映を追い求め、その助けを借りて、実相世界の永遠性を引き寄せなさい、ということ。



And you will turn from time to holiness, as surely as the reflection of holiness calls everyone to lay all guilt aside.
  • turn [tə́ː(r)n] : 「方向を変える、曲がる、向きを変える」
  • surely [∫úə(r)li] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に」
  • as surely as : 「〜と同様に確かに」
  • lay [léi] : 「〜を横たえる、〜を置く」
  • lay aside : 「捨てる、放棄する、棚上げにする」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
❖ "And you will turn ~ "「そうすれば、あなたは、時間という枠組みから神聖なるものへと、大きく舵を切ることになろう」。"as surely as the reflection ~ "「それは、神聖なるものの反映が、すべての者にすべての罪を放棄するように呼びかけるのと同じくらい確かなことである」。ホーリー・スピリットはあなたに、罪の意識を捨てよと呼びかける。それが果たせたとき、あなたは時間を超越し、永遠なる実相世界に入って行くことが出来るのだ。



Reflect the peace of Heaven here, and bring this world to Heaven.
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する、〜の像を映す」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定、静けさ、沈黙」
  • bring [bríŋ] : 「〜を連れて行く、〜を持って行く」
❖ "Reflect the peace of ~ "「天の王国の平和を、この地上に反映させなさい」。"and bring this world ~ "「そうすることで、この世界を天の王国に持って行きなさい」。幻想世界のこの地上に、実相世界の真の平和を映し出し、幻想世界が消滅して、実相世界である天の王国がここに出現できるようにしなさい。



For the reflection of truth draws everyone to truth, and as they enter into it they leave all reflections behind.
  • draw [drɔ́ː] : 「〜を引く、引き込む、〜を引き付ける、引き寄せる」
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、置きっぱなしにする、置き忘れる」
  • behind [biháind] : 「後に、後ろへ、後ろ側に、背後に」
❖ "For the reflection ~ "「なぜなら、真実の反映は、すべての者を真実へと引き寄せるからであり、」"and as they enter into it ~ "「そして、彼らが真実へ入るとき、」"they leave all ~ "「彼らはすべての反映を後に残していくのだ」。真実なる実相世界へ入ったのだから、もはや真実の反映は必要ない。実相世界は至る所、真実だらけなのだから。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp