●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.VII.12:1 ~ T-13.VII.13:6

12. Only the Holy Spirit knows what you need. For he will give you all things that do not block the way to light.

  • block [blɑ́k] : 「遮る、妨害する、阻む、妨げる、阻害する、阻止する」
❖ "Only the Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットだけが、あなたの必要なものを知っている」。"For he will give you ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットは、光への道を妨害しないすべてのものをあなたに与えるだろうからだ」。光への道とは、光の世界である実相世界に回帰するための道のこと。その道を教えてくれるのが、このACIMなのだが、面白いことに、その道はACIMのコースのみではないとACIM自身が言っていることだ。数ある回帰のための道の中の一つがACIMのコースであって、ACIMはその他の道を排他することはない。したがって、あなたの心の中に住まうホーリー・スピリットの指示に、あなたは正直に従えばいいのだ。もしホーリー・スピリットがACIM以外の道を選択するようにあなたに言ったなら、あなたはその道を辿ればいい。そのとき、ホーリー・スピリットは光の道を示してくれたはずであり、その道を妨害するものは何もないのだ。



And what else could you need? In time, he gives you all the things that you need have, and will renew them as long as you have need of them.
  • renew [rin(j)úː] : 「更新する、〜を新しくする」
  • as long as : 「〜さえすれば、〜する限り」
❖ "And what else could ~ "「いったい、あなたは他の何が必要だというのだろうか」。"In time, he gives you ~ "「時間という枠の中で、」つまり、幻想のこの世界の中で、「ホーリー・スピリットはあなたが必要とするすべてをあなたに与え、」"and will renew them ~ "「あなたが必要とする限りにおいて、それらを新しくしてくれるであろう」。結局、ホーリー・スピリットの提供してくれるものを全面的に信頼せよ、ということに尽きる。



He will take nothing from you as long as you have any need of it.
  • take [téik] : 「〜を取る、〜を取り上げる」
  • have need of : 「〜を必要とする」
❖ "He will take nothing ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが必要性を感じている限り、何ものもあなたから取り上げたりしないであろう」。ホーリー・スピリットは与えることはあっても、取り上げることはしない。



And yet he knows that everything you need is temporary, and will but last until you step aside from all your needs and realize that all of them have been fulfilled.
  • yet : 「けれども、それにもかかわらず」
  • temporary [témp(ə)rèri] : 「 一時の、一時的な、暫定の、仮の、当座の」
  • last [lǽst] : 「続く、存続する、持続する」
  • step aside : 「脇に寄る、身を引く」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する」
  • fulfill [fulfíl] : 「かなえる、満たす、満足させる、果たす、全うする、実現させる」
❖ "And yet he knows that ~ "「しかし、ホーリー・スピリットは、あなたが必要とするすべてのものは一時的なものであり、」"and will but last until ~ "「あなたが必要だと思う気持ちから身を引き、すべては叶えられてしまったのだ悟る時まで続くに過ぎないと知っている」。あなたが必要性を感じるのはつかの間のことだ。実相世界では必要ということはない。すべてが与えられ、叶えられているからだ。それを知ったとき、あなたは必要という言葉から、あるいは不足という言葉から身を引くことになる。



Therefore he has no investment in the things that he supplies, except to make certain that you will not use them on behalf of lingering in time.
  • investment [invés(t)mənt] : 「投資、投下資本、出資、投資金」
  • supply [səplái] : 「供給する、支給する、提供する」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
  • certain [sə́ː(r)tn] : 「確実な、確かな、確信して」
  • behalf [bihǽf] : 「〜に代わって、〜のために」
  • on behalf of : 「〜の代わりに、〜に代わって」
  • linger [líŋgə(r)] : 「長居する、居残る、ぐずぐずする、残存する、長引く」
❖ "Therefore he has no ~ "「それゆえ、ホーリー・スピリットは、あなたに与えたものに投資することはない」。あなたに必要なものを与え、その見返りに何かを得ようとすることはない。"except to make certain ~ "「ただし、〜を確信することを除いては」。ホーリー・スピリットが得たいのはthat以下の確信だけである。"that you will not use ~ "「あなたが、時間という枠組みの中でぐずぐずするためにそれらを使わないであろうことを」確信するためを除いて、ホーリー・スピリットは見返りにあなたから何か得ようとすることはない。時間の存在する幻想のこの世界に長居するために、ホーリー・スピリットの与えたものを使ってはいけない。逆に、真にあなたに必要なもので、ホーリー・スピリットが与えてくれるものは、幻想世界から抜け出すための方法であり、神への回帰の方法である。



He knows that you are not at home there, and he wills no delay to wait upon your joyous homecoming.
  • at home : 「自宅で、在宅して、くつろいで」
  • will [wíl] : 「〜を意思する、〜を望む」
  • delay [diléi] : 「遅延、遅滞、猶予、遅れ」
  • wait upon : 「〜に仕える」
  • joyous [dʒɔ́iəs] : 「喜びに満ちた、楽しい、楽しげな」
  • homecoming : 「帰宅、帰郷、帰国」
❖ "He knows that you ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたがそこでは家にいることにはならないのだと知っている」。この幻想の世界は、あなたにとって本当の住み家ではない。あなたの住むべき世界は実相世界である。"and he wills no delay to ~ "「そして、ホーリー・スピリットは、あなたの楽しい帰郷の旅に仕えることを遅らせる気はない」。あなたが神の元に帰還するのを今にも手伝いたいのである。



13. Leave, then, your needs to him. He will supply them with no emphasis at all upon them.
  • Leave [líːv] : 「〜を任せる、頼む、委ねる、〜を預ける」
  • supply [səplái] : 「供給する、支給する、提供する」
  • emphasis [émfəsis] : 「強調、重要性」
  • with emphasis on : 「〜に重点を置いて、〜を強調して」
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」
❖ "Leave, then, your ~ "「そこで、あなたが必要だと思うことをホーリー・スピリットに委(ゆだ)ねなさい」。"He will supply them ~ "「ホーリー・スピリットは、そのことにまったく重きを置かずに、あなたの必要を満たしてくれるだろう」。



What comes to you of him comes safely, for he will ensure it never can become a dark spot, hidden in your mind and kept to hurt you.
  • safely [séifli] : 「安全に、支障なく、無事に」
  • ensure [en∫úə(r)] : 「〜を確かにする、保証する、請け合う、確保する」
  • dark [dɑ́ː(r)k] : 「暗い、闇の、暗黒の」
  • hidden [hídn] : 「hideの過去分詞形」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • kept [képt] : 「keep の過去・過去分詞形」
❖ "What comes to you ~ "「ホーリー・スピリットからあなたの元に来るものは、安全にやって来るのである」。直訳すると意味がおかしいが、要するに、ホーリー・スピリットがあなたに与えてくれるものはすべて安全なものばかりだ、ということ。"for he will ensure it ~ "「なぜなら、それらは、あなたの心の中に隠され、あなたを傷つけるような暗いスポットに決してなることは出来ないと、ホーリー・スピリットが保証してくれるからだ」。"hidden in your ~ "この部分は先頭に"being"を補って分詞構文、付帯状況と考えればいいだろう。すると、"kept to hurt you"は「あなたを傷つけるために保持された〜」という意味になる。二元論世界の住人である限りは、心に清濁、善悪、明暗といった対立概念を持たざるを得ない。あなたの心の最も正しく純粋な部分がキリストであるのに対して、あなたの心には闇の部分(スポット)が隠されている。ホーリー・スピリットがあなたに与えてくれるものは、その闇の部分を増大させるものではなく、したがって安全である、と言っているのである。



Under his guidance you will travel light and journey lightly, for his sight is ever on the journey's end, which is his goal.
  • guidance [gáidns] : 「助言、アドバイス、指導」
  • travel [trǽvl] : 「旅する、旅行する」
  • travel light : 「身軽に旅行する、軽装で旅行する、光速で移動する」
  • journey [dʒə́ː(r)ni] : 「遠い道のりを出掛ける、旅行する」
  • lightly [láitli] : 「明るく、陽気に、軽快に」
  • sight [sáit] : 「見ること、見えること、視界、景色、光景」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
❖ "Under his guidance you ~ "「ホーリー・スピリットの助言のもと、あなたは気軽な旅が出来るし、陽気に旅をすることであろう」。神への回帰の旅は、ホーリー・スピリットのおかげで楽しいものとなる。"for his sight is ever ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットの視界には旅の終わりが見えているからであり、それがホーリー・スピリットの目的である」。あなたを天の王国へと導く旅の最後がホーリー・スピリットには見えている。そこまでがホーリー・スピリットの使命であり、目的もそこまでである。なぜ、ホーリー・スピリットの目に旅の終わりが見えているかというと、その旅はすでに終わっているからだ。実相世界は非時間の世界であり、すべての事象は一瞬にして起き、その一瞬が永遠に続く。リニアな時間の世界ではなく、ホログラム的世界なのである。したがって、あなたの旅は幻想世界では未来であるが、実相世界ではすでに完了している。



God's Son is not a traveller through outer worlds. However holy his perception may become, no world outside himself holds his inheritance.
  • traveller [trǽv(ə)lə(r)] : 「旅行者、旅客」
  • through [θruː] : 「通り抜けて」
  • outer [áutə(r)] : 「外の、外的な、外側の」
  • However [hauévə(r)] : 「どんなに〜でも、いかに〜であろうとも」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、知見、見識、感じ方」
  • outside [áutsáid] : 「〜の外に、〜の外側に」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
  • inheritance [inhérət(ə)ns] : 「受け継いだもの、継承物」
❖ "God's Son is not ~ "「神の子は、外部世界を旅する旅人ではない」。神の子は内部世界、すなわち、心の旅人である。"However holy his perception ~ "「神の子の知覚がどんなに神聖なものになっても、」"no world outside himself ~ "「神の子の外の世界は、決して神の子の継承したものを保持できない」。神の子が神から継承したものは、創造性であり愛、平和、喜び、慈悲、等々であり、それを神の子が外部世界に探し求めても見つけることは出来ない。どんなに知覚が洗練されても無理である。なぜなら、神から継承したものはすべて、心の中にこそあるのだから。



Within himself he has no needs, for light needs nothing but to shine in peace, and from itself to let the rays extend in quiet to infinity.
  • Within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • shine [∫áin] : 「輝く、光る」
  • in peace : 「平和に、平安に、安らかに、安心して、静かに」
  • ray [réi] : 「放射線、光線、輝き、ひらめき、一筋の光明」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
  • in quiet : 「平穏に」
  • infinity [infínəti] : 「無限であること、無限性」
❖ "Within himself he ~ "「神の子の内側に、神の子は必要性を感じない」。文字通り、すべてが神から与えられているから。"for light needs nothing ~ "「なぜなら、光は何も必要とせず、平和に輝くだけであるからだ」。"and from itself ~ "「そして、光は、それ自体の光を平穏に、そして無限へと拡張するのである」。光は実相世界を象徴するものであり、実相世界の実在を象徴するものである。したがって、光は神聖であり、神性を帯びている。神の息吹と考えてもいい。愛そのものと考えてもいい。その光が静かに、平穏に光り輝き、その輝きが広がって無限に伸びていくのである。その光の世界に存在して、いったい何が必要か? つまり、心に愛と光が満たされて、なお何を必要とするのだろうか?
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp