●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.VIII.10:1 ~ T-9.VIII.11:9

10. You are altogether irreplaceable in the Mind of God. 
  • altogether [ɔ̀ːltəgéðər] : 「全く、完全に、全体で」
  • irreplaceable [ìripléisəbl] : 「かけがえのない、代わりがきかない」
❖ "You are altogether ~ "「あなたは、神の心の中で、完全に置き換えできない存在である」。三位一体の一つの柱として、他の何かで代用できるものではない。あなたは神にとって必須なのだ。



No one else can fill your part in it, and while you leave your part of it empty your eternal place merely waits for your return. 
  • else [éls] : 「そのほかの」
  • fill [fíl] : 「満たす、〜を補充する、注入する、満たす」
  • part [pɑ́ːrt] : 「役目、役割、一部、部分」
  • leave [líːv] : 「〜のままにしておく、〜の状態にしておく」
  • empty [émpti] : 「空の、無人の」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の、永久の」
  • place [pléis] : 「場所、個所、立場」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • wait [wéit] for : 「〜を待つ」
  • return [ritə́ːrn] : 「帰還、帰ること、帰郷」
❖ "No one else ~ "「あなた以外の誰も、神の心の中におけるあなたの役割を満たすことは出来ない」。"and while you ~ "「そして、あなたがあなたの役割を空(から)にしている間、」"your eternal place ~ "「あなたの永遠の場所はあなたの帰還を待っている」。神の心の中で演ずるあなたの役に、代役はいない。あなたがあなたの役を空の状態にしておけば、その空の役は永遠にあなたを待ち続ける。



God, through his voice, reminds you of it, and God himself keeps your extensions safe within it.
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • remind A of B : 「AにBのことを思い出させる」
  • keep [kíːp] : 「〜の状態にしておく」
  • extension [iksténʃən] : 「拡張、伸長、延長、伸展」
❖ "God, through his ~ "「神は、神の言葉を通して、あなたにそのことを思い起こさせる」。ここの"it"を「そのこと」と訳したが、具体的には「あなたの帰還を待っている」ということ。あるいは、この"it"を "the Mind of God"「神の心」ととらえても意味は通じる。つまり、「あなたに神の心を思い出させる」となる。つぎの文の"it"は "the Mind of God"ととらえた方がいいだろう。"and God himself keeps ~ "「そして、神自ら、あなたの拡張性を神の心の中で安全に保ってくれる」。あなたもあなたの同胞も、ともに神の子という役割があり、その役割を今は空白にしているわけだ。しかし、神はあなた方の回帰を待ち続け、ひとたび回帰が果たされれば、神の心の中で、あなた方は神の子という役割を分かち合い、三位一体としての役割を果たすのである。役割は分かち合われて拡張し、喜びと平和は増大していく。その状況を、神は神の心の中で安全に確実に保持してくれる。



Yet you do not know them until you return to them. You cannot replace the Kingdom, and you cannot replace yourself. 
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
  • replace [ripléis] : 「交換する、置き換える」
❖ "Yet you do not ~ "「あなたが拡張性に回帰するまで、あなたはあなたの拡張性を知らない」。ここの"them"を"extensions"「拡張性」ととらえて訳してみた。あなたが神の元に回帰して、自らの拡張性に目覚めるまで、その拡張性をあなたはすっかり忘れている。拡張性を忘れているのだから、創造性も忘れ、喜びや平和を分かち合ってそれを増大させていくことも忘れている。"You cannot replace ~ "「あなたは、王国を(他の何かで)置き換えることは出来ない」。"and you cannot ~ "「そして、あなたは、あなた自身を(他の何かで)置き換えることも出来ない」。あなたの役割を演ずる代役はいないし、そもそも、神の王国に代わる別の王国もない。



God, Who knows your value, would not have it so, and so it is not so. 
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち、真価」
  • have [həv] : 「〜にする」
❖ "God, Who knows ~ "「あなたの真価を知っている神は、そのようにしたいと思っていない」。ここの"have it so"は、王国やあなたを何かで置き換えようとすること。そんなことを神は意図していない。"and so it ~ "「そして、そうであるから、それはそうなっていない」。つまり、神が意図していないから、天の王国や神の子であるあなたは何かで置き換えことは出来ない。



Your value is in God's Mind, and therefore not in yours alone. 
  • therefore [ðéərfɔ̀ːr] : 「それ故に、従って」
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで」
❖ "Your value is ~ "「あなたの真価は神の心の中にある」。"and therefore not ~ "「したがって、あなたの真価は、あなたの心の中だけにあるのではない」。神の子としてのあなたの価値は、あなた自身が決めることではない。あなたの真価は神から継承したものなのだ。



To accept yourself as God created you cannot be arrogance, because it is the denial of arrogance. 
  • accept [əksépt] : 「認める、容認する、受け入れる」
  • arrogance [ǽrəgəns] : 「尊大、横柄、傲慢」
  • denial [dináiəl] : 「否定、拒否、拒絶、否認」
❖ "To accept yourself ~ "「あなた自身を、神があなたを創造したものとして受け入れることは、傲慢であるわけがない」。"because it is ~ "「なぜなら、それは傲慢さの否定だからだ」。神があなたを創造したのだから、あなたは傲慢ではなく偉大なのだ。偉大であることは傲慢さを否定する。なぜなら、偉大さが傲慢さを肯定したなら、それは偉大さではなく尊大であることの証拠になってしまうからだ。



To accept your littleness is arrogant, because it means that you believe your evaluation of yourself is truer than God's.
  • littleness [lítlnis] : 「小さいこと」
  • arrogant [ǽrəgənt] : 「尊大な、傲慢な、横柄な」
  • evaluation [ivæ̀ljuéiʃən] : 「評価、評定」
❖ "To accept your ~ "「あなたの卑小さを受け入れることは傲慢である」。"because it means ~ "「なぜなら、それはthat以下を意味するからだ」。"that you believe ~ "「あなた自身に対するあなたの評価は、神のそれより真実だと、あなたが信じている」ことを意味するからだ。神はあなたを偉大だと評価している。対して、あなたは自分を卑小だと評価し、そちらの方が正しいと信じるなら、神の評価を否定することであって、それこそが傲慢だ、ということ。



11. Yet if truth is indivisible, your evaluation of yourself must be God's. 
  • indivisible [ìndəvízəbl] : 「分割出来ない、割り切れない」
❖ "Yet if truth is ~ "「しかし、もし真実が分割出来ないものであるなら、」"your evaluation of ~ "「あなたのあなた自身への評価は、神への評価でもあるはずだ」。神という真実と神の子としてのあなたの真実は、分割できるものではない。なぜなら、神は愛(真実)の延長上に神の子を創造したのであり、神と神の子は分割できないからだ。一元論世界の神が創造したあらゆる真実は、"total"『完璧』であり"whole"『完全』であって、ただ一つの真実『神』へと収斂する。"indivisible"『分割不能』なのだ。もし、あなたが自分を卑小なものと評価すれば、それは神を卑小なものと評価したことになり、神が偉大でるという真実を分割したことになってしまう。



You did not establish your value and it needs no defense. Nothing can attack it nor prevail over it. It does not vary. It merely is. 
  • establish [istǽbliʃ] : 「達成する、確立する」
  • defense [diféns] : 「防衛、防御」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する」
  • nor [nɔːr] : 「そしてまた〜ない、〜もまた〜でない」
  • prevail [privéil] : 「勝つ、勝る」
  • prevail over : 「〜より優先する」
  • vary [véəri] : 「変わる、変化する、異なる」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
❖ "You did not ~ "「あなたがあなたの価値を確立するのではないし、」"and it needs ~ "「それは、全く守る必要などない」。"Nothing can ~ "「誰もあなたの価値を攻撃することは出来ないし、」"nor prevail ~ "「誰も、あなたの価値に勝るものはいない」。"It does not ~ "「それは変化しない」。"It merely is"「それはただあるのみ」。神が創造した神の子という真実は、ただそこにあるのみ。



Ask the Holy Spirit what it is and he will tell you, but do not be afraid of his answer, because it comes from God. 
  • ask [ǽsk] : 「質問する、聞く、問う」
  • be afraid of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事」
  • come from : 「〜から来る、〜に由来する」
❖ "Ask the Holy Spirit ~ "「あなたの価値とは何なのか、ホーリー・スピリットに訊ねてみなさい」。"and he will ~ "「そうすれば、ホーリー・スピリットはあなたに話してくれるだろう」。"but do not be ~ "「しかし、ホーリー・スピリットの答えを恐れてはならない」。"because it comes ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットの答えは神由来のものだからだ」。ホーリー・スピリットの答えを恐れる必要などない。ホーリー・スピリットの答えは神の答えであって、いわば、親が子に与える愛に満ちた答えであるからだ。



It is an exalted answer because of its Source, but the Source is true and so is Its answer. 
  • exalt [igzɔ́ːlt] : 「〜を高める、昇進させる」
  • exalted : 「高貴な、喜びでいっぱいの」
  • source [sɔ́ːrs] : 「もと、源、原因」
❖ "It is an exalted ~ "「ホーリー・スピリットの答えはソースからのものであるので、それは高い評価である」。"Source"「源」は神それ自身のこと。真実すべての源である。"but the Source ~ "「しかし、ソースは真実であるから、その答えも真実である」。"Source"「源」を"God"「神」に置き換えて読み直してみればいい。



Listen and do not question what you hear, for God does not deceive. 
  • listen [lísn] : 「耳を傾ける、聴く、聞く」
  • question [kwéstʃən] : 「〜を疑問に思う、質問する」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、だます、裏切る」
❖ "Listen and do ~ "「あなたの耳に入るものを、疑問を持たずに聞きなさい」。"for God does ~ "「なぜなら、神は欺くことはないからだ」。ホーリー・スピリットは真実をありのままに語るだけだ。疑いを持たず、虚心になって耳を傾ければいい。



He would have you replace the ego's belief in littleness with his own exalted answer to what you are, so that you can cease to question it and know it for what it is.
  • have [SVO do] : 「〜させる」
  • replace [ripléis] : 「交換する、置き換える」
  • so that : 「その結果」
  • cease [síːs] : 「〜をやめる、中止する」
❖ "He would have ~ "「神は、卑小さを信じるエゴの信念の代わりに、あなたが何であるかということに対する神自身の高められた答えをあなたに置き換えてもらいたいと思っている」。"so that you ~ "「その結果、あなたは答えに対して疑問を持つことを止め、その答えが何であるか知るのだ」。ここの2つの"it"は"exalted answer"と考えていいだろう。最後の部分"know it for what it is"が解釈しづらいのだが、「神の答えの何たるかを知る」といった感じか。あるいは、文の流れから言って"what it is"と"what you are"とはほぼ同等であろうから、"and know it for what it is"「神の答えによって、本当のあなたを知ることになる」と解釈しても、さほど遠くないだろう。いずれにしても、神の高められた答えを、ホーリー・スピリットを通して知る。それはエゴの評価である卑小さではなく、あなたは神同様に偉大であるという答えだ。その神の評価を、エゴの評価と置き換えるように神は望んでいる。それが出来た時、あなたは真に自分が何であるか知ることになる。あなたは神が創造した神の子なのだ。神の属性のすべてを継承した、神に愛される神の子である。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp