●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.I.11:1 ~ T-11.II.1:6

11. You are asked to trust the Holy Spirit only because he speaks for you. He is the Voice for God, but never forget that God did not will to be alone. 
  • trust [trʌ́st] : 「信用する、信頼する」
  • speak for : 「弁護する、代弁をする」
  • for : 「〜の代わりに」
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる」
  • will : 「〜するつもりである」
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで」
❖ "You are asked ~ "「あなたは、ホーリー・スピリットを信頼するように求められている」。"only because he ~ "「ホーリー・スピリットはあなたのためを思って話しているだけなのだから」。"He is the Voice ~ "「ホーリー・スピリットは神に代わって話をする声である」。"but never forget ~ "「しかしホーリー・スピリットは、神がたった独りでいることを望んではいないことを決して忘れていない」。ホーリー・スピリットは、あなたと神の間を取り持つ媒介役である。神のメッセンジャーだ。ホーリー・スピリットの声は、したがって、神の声だと思っていい。



He shares his will with you; he does not thrust it upon you. Always remember that what he gives he keeps, so that nothing he gives can contradict him. 
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • thrust [θrʌ́st] : 「押し付ける、突っ込む」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつでも、常に」
  • remember [rimémbər] : 「 〜を思い出す、〜を覚えている」
  • keep [kíːp] : 「〜を持ち続ける、保持する」
  • so that : 「そのため、その結果」
  • contradict [kɑ̀ntrədíkt] : 「〜と矛盾する、相反する」
❖ "He shares his ~ "「神は、神の意志をあなたと分かち合っている」。"he does not ~ "「神は、神の意志をあなたに押し付けたりしない」。"Always remember that ~ "「いつでも、that以下を覚えておくようにしなさい」。"that what he ~ "「神は、与えるものを保持しており、」"so that nothing ~ "「その結果、神が与えるものが神と矛盾することは不可能だ」。神は自らが保持していないものをあなたに与えることはない。神は自らがもっているものだけを与える。したがって、それは神自身とコンフリクトを起こすことはない。



You who share his life must share it to know it, for sharing is knowing. Blessed are you who learn that to hear the Will of your Father is to know your own.
  • life [láif] : 「生命、活気」
  • bless [blés] : 「祝福する、〜を賛美する」
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、習う」
  • own [óun] : 「自分の、自らの、自己の」
❖ "You who share ~ "「神の命を分かち合っているあなたは、その命を知るために分かち合っているに違いない」。"for sharing is ~ "「なぜなら、分かち合うことは知ることだからだ」。硬い表現だが、要するに、神の命を分かち合うことで、神の命、神の意志が分かって来るということ。"Blessed are you ~ "「that以下を知るあなたは祝福されている」。"that to hear ~ "「あなたの父なる神の意志に耳を傾けることは、あなた自身の意志を知ることである」と知るあなたは祝福されている。「祝福されている」という言葉がピンと来ないようなら、「神が喜んでくれる」と言い換えてもいいだろう。基本的にACIMはキリスト教の用語を使って表現しているが、読者である私達はキリスト教に限定されることはない。「神」という言葉がピンと来なかったなら、「仏」という言葉に置き換えてもいいし、ホーリー・スピリットという単語が気にくわなければ「観音さん」という言葉に置き換えてもいい。



For it is your will to be like him, whose will it is that it be so. God's Will is that his Son be one, and united with him in his oneness. 
  • unite [junáit] : 「〜を結合させる、一つにする」
  • oneness [wʌ́nnis] : 「単一性、同一性、統一性」
❖ "For it is your ~ "「なぜなら、神のようになることがあなたの意志だからだ」。"whose will it ~ "「そして、そうなることが神の意志でもある」。神と神の子を隔てる垣根が、同一の意志を分かち合うことで消えていく。神と神の子が融和していく。"God's Will is ~ "「神の意志は、神の子が一つになることであり、」。ここの"be"は"should be"のこと。"and united with ~ "「そして、神の単一性の中に、神の子も統一されることである」。神の世界である純粋一元の世界で、神の子は統一されていく。存在のすべては"God is"の二文字に収斂(しゅうれん)していく。



That is why healing is the beginning of the recognition that your will is his.
  • beginning [bigíniŋ] : 「初め、始まり」
  • recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、認証」
❖ "That is why ~ "「それは、ヒーリングが、あなたの意志は神の意志であると認識し始めることである理由だ」。神の意志とあなたの意志が同一であることを知り、神の純粋一元の世界に統一されていくことがヒーリングである。なぜなら、純粋一元の世界には対立概念、対極性がないから、病気、死、苦しみ、等々は存在しないからだ。したがって、実相(reality)に目覚めることで、幻想(illusion)の病気、死、苦しみ、等々が消滅していく。




II. The Invitation to Healing
ヒーリングへの誘(いざな)い


1. If sickness is separation, the decision to heal and to be healed is the first step toward recognizing what you truly want. 
  • sickness [síknəs] : 「病気」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別、離脱」
  • decision [disíʒən] : 「解決、決定、決意、決心」
  • toward [tɔ́ːrd] : 「〜の方へ、〜に向かって」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、受け入れる」
  • truly [trúːli] : 「全く、本当に」
❖ "If sickness is ~ "「もし、病が分離であるなら、」"the decision to ~ "「ヒールしたい、ヒールされたいという決意は、あなたが本当に望むものを認識する第一歩である」。神と共にいた時は、病というものは存在しなかった。神の世界は純粋一元の世界であるから、病気という概念が存在しないのだ。しかし、あなたが神から分離し、つまり、純粋一元の世界から分離し、深い眠りの中で二元論の世界を夢見るようになった。正しい心のホーリー・スピリットを保持したまま、しかし、二元論的対立概念の正しからざる心、エゴを作ってしまった。その二極対立の中で、エゴは神への恐れを投影し、病を疑似創造する。したがって、病をヒールするには、この逆のコースを辿ればいいことになる。つまり、エゴの思考システムを抜け、悪夢から目覚めて分離を解消し、本当に自分が望む真実の実相に回帰するとき、病はヒールされる。したがって、あなたが本当に望むのはエゴではなくホーリー・スピリットなのだと認識することがヒーリングの第一歩となるわけだ。ところで、病と言っても、ACIMでは肉体的病気に限定してはいない。幻想に毒された観念も病の一形態である。



Every attack is a step away from this, and every healing thought brings it closer. 
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、襲撃」
  • away from : 「〜から離れた 」
  • thought [θɔ́ːt] : 「考え、思考、思索」
  • bring [bríŋ] : 「持ってくる、もたらす」
  • close [klóus] : 「近い、接近した」
❖ "Every attack is ~ "「すべての攻撃は、これから遠ざかるステップである」。これとは、神からの分離を解消すること。そこから遠ざかれば分離は維持され、他者を自他一如の同胞と認識することが困難となって、攻撃性は増加する。"and every healing ~ "「すべてのヒーリングの思考は、神からの分離の解消に近づけてくれる」。ヒーリングによって幻想から実相へ目覚めれば、自分と同胞は同じ神の子として同一だと認識することが出来る。神の子の分裂は解消に向かい、結果的に神との分離も夢の中の出来事に過ぎなかったのだと知ることになる。



The Son of God has both Father and Son, because he is both Father and Son. To unite having and being is to unite your will with his, for he wills you himself. 
  • both [bóuθ] A and B : 「AもBも」
  • unite [junáit] : 「結合する、結び付ける」
  • will [wíl] A B : 「Aに遺言してBを与える」
❖ "The Son of God ~ "「神の子は、父なる神と息子の両方をもっている」。"because he is ~ "「なぜなら、神の子は父であり、息子であるからだ」。神の子が創造したものに対して、神の子は父にあたる。神の子には父性がある。"To unite having ~ "「持つことと存在することを結びつけるのは、あなたの意志と神の意志を結びつけることである」。"for he wills ~ "「なぜなら、神はあなたに神自身を与えることを望んでいるからだ」。あなたが神の子であるのは、神から継承したものをもっているからだ。したがって、あなたは神のように創造できる。その創造したものに対して、あなたは父として、あなたの属性を継承させるのである。それが神の意志であり、またあなたの意志もそれに共鳴して、神の意志と結びつけられていく。神と神の子が渾然一体となっていく。



And you will yourself to him because, in your perfect understanding of him, you know there is but one will. 
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「完璧な、完全な」
  • understanding [ʌ̀ndərstǽndiŋ] : 「理解、納得」
❖ "And you will ~ "「そして、あなたも、あなた自身を神に与えたいと思う」。"because, in your ~ "「なぜなら、あなたが神を完璧に理解する中で、」"you know there ~ "「一つの意志だけがあると、あなたは理解するからだ」。神と神の子であるあなたが、互いに異なる意志を分かち合うのではない。互いに自己を与え合うことで、唯一の意志を形成していくのだ。なぜなら、神と神の子は分かつことができないからだ。



Yet when you attack any part of God and his Kingdom your understanding is not perfect, and what you really want is therefore lost to you.
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する」
  • part [pɑ́ːrt] : 「一部、部分」
  • lost [lɔ́st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、喪失する」
❖ "Yet when you ~ "「しかし、あなたが神と王国のいかなる部分を攻撃したとしても、それはあなたの理解が完全でないことを示している」。"and what you ~ "「したがって、あなたが本当は何を望んでいるのか、あなたには分からなくなる」。神の子は神の一部であるから、"any part of God and his Kingdom"は、たとえば、あなたの同胞と考えてもいい。つまり、あなたの同胞を攻撃するようでは、あなたの実相への理解は完全ではない。理解が完全でないから、自分が何者か分からずに、道に迷うのだ。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp