●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.IX.8:1 ~ T-13.X.1:4

8. Do not be afraid to look within. The ego tells you all is black with guilt within you, and bids you not to look.

  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
  • be afraid to : 「〜するのを怖がる、怖がって〜しない」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側で」
  • black [blǽk] : 「黒い」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • bid [bíd] : 「命じる、命令する、指示する」
❖ "Do not be afraid ~ "「心の中を見ることを恐れてはいけない」。"The ego tells you all ~ "「エゴはあなたに、あなたの心の中にあるものはすべて、罪のせいで真っ黒だと言う」。" and bids you ~ "「そして、あなたに心の中を見るなと命じている」。エゴは、あなたが心の中を見て、恐れていた罪が本当はないことを発見するのを恐れている。あなたが無辜(むこ)であることを知り、贖罪を果たして実相に目覚めれば、幻想の世界は消滅し、同時にエゴも消滅してしまうからだ。



Instead, it bids you look upon your brothers, and see the guilt in them.
  • Instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ」
  • look upon : 「〜を見る。〜を見渡す」
❖ 心の中を見る代わりに、"Instead, it bids you ~ "「そのかわり、エゴはあなたに、あなたの同胞を見て、彼らの中に罪を見いだすようにと命ずる」。他者の中に罪を発見して、それを種に他者を攻撃させようとするわけである。そうすれば、神の子の間の分離、分裂は維持されるからである。



Yet this you cannot do without remaining blind. For those who see their brothers in the dark, and guilty in the dark in which they shroud them, are too afraid to look upon the light within.
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである、とどまる、滞在する」
  • blind [bláind] : 「目の不自由な、目の見えない、盲目の」
  • shroud [∫ráud] : 「覆う、包む」
❖ "Yet this you cannot ~ "「しかし、これは、あなたが盲目のままでなかったら出来ないことである」。" For those who see their brothers ~ "ここは"~ too ~ to do ~ "の構文、「なぜなら、同胞を暗闇の中に見、その闇の中に隠した罪を見出す者は、あまりにも恐ろしくて、心の中の光を見ることが出来ないのである」。真実を見ることが恐ろしくて闇の中にとどまり、闇の中に他者の罪を見つけ出しては、その他者を攻撃するのである。



Within you is not what you believe is there, and what you put your faith in.
  • Within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する、信頼する」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること」
  • put one's faith in : 「〜を信じる」
❖ "Within you is not what ~ "「あなたの中には、あなたがそこにあると信じているものはないし、」"and what you put ~ "「あなたが信じているものもない」。あなたの心の中には、あなたがあると信じている闇も罪もない。闇も罪も幻覚なのである。



Within you is the holy sign of perfect faith your Father has in you. He does not value you as you do.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • sign [sáin] : 「表れ、兆し、兆候、印」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完ぺきな、完全な」
  • have faith in : 「〜を信用する、〜を信じている」
  • value [vǽljuː] : 「〜を評価する、重視する、大事にする」
❖ "Within you is the holy ~ "「あなたの心の中に、あなたの父なる神があなたを完璧に信じる聖なる印がある」。神はあなたを信じているから、ホーリー・スピリットをあなたに遣わしたのである。ホーリー・スピリットは神の愛の証であり、あなたを完璧に信じている証拠である。"He does not value ~ "「神は、あなたが自分を評価するようには、あなたを評価してはいない」。あなたは自分を罪深い卑小な者と評価しているが、神はあなたの無辜性を知っているし、神の子として偉大であることも完璧に信じている。



He knows himself, and knows the truth in you. He knows there is no difference, for he knows not of differences.
  • difference [díf(ə)r(ə)ns] : 「違い、差異、相違」
  • know of : 「〜について知っている」
❖ "He knows himself, and ~ "「神は神自身を知っているし、あなたの心の中の真実も知っている」。"He knows there is ~ "「神は、そこに違いのないことを知っている」。"for he knows not ~ "「なぜなら、神は違いということを知らないからだ」。実相世界は一元論の世界であり、多即一の世界である。完全平等であり、すべてのものに差異はない。神の真実と神の子の真実も違いはなく、神の愛と神の子の愛にも違いはない。違いがあるとすれば、その真実を知っているかどうかだけである。つまり、真実を知る叡智があるかどうかの違いだけなのだ。



Can you see guilt where God knows there is perfect innocence? You can deny his knowledge, but you cannot change it.
  • innocence [ínəs(ə)ns] : 「無罪、潔白、無邪気、無垢、純潔、純真」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見」
  • change [t∫éin(d)ʒ] : 「〜を変える、〜を変更する、〜を変換する」
❖ "Can you see guilt where ~ "「神が、完璧な無辜性があると知っている場所に、あなたは罪を見出すことが出来るだろうか」。"You can deny ~ "「あなたは、神の叡智を否定することは出来るが、」"but you cannot ~ "「しかし、あなたは神の叡智を変えることは出来ない」。神は、神の子の心は完全に無辜であると叡智をもって知っている。それを否定することは出来るかもしれないが、事実を完全に把握する叡智を揺さぶり、変化させることは出来ない。



Look, then, upon the light he placed within you, and learn that what you feared was there has been replaced with love.
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する、取り付ける」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を知る、分かる、悟る、確認する、〜を学ぶ」
  • fear [fíə(r)] : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • replace [ripléis] : 「〜を取り換える、交換する、差し替える、置き換える」
❖ "Look, then, upon ~ "「そこで、あなたの中に神が置いた光を見なさい」。光は実相の象徴であり、ホーリー・スピリットのことと思ってもいいし、光それ自体だと思ってもいい。"and learn that what you feared ~ "「そして、そこにあるとあなたが恐れていたものが、愛と置き換えられたことを知りなさい」。あなたは心の中に罪があるのではないかと恐れていたが、本当はホーリー・スピリットの愛があったのである。ホーリー・スピリットの愛とは、もちろん、神の愛である。その愛が見えるようになるには、実相世界の光が必要なのである。闇も中では恐れしか感じられないからだ。




X. Release from Guilt
罪の意識からの解放


1. You are accustomed to the notion that the mind can see the source of pain where it is not.
  • accustom [əkʌ́stəm] : 「〜に慣れさせる、慣らす、なじませる、順応する」
  • be accustomed to : 「〜に慣れている、〜が習慣になっている、常習的に〜している」
  • notion [nóu∫n] : 「概念、考え、意見、意向、意志、観念」
  • source [sɔ́ː(r)s] : 「もと、源、起点、原因」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、疼痛、苦痛、骨折り、苦悩」
❖ "You are accustomed to ~ "「あなたはthat以下の考えに慣れている」。"that the mind can see ~ "「心は、痛みのない所に痛みのもとを見つけ出すことができる」という考えに慣れている。簡単に言うと、心が痛みを作り出している、ということ。ジョン・サーノ博士の腰痛理論を思いだそう。無意識は、怒りという感情の表出を隠蔽しようとして、痛みを作り出す。意識は痛みに向かい、かくして、怒りの感情が曖昧にされるのである。



The doubtful service of such displacement is to hide the real source of guilt, and keep from your awareness the full perception that it is insane.
  • doubtful [dáutfl] : 「疑問のある、疑わしい、不確かな」
  • service [sə́ː(r)vəs] : 「奉仕、世話、貢献、尽力」
  • displacement [displéismənt] : 「移動、転移、置き換え、置換」
  • be to do : 「〜することになる、〜するつもりである、〜したい、〜のはずである」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • keep from : 「〜することを避ける」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • full [fúl] : 「全部の、全面的な」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
  • insane [inséin] : 「正気でない、精神障害の、非常識な」
❖ "The doubtful service of ~ "「そのような置き換えの疑わしい貢献は、」堅い言い方しているが、怒り(罪の意識)の代わりに痛みを置き換えたことによる効果、ということ。"is to hide the real ~ "「罪の意識の本当の原因を隠し、罪の意識とは狂気であるという十全な知覚からあなたの意識を遠ざけることになる」。意識を罪からそらせるわけだ。



Displacement always is maintained by the illusion that the source of guilt, from which attention is diverted, must be true; and must be fearful, or you would not have displaced the guilt onto what you believed to be less fearful.
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • maintain [meintéin] : 「〜を保持する、維持する、保つ、堅持する、支える」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、錯覚、幻覚」
  • attention [ətén∫n] : 「注意、留意、注目」
  • divert [dəvə́ː(r)t] : 「〜をそらす、方向転換する」
  • fearful [fíə(r)fl] : 「恐ろしい、怖い」
  • displace [displéis] : 「〜と移しかえる、〜を移動させる、置き換える」
❖ "Displacement always is ~ "「置き換えは常に、that以下という幻想によって支えられている」。"that the source of guilt, from ~ "「罪の意識の原因は、注意がそらされたのあるが、それは本物であるに違いなく、恐ろしいに違いない」という幻想によって支えられている。"or you would not have ~ "仮定法過去完了、「そうでなかったら、あなたは罪の意識を、それよりずっと恐ろしくないとあなたが信じるものに置き換えたりしなかったであろう」。罪の意識を、それより恐ろしくないものに、たとえば、腰の痛みや胃の痛みなど、体の不調に置き換えるのである。肉体的な不調にとどまらない。他者に対する異常な憎悪や異常な愛情も置き換えの対象になるだろう。薬物や酒、ギャンブル等々の異常な刺激も置き換えのターゲットになるだろう。



You are therefore willing to look upon all kinds of "sources," provided they are not the deeper source to which they bear no real relationship at all.
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • be willing to : 「〜する意思がある、進んで〜する、〜に前向きである」
  • provided [prəváidid] : 「〜という条件で、〜のときに、もし〜とすれば、もし〜ならば」
  • deep [díːp] : 「深い、濃い、凄まじい、激しい、重大な、深刻な」
  • bear [béə(r)] : 「負う、持つ、持つ、有する」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • at all : 「 : 全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」
❖ "You are therefore willing ~ "「したがって、あなたはあらゆる種類の『素材』を漁(あさ)ろうとする」。罪の意識と置き換えが可能なら、どんなものでもいいと考えるのである。"provided they are not ~ "「ただし、それらの素材が、それとは全く関係のないより深い素材でない限りにおいてである」。"the deeper source"「より深い素材」とは、罪の意識のこと。無意識の一番深い底の底に、罪の意識が隠されている。それとは全く関係のない、たわいもないことであるなら、何でも置き換えの対象になるのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp