●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.I.11:1 ~ T-13.II.1:4

11. The ego teaches you to attack yourself because you are guilty, and this must increase the guilt, for guilt is the result of attack.

  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • guilty [gílti] : 「有罪の、犯罪的な、罪を犯した」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • increase [inkríːs] : 「〜を増やす、増大させる、増加させる」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果、成績」
❖ "The ego teaches you ~ "「エゴはあなたにあなた自身を攻撃するように教える」。"because you are ~ "「なぜなら、あなたは罪深いからだ」。エゴは、あなたには罪があるといって、自分を責めるように駆り立てるのである。"and this must ~ "「そして、このことは罪を増大させる」。"for guilt is the result ~ "「なぜなら、罪とは攻撃の結果なのであるから」。罪を責め、責めることで罪の意識は大きくなり、さらに罪を責める。完全な悪循環である。



In the ego's teaching, then, there is no escape from guilt. For attack makes guilt real, and if it is real there is no way to overcome it.
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する、抜ける」
  • escape from : 「〜から逃避する」
  • real [ríː(ə)l] : 「現実の、実際の、実在する、存在する、本物の、偽物でない」
  • be no way to : 「〜する方法がない、どうしようもない」
  • overcome [òuvə(r)kʌ́m] : 「克服する、乗り越える、乗りきる、切り抜ける」
❖ "In the ego's teaching ~ "「したがって、エゴの教えの中には、罪から脱出する術(すべ)はまったくない」。"For attack makes ~ "「なぜなら、攻撃は罪を現実化し、もし、罪が現実となったら、」"there is no way ~ "「罪を克服する方法はないのである」。抽象の心がその想念を具象化してこの世界を作ったように、罪の意識はそれが巨大化すると現実化する。つまり、意識の中にとどまらずに、現実の世界にいろいろな形で現れてくるのだ。そうなってしまうと、罪の意識から逃れることは非常に難しくなってしまう。なぜなら、本来幻想である罪を、意識が本当に実在するものと思い込んでしまうからだ。あたかも催眠術にかかったかのように、自分の罪を信じ込んでしまうのである。



The Holy Spirit dispels it simply through the calm recognition that it has never been.
  • dispel [dispél] : 「〜を追い払う、払いのける、払拭する」
  • simply [símpli] : 「簡単に、造作なく、たやすく、単に」
  • calm [kɑ́ːm] : 「穏やかな、静かな、平穏な」
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証、正当性の認識」
❖ "The Holy Spirit dispels ~ "「ホーリー・スピリットはその罪を、単に、罪など決して存在しなかったという穏やかな認識を通して払拭してくれる」。あなたは罪を犯したと夢の中で思っているだけで、現実は、何も罪を犯していないのだと、穏やかにあなたを諭してくれるのである。あなたの贖罪の第一歩である。



As he looks upon the guiltless Son of God, he knows that this is true. And being true for you, you cannot attack yourself, for without guilt attack is impossible.
  • guiltless [ɡíltlis] : 「罪のない、潔白な、経験のない」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない」
❖ "As he looks upon ~ "「ホーリー・スピリットは神の子の上に潔白性を見ているから、」"he knows that ~ "「このことが真実であると知っているのだ」。神の子は無辜(むこ)であるから、神の子が現実に罪を犯す可能性などないとホーリー・スピリットは知っている。"And being true ~ "分詞構文、理由、「これはあなたにとっても真実であるから、」"you cannot attack ~ "「あなたはあなた自身を攻撃することなど出来ないのだ」。"for without guilt ~ "「なぜなら、罪の意識なくして、攻撃など不可能なのであるから」。罪が夢の出来事であって、現実には罪がないと知ったあなたが、はたして夢で罪を犯した自分を攻撃するだろうか? 



You, then, are saved because God's Son is guiltless. And being wholly pure, you are invulnerable.
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • wholly [hóu(l)li] : 「完全に、全く、全体として、全体的に」
  • pure [pjúə(r)] : 「純粋な、混じりけのない、清潔な、清らかな」
  • invulnerable [invʌ́ln(ə)rəbl] : 「傷つくことのない、不死身の、難攻不落の」
❖ "You, then, are saved ~ "「そうして、あなたは救われる」。"because God's Son ~ "「なぜなら、神の子は無辜(むこ)であるからだ」。"And being wholly ~" 分詞構文、理由、「そして、完璧に純粋であるので、あなたは傷つくことさえない」。完全に無辜(むこ)であるから攻撃をすることはなく、また攻撃も受けないから傷を負うこともない。




II. The Guiltless Son of God
無辜なる神の子


1. The ultimate purpose of projection is always to get rid of guilt.
  • ultimate [ʌ́ltəmət] : 「最大の、最高度の、究極の、最高の」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨」
  • projection [prədʒék∫n] : 「投射、投影、射影、映写」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • rid [ríd] : 「取り除く、取り出す、空にする」
  • get rid of : 「取り除く、除去する、削除する、追放する、追い出す」
❖ "The ultimate purpose ~ "「投射の究極の目的は常に、罪を排除することである」。自分の罪の意識を隠すために、他者を悪者に仕立て上げ、罪をその他者のせいにする(投射する)のである。こうして、表面上は一見、罪の意識から逃れることが出来たように感じるのだ。しかし、投射が自分自身をごまかしているのは歴然である。



Yet, characteristically, the ego attempts to get rid of guilt from its viewpoint only, for much as the ego wants to retain guilt you find it intolerable, since guilt stands in the way of your remembering God, Whose pull is so strong that you cannot resist it.
  • characteristically [kæ̀riktərístikəli] : 「特徴として、特徴的に」
  • attempt [ətém(p)t] : 「〜しようと努力する、〜するよう努める」
  • viewpoint [vjúːpɔ̀int] : 「観点、見方、見解、視座 」
  • much as : 「〜だけれども、〜と同じだけ」
  • retain [ritéin] : 「〜を保有する、保つ、保持する、持ち続ける、留保する」
  • intolerable [intɑ́l(ə)rəbl] : 「耐えられない、我慢できない、やり切れない」
  • stand in the way of : 「〜の通り道に立つ、〜の途中に立ちはだかる、〜の行く手をふさぐ」
  • remember : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • pull [púl] : 「引くこと、強み、影響」
  • resist [rizíst] : 「〜に抵抗する、〜に反抗する、〜と抗争する」
❖ "Yet, characteristically, the ego ~ "「しかし、その特徴として、エゴはエゴの観点からだけ、罪の意識から逃れようとする」。"for much as the ego wants ~ "「というのも、エゴは罪を保持したいと思っているのだが、あなたはそれは耐えられないと見ているからだ」。エゴはいつまでもあなたが罪の意識にさいなまれることを望んでいる。そうすれば、あなたは神からの分離を維持し、他者を攻撃することで心の分離が存続するからだ。しかし、やがてあなたは自分の罪の意識に耐えられなくなってくるので、エゴは仕方なく罪からの解放を試みる。だが、それは見せかけであって、単なる投射という方法をあなたに吹き込むだけに過ぎない。"since guilt stands ~ "「なぜなら、罪の意識が、あなたが神を思い出す道に立ちはだかっているからである」。"Whose pull is ~ " ここは"so ~ that ~ "の構文、「そして、神のあなたを引き寄せる力があまりにも強いので、あなたはそれに抵抗できないのである」。あなたは罪の意識に耐え切れないと思っている。では、なぜ罪に対して平然としていられないのだろうか? 悪魔的な気持ちになって、むしろ罪を楽しむ心になぜなれないのか? それは、神があなたの父であり、神はあなたを真実へと引きつけているからだ。あなたの無意識は神を覚えているし、あなたは神を思い出したいのである。しかし、あなたの目の前に罪の意識が立ちはだかり、それを阻止している。したがって、そこを解決しないことには罪の意識から完全に解放されることはないのだ。投射という小手先の解決法ではまったく効果がないのである。



On this issue, then, the deepest split of all occurs, for if you are to retain guilt, as the ego insists, you cannot be you.
  • issue [í∫uː] : 「問題点、論点、争点、課題、議題」
  • deep [díːp] : 「深い、規模の大きい、難解な、困難な、難しい」
  • split [splít] : 「割ること、分割、分裂、対立、不和、不協和、衝突」
  • occur [əkə́ː(r)] : 「起こる、発生する、生じる、現れる、存在する」
  • if A is to do : 「Aが〜したいと思うなら、もしAが〜するとしたら」
  • retain [ritéin] : 「〜を保有する、保つ、保持する、持ち続ける、留保する」
  • insist [insíst] : 「強く主張する、しつこく主張する」
❖ "On this issue, then ~ "「そこで、この問題点において、すべての深刻な分離が生じてくる」。"for if you are to ~ "「なぜなら、もしあなたが、エゴが執拗に迫るように、罪の意識を保持したいと思うなら、」"you cannot be ~ "「あなたはあなたでいられなくなってしまうからだ」。エゴが主導権を握った心の部分と、ホーリー・スピリットが主導権を握った心の部分と、2つが同居する形になり、分裂と対立は深まっていく。いったい、あなたは攻撃的な人間なのか、人を慈しむ人間なのか、あなたはどちらがあなた自身なのか分からなくなってしまうのだ。



Only by persuading you that it is you could the ego possibly induce you to project guilt, and thereby keep it in your mind.
  • persuade [pə(r)swéid] : 「 説得する、説得して…させる、説き伏せる、促す、促して…させる」
  • possibly [pɑ́səbli] : 「もしかすると、ひょっとしたら、場合により」
  • induce [ind(j)úːs] : 「人に勧めて〜させる、説いて〜させる、〜を促す、誘導する、仕向ける」
  • induce A to do : 「Aに勧めて〜する気にさせる」
  • project [prədʒékt] : 「〜を投影する、発射する、投げ出す」
  • thereby [ðὲərbái] : 「それによって、その結果、従って」
  • keep [kíːp] : 「 〜を持ち続ける、保持する」
❖ "Only by persuading you ~ "「それがあなたなのだと、あなたを説得することによってのみ、」"could the ego possibly ~ "「エゴはかろうじて、あなたが罪を投射することを引き出している」。"and thereby keep it ~ "「結果、あなたはあなたの心の中に罪を持ち続けることになるのだ」。投射によって罪が消えるわけではないのだ。罪を抱えたまま、投射によって騙しだまし生きていけ、とエゴはあなたを説得するわけである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp