●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-12.VI.7:1 ~ T-12.VII.1:6

7. What is one cannot be perceived as separate, and the denial of the separation is the reinstatement of knowledge.

  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • separate [sépərèit] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の」
  • denial [dinái(ə)l] : 「否定、拒否、拒絶、否認」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • reinstatement [rìːinstéitmənt] : 「回復、復位、復権、復職、呼び戻し」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見」
❖ "What is one cannot ~ "「一つであるというものは、分離したものとして知覚され得ない」。"What is one cannot ~ "「そして、分離を否定することは、叡智の復権である」。幻想の世界は二元論の世界であるから、知覚はすべてを分離した状態で把握する。たとえば、愛と憎悪、喜びと悲しみ、善と悪、プラスとマイナス、大と小、右と左、等々。しかし、その知覚が実相の世界に拡張されるにしたがい、一元論の世界の単一性、すなわち対極をもたない純粋な状態を知覚し始める。このとき、私たちは分離を否定することが出来、実相の世界の知覚はどんどん叡智へと近づいていく。すなわち、叡智が復活、復権するのである。



At the altar of God, the holy perception of God's Son becomes so enlightened that light streams into it, and the spirit of God's Son shines in the Mind of the Father and becomes one with it.
  • altar [ɔ́ːltə(r)] : 「祭壇、聖餐台」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、知見、見識、感じ方」
  • enlightened [inláitnd] : 「賢明な、正しい知識を持った、見識ある、啓蒙された」
  • stream [stríːm] : 「流れる、光が差し込む」
  • shine [∫áin] : 「輝く、光る」
❖ "At the altar of ~ "ここは"so ~ that ~ "の構文、「神の祭壇において、神の子の神聖な知覚はあまりにも啓発されるので、光がその中に差し込んでくる」。"and the spirit of ~ "「そして、神の子のスピリットは父なる神の心の中で輝き、神の心と一つになる」。"spirit"この言葉は「霊、霊魂、精神、心」といった意味を持つが、日本語に置き換えると微妙なニュアンスが失われる危険があるので「スピリット」とカタカナ書きにしておこう。ACIMには"light"「光」がたびたび登場する。この光を、何かの象徴ととらえるか、文字通り光そのものととらえるか、それは読者の選択に任せるべきであろう。神聖なエネルギー、神の息吹、純粋なパワー、気、プラーナ、等々、理解しやすいイメージを当てはめるのもいいかも知れない。



Very gently does God shine upon himself, loving the extension of himself that is his Son.
  • gently [dʒéntli] : 「静かに、優しく、穏やかに」
  • extension [ikstén∫n] : 「拡張、伸長、延長、伸展」
❖ "Very gently ~ "「とても穏やかに、神は自らの上に輝き、」"loving the extension ~ "分詞構文、単純接続、「そして、神の子であるところの、神自身の拡張を愛している」。神が自らの上に輝くとは、位置関係がどうなっているんだろうと思うかも知れないが、考えても深い意味はないだろう。神が自ら光を放っている、と解釈しておこうか。お気付きと思うが、ACIMは頭で理解せよ、というよりも、直感に依存せよ、という教えである。位置関係を云々する知覚的思考方法から、感覚でずばり直覚する方法を求め始めているのである。その意図をくんで、細かいことまで突っ込んで考えないことにしよう。文章を読んで、ふと浮かび上がったイメージを大切にしようではないか。



The world has no purpose as it blends into the purpose of God.
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨」
  • blend [blénd] : 「混ざる、一体となる、調和する、融合する、溶けこむ」
  • blend into : 「〜に溶け込む」
❖ "The world has no ~ "「世界の目的が神の目的の中に溶け込むとき、世界はもはや目的をもたない」。さて、難解である。ここの"world"「世界」はこの幻想の世界と考えていいだろう。神の目的とは、愛であり慈しみであり、平和、調和、喜び、拡張、創造、等々。この幻想の世界はエゴの投射の世界であり、目的は分離。神の子の知覚が叡智へと変身するとき、神の子のそれまでの目的、つまりエゴの目的である分離は捨てられる。神の子は、神の目的、すなわち愛、創造、喜びへとその目標を変えていく。あたかも、幻想の世界の目的が神の目的の中に溶け込んでいくかのようだ。そのとき、幻想の世界は目的を失い、つまり、エゴの目的は消滅し、したがって、幻想の世界も消滅するのである。ここも、文章を読んで最初に心に浮かんできたイメージでとらえればいい。くどいようだが言おう。これが、まさに原文を読む意味なのである。英文である原文を読んだときの最初の直覚を大切にすべきである。英文言語を翻訳してしまうと、そこに訳者(本人も含めて)の頭脳的解釈が必ず介入する。イメージを損ね、理屈で何とか解釈しようとしてしまうのだ。したがって、自分が原文の文章を読んだときの最初の印象を大切にしてほしい。私の解釈、解説など、それに比べたら捨ててもいいほどのものに過ぎない。まさにクズである。それを決して忘れないでほしい。イエスの声を聞くとは、そういうことかも知れないではないか。



For the real world has slipped quietly into Heaven, where everything eternal in it has always been.
  • slip [slíp] : 「滑るように進む、気付かれずに過ぎる」
  • slip into : 「〜に忍び込む、〜に紛れ込む」
  • eternal [itə́ː(r)nl] : 「永遠の、不変の、永久の、不滅の」
❖ "For the real world ~ "「なぜなら、実相の世界が天の中に穏やかに忍び込んだからであり、」。"where everything eternal ~ "「そこには、永遠なるすべてのものが常に存在しているのである」。幻想の世界が消滅し、叡智を持った、つまりキリストの視力を持った目に実相の世界が穏やかに、静かに見え始めてくる。そして叡智にまで高まった知覚、キリストの目は、永遠なるものが、今も昔も実相の世界に存在し続けていることを目撃するのである。



There the Redeemer and the redeemed join in perfect love of God and of each other. Heaven is your home, and being in God it must also be in you.
  • Redeemer [ridíːmər] : 「救い主、キリスト、贖い主」
  • redeem [ridíːm] : 「〜を罪から救う、〜の罪を贖う、〜を救い出す、〜を解放する」
  • join [dʒɔ́in] : 「参加する、交わる、一緒になる」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完ぺきな、完全な」
❖ "There the Redeemer ~ "「その場所で、救い主と救われた者とが、神の完璧な愛、そして互いの完璧な愛に包まれて、交わるのである」。"Redeemer"はキリストのこと。"the redeemed"は神の子であるあなたのこと。"Heaven is ~ "「天(の王国)はあなたの家である」。"and being in God ~ "分詞構文、理由、「そしてそれは神の中にあるので、あなたの中にもあるに違いないのである」。天の王国ははるか彼方にあるのではなく、あなたの心の中にある。なぜなら、天の王国は神の心の中にあり、神の心とあなたの心は同一なのだから。




VII. Looking Within
内側を見ること
 
 
1. Miracles demonstrate that learning has occurred under the right guidance, for learning is invisible and what has been learned can be recognized only by its results.
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実証する、立証する、証明する、実演する」
  • occur [əkə́ː(r)] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
  • guidance [gáidns] : 「助言、アドバイス、指導」
  • invisible [invízəbl] : 「目に見えない、不可視の、目につかない、隠れた」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜だと分かる、認める、受け入れる、〜を認証する」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、効果、成果、成績」
❖ "Miracles demonstrate ~ "「奇跡はthat以下を実証している」。"that learning has ~ "「正しい指導の下で、学んだのだ」と実証している。あなたが奇跡を起こしたとき、あなたがホーリー・スピリットの正しい指導の下で学んだことが実証される。"for learning is ~ "「なぜなら、学びというものは見えないものであり、学んだことは、その結果によってのみ、認識され得るからだ」。学んだ結果が奇跡である。



Its generalization is demonstrated as you use it in more and more situations.
  • generalization [dʒèn(ə)r(ə)ləzéi∫n] : 「一般化、汎化、総合、概括、総括」
  • situation [sìt∫uéi∫n] : 「状況、場所、状態、立場」
❖ "Its generalization is ~ "直訳すると、「その一般化は、あなたがもっと多くの状況下でそれを使うに従って、実証される」。非常に難しい言い方をしているが、要するに、あなたがいろんな状況下で奇跡をどんどん実行していくと、奇跡が学びの結果なのだということが本当のことだと広く分かってくる、ということ。



You will recognize that you have learned there is no order of difficulty in miracles when you apply them to all situations.
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜だと分かる、認める、受け入れる、〜を認証する」
  • order [ɔ́ː(r)də(r)] : 「順、順序、順番、順位、序列」
  • difficulty [dífikʌ̀lti] : 「困難、難事、難儀、面倒なこと」
  • apply [əplái] : 「適用する、応用する、利用する、当てはめる」
❖ "You will recognize that ~ "「あなたはthat以下が分かるであろう」。"that you have ~ "「あなたは〜を学んだのだと」分かるであろう。"there is no order of ~ "「奇跡には、その難しさにおいて序列がない」ということを学んだと分かるであろう。"when you apply ~ "「あなたがすべての状況に対して奇跡を適応するとき」。今まで何度も出てきた「奇跡には、その難しさにおいて序列はない」という言葉を、ここでもう少し考えておこう。まず、我々が奇跡と聞くと、すぐこの世界の摩訶不思議な現象を思い起こすが、ACIMの奇跡(miracles)はニュアンスが非常に異なる。我々が思い浮かべる奇跡はこの幻想世界の現象としての奇跡だが、ACIMの奇跡は実相の世界における自然な成り行きである。つまり、基本的に、ACIMの奇跡は実相とのかかわり合いを意味する。簡単に一言で言えば、神との接触が奇跡である。神が愛であることを考えると、愛こそが奇跡といえる。同様に喜びも、平和も、創造も、すべては奇跡と呼べるのである。我々の心が神に回帰し、実相世界に住むことになれば、神から継承したすべての属性が我々のものとして実現する。我々は無限の愛につつまれ、至上の喜びを感じ、永遠の平和の内に創造にいそしむことが出来るのだ。それ全体が一つの奇跡なのであって、実相の世界における奇跡は、したがって、神との融和、その一つしかないのだと言っていい。これは一元論世界の必然である。したがって、神との融和という一つしかない奇跡に、どうやって序列を付け得ようか? 難しい、簡単、大きい、小さい、などという比較用語は一元論世界の奇跡には適用できないのである。ここまで説明すると、おそらく、少々がっかりされた方もおありだろう。なぜなら、もしかするとあなたは、スプーンを念力で曲げる奇跡に憧れてこのACIMを読み始めたのかもしれないからだ。しかし、がっかりするに及ばない。我々が実相世界の奇跡を身に付けたとき、それは非時間、非空間の奇跡を身に付けたことになり、実相世界から幻想世界がいかようにでも変えることができることを意味しているからだ。ACIMが言うように、あなたは物理法則を超越する。つまり、あなたがその気になれば、夜見る夢の内容を自由に変えれるように、幻想の世界の物理現象を自由に操ることが出来るのである。イエスが、信じれば山をも動かせる、と言ったのはそのことである。スプーン曲げどころではない摩訶不思議な現象を、あなたは起こせる可能性がある。しかし、くどいようだが、もう一度言っておこう。ACIMの奇跡は実相の世界における奇跡であって、幻想の世界の奇跡を扱っているのではない。そこを勘違いすると、レベル・コンフュージョンを起こしてしまう。実相と幻想のどちらが大切なのかを考えれば、どちらの奇跡があなたに必要なのか理解できよう。あなたはマジックを望むのか、はたまたミラクルを望むのか。



There is no situation to which miracles do not apply, and by applying them to all situations you will gain the real world.
  • gain [géin] : 「得る、獲得する」
❖ "There is no situation ~ "「奇跡が適用できない状況などない」。"and by applying them ~ "「そして、すべての状況に奇跡を適用することによって、あなたは実相の世界を手に入れることが出来る」。実相の愛こそが奇跡であるから、ここの奇跡という言葉を、愛という言葉に置き換えても意味が完全に通じることを確認しよう。



For in this holy perception you will be made whole, and the Atonement will radiate from your acceptance of it for yourself to everyone the Holy Spirit sends you for your blessing.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、知見、見識、感じ方」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の、損傷のない、無傷の」
  • Atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
  • radiate [réidièit] : 「放射される、発せられる」
  • acceptance [əksépt(ə)ns] : 「受け入れること、容認、承諾、承認」
  • send [sénd] : 「送る、届ける、放出する、発散する、向かわせる」
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵、承認、賛成、賛意」
❖ "For in this holy perception ~ "「なぜなら、この神聖な知覚の中に、」この神聖な知覚とは、奇跡にはオーダーがなく、すべての状況に適用できると知ること。そう知覚し、知ることで、"you will be made ~ "「あなたは完璧なものとされるだろう」。無傷であり、無垢であり、無辜なるあなたが完成される。"and the Atonement will ~ "ここでは"Atonement"「贖罪」を光にたとえて、その光があなたから(from)発せられ、すべての者たちへ(to)へ向かっている様が表現されている、「そして、贖罪は、あなた自身のためにあなの完璧さを受け入れることから発し、あなたの祝福を求めてホーリー・スピリットがあなたに送ったすべての者たちに行き届く」。ACIMでは、"Atonement"「贖罪」とは、自分が無辜であることの受け入れであると思い出してほしい。あなたが、自分は完璧(whole)である、すなわち無辜であることを受け入れること(acceptance)で、あなたの贖罪は成立する。しかし、その贖罪はあなただけにとどまらない。あなたの贖罪を祝福して、ホーリー・スピリットがあなたの同胞をあなたのもとに送るのである。そして、あなたは、あなたの同胞もまた自分同様無辜であることを教え、同胞がそれを受け入れることで、同胞の贖罪も完成する。つまり、贖罪を分かち合うのである。かくして、贖罪の光はあなたから発し、すべての同胞へと広がっている。



In every child of God his blessing lies, and in your blessing of the children of God is his blessing to you.
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る、横たわっている」
❖ "In every child of God ~ "「すべての神の子の中に、神の祝福が宿り、」"and in your blessing of ~ "「そして、あなたが神の子を祝福する中に、あなたへの神の祝福が宿っている」。神は神の子が無辜であり、したがって贖罪を果たしたことを祝福するのである。神が祝福するように、あなたも同胞の贖罪、無辜を祝福するなら、あなたは神に、あなたの贖罪、無辜を祝福してもらえるのだ。神と、神の子としてのあなた、そして同胞が渾然一体となって、祝福の嵐、歓喜の輪が起きる。それが、実相における喜びであると言わないで何と言おうか。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp