●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.VII.14:1 ~ T-13.VII.16:10

14. Whenever you are tempted to undertake a useless journey that would lead away from light, remember what you really want, and say:

  • Whenever [(h)wenévə(r)] : 「〜するときはいつでも、〜したときはすぐ」
  • tempt [tém(p)t] : 「〜を誘惑する、〜を唆す、〜する気にさせる」
  • undertake [ʌ̀ndə(r)téik] : 「企てる、始める、〜に着手する、〜に取り掛かる」
  • useless [júːsləs] : 「役に立たない、無用な、無駄な」
  • journey [dʒə́ː(r)ni] : 「旅、行路」
  • lead [líːd] : 「〜に通じている、ある結果に至る、導く、案内する」
  • away from : 「〜から離れて」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • really [ríː(ə)li] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」
❖ "Whenever you are ~ "「光から遠く離れていくような、役に立たない旅をしてみたい気持ちになったときはいつでも、」"remember what you ~ "「あなたは本当は何を望んでいるのか思い出し、そして次の様に言いなさい」。光の実相世界からどんどん離れていって、幻想の世界をさまよいたい欲望に駆られたら、あなたの心が本当に望むことを思い出す必要がある。



The Holy Spirit leads me unto Christ, and where else would I go? What need have I but to awake in him?
  • awake [əwéik] : 「目が覚める、起きる」
❖ "The Holy Spirit leads ~ "「ホーリー・スピリットが私をキリストへと導いてくれる」。"and where else ~ "「それ以外に、私の行きたい所があるだろうか」。"What need have ~ "「私がキリストに目覚める以外、何が必要だろうか」。キリストとは、あなたの心の中の一番神聖な部分であり、最も正し部分、最高の愛に満ちた部分のことである。キリストはホーリー・スピリットの顕現であり、こうして、神の子とキリストとホーリー・スピリットが重なり合うことになる。したがって、あなたがキリストに目覚めるとは、あなたの心の最も神聖な部分を知ることであり、あなた自身がキリストであることを認識することでもあるのだ。その認識に至らしめてくれるのがホーリー・スピリットである。



15. Then follow him in joy, with faith that he will lead you safely through all dangers to your peace of mind this world may set before you.
  • follow [fɑ́lou] : 「〜の後について行く、〜に従う、追随する」
  • in joy : 「うれしがって、うれしさのあまり、喜んで」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する、〜を連れていく」
  • safely [séifli] : 「安全に、支障なく、無事に」
  • through [θruː] : 「〜を通り抜けて、経て、〜の中を通って」
  • danger [déin(d)ʒə(r)] : 「危険、危機、危難」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • set [sét] : 「配置する、設定する」
❖ "Then follow him ~ "「そこで、喜んでホーリー・スピリットについて行きなさい」。"with faith that ~ "「that以下を信頼して、」ついて行きなさい。"that he will lead you ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたの心の平和に対するすべての危険をすり抜けて、あなたを安全に導いてくれるであろう」ことを信頼して。"this world may set ~ "先頭に関係代名詞"that"を補う、先行詞は"dangers"、「この世界があなたの前に置くであろう」すべての危険をすり抜けて。



Kneel not before the altars to sacrifice, and seek not what you will surely lose.
  • Kneel [níːl] : 「ひざまずく」
  • altar [ɔ́ːltə(r)] : 「祭壇、聖餐台」
  • sacrifice [sǽkrəfàis] : 「〜を犠牲にする、犠牲になる」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する、探求する」
  • surely [∫úə(r)li] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に、必ず」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
❖ "Kneel not before ~ "「犠牲を求める祭壇の前にひざまずいてはいけない」。"to sacrifice"は不定詞、形容詞的用法。"and seek not what ~ "「そして、あなたが確実に失うであろうものを探し求めてはいけない」。"what you will surely lose"「あなたが確実に失うであろうもの」とは、変化流動するもののことで、この世界の物質、金、名誉、地位、愛欲、等々のこと。真に求めなくてはならないのは、永遠不変のものであり、実相世界の愛、平和、喜び、創造、慈しみ、等々である。なお、「犠牲を求める祭壇」とは、要するにエゴの祭壇である。



Content yourself with what you will as surely keep, and be not restless, for you undertake a quiet journey to the peace of God, where he would have you be in quietness.
  • Content [kɑ́ntent] : 「 〜を満足させる」
  • content oneself with : 「〜に満足する」
  • surely [∫úə(r)li] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に」
  • restless [rés(t)ləs] : 「そわそわする、落ち着きのない、不安な」
  • undertake [ʌ̀ndə(r)téik] : 「企てる、始める、〜に着手する、請け負う」
  • quiet [kwáiət] : 「静かな、静粛な、平穏な、穏やかな、平和な」
  • journey [dʒə́ː(r)ni] : 「旅、行路」
  • have : 「に〜させる」
  • quietness [kwáiətnis] : 「静寂、静けさ、平穏」
❖ "Content yourself with ~ "「あなたが確実に保持できるであろうものに満足しなさい」。"and be not ~ "「そして、せかせかしないように」。"for you undertake a quiet ~ "「なぜなら、あなたは、神の平和を目指して静かな旅を始めたのだから」。"where he would ~ "「そして、神の平和の中で、神はあなたが静寂の中にいれるようにしてくれるだろう」。ここは理屈を追わず、言葉の響きを味わおう。



16. In me you have already overcome every temptation that would hold you back.
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
  • overcome [òuvə(r)kʌ́m] : 「克服する、乗り越える、乗りきる、切り抜ける」
  • temptation [tem(p)téi∫n] : 「誘惑、衝動、誘惑物」
  • hold back : 「押しとどめる、引き止める」
❖ "In me you have already ~ "「私(イエス)の中で、あなたはすでに、あなたを引き戻そうとするあらゆる誘惑を克服している」。"In me"は、「私の心の中では、私が思うには、私は確信しているが」といった意味合いであろう。"hold you back"は、旅に出たあなたを元の地点に引き戻す、ということ。したがって、神への回帰の旅は、誘惑に負けることなく、順調にいっている、という意味になる。



We walk together on the way to quietness that is the gift of God. Hold me dear, for what except your brothers can you need?
  • walk [wɔ́ːk] : 「歩く、歩行する、散歩する」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
  • quietness [kwáiətnis] : 「静寂、静けさ、平穏」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
  • hold dear : 「大切にする」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "We walk together on ~ "「私たちは、神の贈り物である静寂に向かう旅路を、共に歩いている」。"Hold me dear"「私を大切に思いなさい」。心に大切にとどめ置きなさい、という意味。"for what except your ~ "「なぜなら、あなたの同胞以外に、いったいあなたは何が必要だろうか」。イエスはあなたの同胞であると言っているわけで、実相世界における完全平等性の表れと見てもいいだろう。



We will restore to you the peace of mind that we must find together. The Holy Spirit will teach you to awaken unto us and to yourself.
  • restore [ristɔ́ː(r)] : 「回復させる、修復する、復活させる、復帰させる」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
  • awaken [əwéikn] : 「目を覚まさせる、目覚める、呼び起こす」
❖ "We will restore to you ~ "「私たちは、私たちが一緒になって見つけねばならない心の平和を、あなたのために修復することになろう」。"The Holy Spirit will ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが私たちに、そしてあなた自身に目覚める方法をあなたに教えてくれるだろう」。実相世界に存在する真の実在、あなたの実存に目覚める方法をホーリー・スピリットが教えてくれる。その実存は心の平和であって、幻想世界にあって、乱された心の平和を修復する必要があるのだ。



This is the only real need to be fulfilled in time. Salvation from the world lies only here. My peace I give you.
  • fulfill [fulfíl] : 「成就する、満たす、満足させる、果たす、実現させる」
  • Salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる」
❖ "This is the only ~ "「これが、時間という枠組みの中で果たすべき唯一の現実的な必要性である」。これとは、心の平和を修復し、自分自身に目覚めること。"Salvation from the world ~ "「この世界からの救いはただそこにある」。"My peace I ~ "「私はあなたに私の平和を与える」。



Take it of me in glad exchange for all the world has offered but to take away.
  • glad [glǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • exchange [ikst∫éin(d)ʒ] : 「換えること、交換、やりとり」
  • in exchange for : 「〜と交換に、〜の代わりに」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、ささげる、提供する」
  • take away : 「取り上げる、取り除く、持ち去る」
❖ "Take it of me in glad ~ "「〜と喜んで交換して、私から平和を受け取りなさい」。"all the world has offered ~ "「この世界が与えるといって実は取り上げているすべてのもの」と喜んで交換して。ここの"to take away"は不定詞の副詞的用法で、「取り上げるために」。金、地位、名誉、名声、愛欲、等々は、この世界が与えてくれるものだが、同時に、心の平和や真の愛、喜びを奪っている。簡単に言えば、この世界は精神的な実在を奪うために、物質的な満足を与えているのである。



And we will spread it like a veil of light across the world's sad face, in which we hide our brothers from the world, and it from them.
  • spread [spréd] : 「広げる、まん延させる、拡張する」
  • veil [véil] : 「ベール、覆い、覆い隠すもの」
  • across [əkrɑ́s] : 「〜を横切って、〜にわたって、〜の全域で」
  • sad [sǽd] : 「悲しい、悲しげな、悲しむべき」
  • hide [háid] : 「隠、隠蔽する、秘密にする」
❖ "And we will spread it ~ "「そして、私たちは、この世界の悲しげな顔を覆う光のベールの様に、心の平和を広げよう」。"in which we hide ~ "ここは意訳する、「そこでは、私たちは、この世界から同胞を(光のベールで)隠すことが出来るであろうし、世界を同胞から隠すことも出来るであろう」。同胞を物質的な欲望から遠ざけて、精神的な平和を同胞に開示しよう、という意味合いであろう。 
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp