●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-10.II.6:1 ~ T-10.III.1:11

6. If you realized the complete havoc this makes of your peace of mind you could not make such an insane decision. 
  • realize [ríːəlàiz] : 「悟る、自覚する」
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、完成した」
  • havoc [hǽvək] : 「大破壊、大騒ぎ、大混乱、大惨事」
  • make A of B : 「BをAの状態にする」
  • insane [inséin] : 「正気でない、狂った」
  • decision [disíʒən] : 「解決、決定、決心」
❖ "If you realized ~ " 仮定法過去、現在の事実と反することを仮定する、「もしあなたが、このことがあなたの心の平和を完全な混乱に陥れると分かっているなら、」このこととは、前段落の、神を忘れ、実相の自分を忘れ、攻撃に向かうこと。"you could not ~ "「あなたは、そんな気違いじみた決定をするはずがない」。が、残念ながら、あなたはその気違いじみた決定をしている。



You make it only because you still believe it can get you something you want. 
  • still [stíl] : 「それでも、今もなお」
❖ "You make it ~ "「あなたは、それがあなたの欲する何かをあなたに与えてくれるといまだに信じているから、ただそれだけの理由で、その気違いじみた決定をしている」。神と自分の真実を忘れ、エゴに唆(そそのか)されて他者を攻撃することで、他者から何かを奪い取れると思っている。



It follows, then, that you want something other than peace of mind, but you have not considered what it must be. 
  • follow [fɑ́lou] : 「次に起こる、〜ということになる」
  • other than : 「〜以外の」
  • consider [kənsídər] : 「〜と考える、〜を考慮する」
❖ "It follows, then ~ " ここは"It ~ that ~ "の構文、「その後、心の平和以外の何かを欲する、ということが後に続く」。"but you have ~ "「しかし、それがどんなものであるか、あなたは考えたことがない」。攻撃し奪っても、心の平和は得られない。あなたはまるで、さらなる憎悪や心の饑餓を欲しているようなものだ。しかも、それすら思ってもみない。



Yet the logical outcome of your decision is perfectly clear, if you will only look at it. 
  • logical [lɑ́dʒikl] : 「論理にかなった、論理的な」
  • outcome [áutkʌ̀m] : 「結果、結末、成果」
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に」
  • clear [klíər] : 「明らかな、明瞭な」
  • look at : 「〜を見る、〜を考察する」
❖ "Yet the logical ~ "「もし、あなたが、それをちゃんと見ていさえすれば、あなたの決定の論理的帰結は完全に明白である」。あなたの決定がまったく無意味であることは明白だ。



By deciding against your reality, you have made yourself vigilant against God and his Kingdom. 
  • make [méik] : 「〜の状態を作り出す、〜にする」
  • vigilant [vídʒələnt] : 「油断がない、用心深い」
❖ "By deciding against ~ "「あなたが実相に対抗するような決定をすることで、」"you have made ~ "「あなたは自分自身を、神や王国に対して油断できなくしてしまう」。実相に対抗する決定とは、幻想に過ぎないエゴの思考システムを採用する決定である。それは神や王国の否定であり、攻撃である。したがって、あなたはいつ神の罰が下るかと恐れるのだ。常に不安と緊張感をもって油断なく神の顔色をうかがわなくてならなくなり、心の平和は得られない。



And it is this vigilance that makes you afraid to remember him.
  • vigilance [vídʒələns] : 「警戒、用心、寝ずの番」
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、怖がって」
  • afraid to do : 「〜するのを怖がる、怖がって〜しない」
❖ "And it is this ~ "「あなたが怖くて神を思い出せなくするのは、この警戒心である」。神の罰が怖くて、恐ろしさのあまり一時でも神を忘れようとするわけだ。





III. The God of Sickness
病の神


1. You have not attacked God and you do love him. Can you change your reality? No one can will to destroy himself. 
  • destroy [distrɔ́i] : 「〜を破壊する、壊す」
❖ "You have not ~ "「あなたは神を攻撃したことはないし、神を愛している」。"Can you change ~ "「あなたはあなたの実相を変えられるだろうか」。神の子としてのあなたの実相は変化し得ない。"No one can ~ "「誰も、自分自身を破壊することは出来ない」。幻想のエゴに加担しても、実相の自分自身は破壊されることはない。破壊は出来ないが、忘れてしまうことは出来る。しかし、あなたは神に愛され、神を愛する神の子であるという真実(実相)は変化しない。



When you think you are attacking yourself, it is a sure sign that you hate what you think you are. 
  • sure [ʃúər] : 「信頼できる、当てになる」
  • sign [sáin] : 「表れ、兆候、印」
  • hate [héit] : 「〜を憎む、〜をひどく嫌う」
❖ "When you think ~ "「あなたが、自分自身を攻撃していると思う時は、」"it is a sure ~ "「それは、あなたが、あなたの思っている自分をひどく嫌っているという確かな表れである」。"what you think you are"は、"what you are"「本当のあなた、あなたが何であるかということ、あなたであるところのもの」という文に"you think"が挿入されたもの。「あなたが思っている本当のあなた、あなたが思っているあなたであるところのもの」といった意味合い。



And this, and only this, can be attacked by you. What you think you are can be very hateful, and what this strange image makes you do can be very destructive. 
  • hateful [héitfl] : 「憎らしい、憎い、憎むべき」
  • strange [stréindʒ] : 「奇妙な、変な」
  • destructive [distrʌ́ktiv] : 「破壊的な」
❖ "And this, and only ~ "「そしてこれが、これだけが、あなたによって攻撃され得る」。これとは、あなたが思っているあなた自身で、あなたが嫌っている自分。その嫌っている自分をあなたは攻撃するわけだ。"What you think ~ "「あなたが思っている自分は、とても憎むべきものになり得る」。"and what this ~ "「この奇妙なイメージがあなたにさせることとは、とても破壊的になり得る」。つまり、自分で嫌うあなた自身のイメージは、自分で自分を嫌うとは奇妙な話しではあるが、そのイメージはあなたを駆り立てて自分を攻撃し破壊しようとする。その可能性が大いにある。



Yet the destruction is no more real than the image, although those who make idols do worship them. 
  • destruction [distrʌ́kʃən] : 「破壊、破滅、破棄」
  • no more A than B : 「AでないのはBでないのと同じ」
  • although [ɔːlðóu] : 「〜だけれども、〜ではあるが」
  • idol [áidl] : 「偶像、崇拝される人」
  • worship [wə́ːrʃip] : 「崇拝する、礼拝する」
❖ "Yet the destruction ~ "「しかし、その破壊は、そのイメージと同様、現実ではない」。自分で嫌うあなた自身のイメージも実在ではなく幻想。またそのイメージに駆り立てられて自分を攻撃し破壊しようとすることも実在ではなく幻想。夢の中の出来事だ。"although those ~ "「ただし、偶像を作成した者達は、偶像を崇拝するのだが」。イメージも破壊も現実のものではないが、それを作った者にとっては偶像であって、崇拝の対象になっている。エゴのことだ。



The idols are nothing, but their worshippers are the Sons of God in sickness. 
  • worshipper [wə́ːrʃipər] : 「崇拝者、礼拝者」
  • sickness [síknəs] : 「病気、病」
❖ "The idols are ~ "「偶像とは無である」。エゴは幻想であり、無だ。"but their worshippers ~ "「しかし、偶像の崇拝者達は、病の、神の子達である」。幻想であり無である偶像を崇拝する者たちは、もちろん、神の子ではあるが、心が病んでいるとしか言い様がない。



God would have them released from their sickness and returned to his mind. 
  • would [wúd] : 「〜したいと思う」
  • have [həv] [SVOC] : 「〜な状態にする」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする」
  • return [ritə́ːrn] : 「〜を返す、戻す」
❖ "God would have ~ "「神は、彼らが病から解放され、神の心に戻ることを願っている」。"released"も"returned"も過去分詞で、ここでは補語になっている。



He will not limit your power to help them, because he has given it to you. 
  • limit [límit] : 「限定する、制限する」
❖ "He will not ~ "「神は、彼らを助けるあなたのパワーに制限は設けないだろう」。"because he has ~ "「なぜなら、神があなたにそのパワーを与えたからだ」。神のパワーは制限なく無限だ。あなたは神の子としてそのパワーを継承した。したがって、あなたのパワーには制限がなく無限である。あなたは神の子である自分を救い、そして神の子である他者を救わなくてはいけない。



Do not be afraid of it, because it is your salvation.
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
  • be afraid of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い」
❖ "Do not be afraid ~ "「それを恐れてはいけない」。それとは、偶像にとりつかれ、心の病んだ同胞を、あなたのパワーで救うこと。"because it is ~ "「なぜなら、それがあなたの救いでもあるからだ」。同胞が偶像にとりつかれ心を病んでいるということは、あなたの心も病んでいることであって、それを同胞に投影しているだけだ。あなたの心の中の罪悪感を外部の他者に投影しているのだ。まさに自他一如であり、あなたの心も病んでいる。あなたが、あなたの中に神のパワーを確認したのなら、そのパワーを使って他者を救うことは、あなた自身を救うことにつながる。救済(salvation)とは非常に個人的なことに見えるが、実は神の子全体に関わることなのだ。なぜなら、私達神の子は、究極的にたった一つの心(Mind)に収斂(しゅうれん)するからだ。神の子の心は分離分裂などしていない。分離分裂は幻想である。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp