●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.VIII.6:1 ~ T-9.VIII.7:9

6. The ego depends solely on your willingness to tolerate it. If you are willing to look upon your grandeur you cannot despair, and therefore you cannot want the ego. 
  • depend [dipénd] on : 「〜に頼る、〜を当てにする」
  • solely [sóulli] : 「もっぱら、ただ一人で、単に」
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、やる気」
  • tolerate [tɑ́lərèit] : 「〜を大目に見る、我慢する」
  • be willing to : 「〜する意思がある、進んで〜する」
  • grandeur [grǽndʒər] : 「偉大さ、威厳、壮大さ」
  • despair [dispéər] : 「絶望する、失望する」
❖ "The ego depends ~ "「エゴは、あなたがエゴを大目に見てやろうとする気持ちに、もっぱら頼っている」。エゴの幻想性や虚偽性に対して、あなたは目をつぶって来た。エゴはそれを生き残りのための拠り所にして来た。"If you are willing ~ "「もし、あなたが、あなたの偉大さを進んで見ようとするなら、あなたはもう絶望する必要はなく、」"and therefore you ~ "「したがって、あなたはエゴを求める必要もなくなる」。あなたが神の子であることに進んで気付こうとするなら、もはやエゴは必要ないし、この世の出来事に絶望することもない。



Your grandeur is God's answer to the ego, because it is true. Littleness and grandeur cannot coexist, nor is it possible for them to alternate. 
  • answer [ǽnsər] : 「答え、返事」
  • littleness : 「小さいこと」
  • coexist [koiɡzíst] : 「共存する」
  • nor [nɔːr] : 「〜もまた〜でない」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • alternate [ɑ́ːltə(r)nət] : 「交互に起こる、交代する」
❖ "Your grandeur is ~ "「あなたの偉大さは、エゴに対する神の答えである」。エゴの卑小さに対する神のアンチテーゼがあなたの偉大さ。"because it is ~ "「なぜなら、あなたの偉大さは真実だからだ」。むしろ、神の偉大さに対抗してエゴは尊大に振る舞っていると言った方がいい。それはエゴの卑小さの裏返しであり、神に向けられた偽りのアンチテーゼだ。"Littleness and grandeur ~ "「卑小さと偉大さは共存出来ない」。"nor is it possible "ここは"it ~ to ~ "の構文、「また、互いに入れ替わることも、それらには出来ない」。幻想の卑小さと実相の偉大さが交互に入れ替わることは不可能だ。存在のレベルが違うからだ。



Littleness and grandiosity can and must alternate, since both are untrue and are therefore on the same level. 
  • grandiosity [grændiɑ́ːsəti] : 「壮大、偉そうなこと」
  • untrue : 「虚偽の、忠実でない、真実でない」
  • same [séim] : 「同じの、同じ、同一の」
❖ "Littleness and grandiosity ~ "「卑小さと尊大さは、互いに入れ替われるし、入れ替わっているに違いない」。卑小さの裏返しが尊大さ。"since both are ~ "「なぜならば、共に真実ではないし、」"and are therefore ~ "「したがって、同じレベルにあるからだ」。卑小さも尊大さも共に幻想のレベルにある。



Being the level of shift, it is experienced as shifting and extremes are its essential characteristic.
  • shift [ʃíft] : 「交代、変化、転換」
  • experience [iksp()riəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • shifting : 「変化、移動」
  • extreme [ikstríːm] : 「極端、極端な行為」
  • essential [isénʃəl] : 「絶対必要な、必須の」
  • characteristic [kæ̀rəktərístik] : 「特徴、特性、特質」
❖ 卑小さと尊大さが存在するレベルは "Being the level ~ "「変化のレベルであるから、」"it is experienced ~ "「そのレベルは変化するものとして経験される」。"extremes are its ~ "「そして、(その変化が)極端なことが、必須の特性である」。実相のレベルが永遠不変であるのに対して、幻想のレベルは変化流転のレベルである。したがって、その時の気分によって偉くなったように感じたり、次の瞬間には虫けらのように感じたり、気分の変化は激しい。尊大さと卑小さがくるくる入れ替わるのだ。また、たとえば、極端に幸せを感じたかと思うと、次の瞬間には極端に落ち込んで絶望する。これもまた、同様の幻想レベルの出来事。



7. Truth and littleness are denials of each other because grandeur is truth. Truth does not vacillate; it is always true. 
  • denial [dináiəl] : 「否定、拒否、拒絶」
  • vacillate [vǽsəlèit] : 「揺れ動く、動揺する」
❖ "Truth and littleness ~ "「真実と卑小さは互いの否定である」。"because grandeur ~ "「なぜなら、偉大さは真実であるからだ」。偉大さと卑小さは相反するものであり、偉大さは真実、卑小さは幻想である。真実と卑小さも相反している。"Truth does not ~ "「真実は揺れ動かない」。"it is always true"「真実は常に真実のままだ」。



When grandeur slips away from you, you have replaced it with something you have made. 
  • slip away : 「こっそり去る、静かに立ち去る」
  • replace [ripléis] : 「〜を取り換える、置き換える」
❖ "When grandeur slips ~ "「偉大さがあなたの元から離れていくと、」"you have replaced ~ "「あなたは、あなたが作った何かでそれを置き換えてしまう」。実体のある偉大さがあなたの元から立ち去ると、それに変わる幻想をあなたはでっち上げる。神の子はまさに、エゴをでっち上げてしまった。



Perhaps it is the belief in littleness; perhaps it is the belief in grandiosity. Yet it must be insane because it is not true. 
  • perhaps [pərhǽps] : 「たぶん、もしかすると」
  • insane [inséin] : 「正気でない、狂った」
❖ "Perhaps it is the belief ~ "「もしかすると、それは卑小さを信じることかもしれないし、」"perhaps it is ~ "「もしかすると、それは尊大さを信じることかもしれない」。卑小さも尊大さも共に、あなたがでっち上げた幻想である。"Yet it must be ~ "「しかし、それは正気ではない」。"because it is ~ "「なぜなら、それは真実ではないからだ」。



Your grandeur will never deceive you, but your illusions always will. Illusions are deceptions. 
  • deceive [disíːv] : 「欺く、だます、裏切る」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • deception [disépʃən] : 「だますこと、うそ」
❖ "Your grandeur ~ "「偉大さは、決してあなたを騙すことはないだろう」。"but your illusions ~ "「しかし、あなたの幻想は常にあなたを騙す」。"Illusions are ~ "「幻想とは騙しなのだ」。



You cannot triumph, but you are exalted. And in your exalted state you seek others like you and rejoice with them.
  • triumph [triumph] : 「勝利を収める、成功する」
  • exalt [igzɔ́ːlt] : 「〜を褒める、称賛する、賛美する」
  • state [stéit] : 「状態、情勢、状況」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す」
  • rejoice [ridʒɔ́is] : 「喜ぶ、祝う」
❖ "You cannot triumph ~ "「あなたは勝利することは出来ないが、しかし、あなたは称賛される」。"And in your ~ "「そして、あなたが称賛される状態において、」"you seek others ~ "「あなたは、あなたに似た他者を探し、彼らと共に喜び合うのだ」。さて、勝利できないとはどういうことだろう? まず、ここではあなたの偉大さについて述べていることに注意しよう。偉大さは勝利できないのだ。なぜなら、打ち負かすべき相手がいないからだ。勝利する必要がまったくない。偉大さは実相の世界におけるあなたの状態であり、実相は一元論の世界であって対立概念が存在しない。つまり、偉大さに対して偉大でないものなど存在しない。したがって、勝利しようにも競争相手がいないのだ。一方、幻想の世界、二元論の世界においては、尊大さは対立概念をもつ。尊大さは弱い者を打ち負かし、勝利することが出来る。しかし、その勝利すら、本当は幻想である。もっとも誰も気付かないが。さて、あなたは勝ち負けのない一元論の世界で偉大であり、ゆえに称賛される。もちろん偉大であり称賛に値するものはあなただけでなく、多くの他者が存在している。あなたはそういう同胞を探すのだ。そして、偉大で称賛に値する同胞と共に、互いの偉大さを分かち合い、拡張して、ますます喜びの境地を極める。蛇足になるが、勝利出来ない理由を一元論から説明したが、不二一元の考えからも説明できるだろう。つまり、あなたの偉大さと彼の偉大さは、あなたと彼が同一の神の子である限り、まったく同じである。偉大さには優劣はなく、偉大さは一つなのだ。勝利のしようがない。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp