●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.VII.8:1 ~ T-9.VIII.1:7

8. Whenever you question your value, say:

        God himself is incomplete without me.
  • whenever [hwènévər] : 「〜するときはいつでも」
  • question [kwéstʃən] : 「〜を疑問に思う」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち」
  • incomplete [ìnkəmplíːt] : 「不完全な、不十分な」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで」
❖ "Whenever you ~ "「あなたが、あなたの価値に疑問をもった時はいつでも、次の言葉を口ずさみなさい」。"God himself is ~ "「神自身、あなたなしでは不完全である」と口ずさみなさい。聖書の神は全知全能の神であって、あなたがいようがいまいが、それ自体で完成されていると信じられているが、ACIMの神は違う。三位一体という言葉通り、神とホーリー・スピリットと神の子であるあなたの三者がそろって初めて、神の実相が完成される。神の子であるあなたの存在は神にとって欠かせないものなのだ。



Remember this when the ego speaks, and you will not hear it. 
  • remember [rimémbər] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
❖ "Remember this when ~ "「エゴがささやく時は、このことを思い出しなさい」。"and you will ~ "「そうすれば、あなたはエゴの声を耳にすることはないだろう」。エゴは、あなたを卑小で無価値なものと位置づけている。なぜなら、そう思い込ませることによって、神やホーリー・スピリットからあなたを分離し、断絶させたいからだ。神から分離、断絶した卑小なあなたは不足感を抱き、他者から奪うことを考え、奪うために他者を攻撃する。まさにエゴが描いたシナリオを実行するのだ。



The truth about you is so lofty that nothing unworthy of God is worthy of you. 
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理」
  • lofty [lɔ́fti] : 「高遠な、気高い、高尚な」
  • unworthy [ʌnwə́ːrði] : 「〜に値しない、値打ちのない」
  • worthy [wə́ːrði] : 「尊敬すべき、立派な、〜に値する」
❖ "The truth about ~ "「あなたに関する真実があまりにも気高いので、神にとって値しないものはすべて、あなたにとっても値しない」。あなたに関する真実とは、あなたは神が創造した神の子であるということ。あなたの実相は神の子であり、神の属性をすべて継承している。したがって、あなたと神はその気高さにおいて同等であり、神にとって無価値なものはあなたにとっても無価値である。逆に言えば、あなたは、神にとって価値あるものだけを自分にとって価値あるものだと見なすべきなのだ。



Choose, then, what you want in these terms, and accept nothing that you would not offer to God as wholly fitting for him. 
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • term [tə́ːrm] : 「条項、条件、語、言葉」
  • in A terms : 「Aの言葉で、Aによって、Aの点から」
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
  • would [wúd] : 「〜したいと思う」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する」
  • wholly [hóulli] : 「完全に、全く、全体として」
  • fit [fít] : 「合う、適合する、適する」
  • fit for : 「〜向きの」
❖ "Choose, then, what ~ "「そこで、こういった観点から眺めて、あなたの欲するものを選びなさい」。こういった観点とは、神にとって価値あるものがあなたにとっても価値があるのだという観点。"and accept nothing ~ "「そして、神に完全にフィットすると思って神に差し出したいと思わないものは何でも受け入れてはいけない」。神にふさわしいもので、神にささげたいと思うものだけを受け入れよ、ということ。



You do not want anything else. Return your part to him, and he will give you all of himself in exchange for the return of what belongs to him and renders him complete.
  • else [éls] : 「そのほかの」
  • return [ritə́ːrn] : 「〜を返す、戻す、返却する」
  • part [pɑ́ːrt] : 「一部、部分、役目、役割」
  • exchange [ikstʃéindʒ] : 「換えること、交換」
  • in exchange for : 「〜と交換に、〜の代わりに」
  • return [ritə́ːrn] : 「帰ること、返すこと」
  • belong [bilɔ́ːŋ] : 「属する、所属する」
  • belong to : 「〜に属する、〜の所有物である」
  • render [réndər] : 「〜の状態にする、変える」
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、完成した」
❖ "You do not ~ "「あなたは、それ以外のものを欲してはいない」。"Return your part ~ "「神にあなたという部分を返しなさい」。あなたは三位一体の、神の子という重要な部分になっている。神から分離し、あなたは三位一体の一部を欠いてしまった。それを、神の元へ回帰することで返すのである。"and he will ~ "「そうすれば、神はあなたに、神自身のすべてを与えてくれるだろう」。"in exchange for ~ "「神に属し、神を完全にするものを返したお返しとして、」すべてを与えてくれるだろう。





VIII. Grandeur versus Grandiosity
偉大さ対尊大さ



1. Grandeur is of God, and only of him. Therefore it is in you. 
  • grandeur [grǽndʒər] : 「偉大さ、威厳、壮大さ」
❖ "Grandeur is ~ "「偉大さとは神のものであり、神のみのものである」。"Therefore it is ~ "「したがって、それはあなたの中にある」。あなたは神の子であるから、神の属性をすべて継承している。したがって、神の偉大さをあなたは継承している。



Whenever you become aware of it, however dimly, you abandon the ego automatically, because in the presence of the grandeur of God the meaninglessness of the ego becomes perfectly apparent. 
  • whenever [hwenévər] : 「〜するときはいつでも」
  • aware of : 「〜に気付いている、〜を知っている」
  • however [hauévər] : 「どんなに〜でも」
  • dimly [dímli] : 「薄暗く、ぼんやりした」
  • abandon [əbǽndən] : 「捨てる、捨て去る」
  • automatically [ɔ̀ːtəmǽtikəli] : 「無意識に、思わず、自動的に」
  • presence [prézns] : 「存在すること、存在」
  • in the presence of : 「〜のいるところで、〜の存在下で」
  • meaninglessness [míːniŋlisnis] : 「意味のなさ」
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に」
  • apparent [əpǽrənt] : 「明らかな、明白な」
❖ "Whenever you ~ "「ぼんやりであったとしても、あなたが自分の偉大さに気付き始める時はいつでも、」"you abandon ~ "「あなたは自動的にエゴを捨てることになる」。"because in ~ "「なぜなら、神の偉大さが存在する下(もと)で、エゴの無意味さは完全に明白になるからだ」。



When this occurs, even though it does not understand it, the ego believes that its "enemy" has struck, and attempts to offer gifts to induce you to return to its "protection." 
  • occur [əkə́ːr] : 「起こる、発生する、生じる」
  • even though : 「〜であるけれども、〜にもかかわらず」
  • enemy [énəmi] : 「敵、敵対者」
  • struck [strʌ́k] : 「strike の過去・過去分詞形」
  • strike [stráik] : 「襲う、攻撃を開始する」
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する」
  • induce [indjúːs] [SVO to do] : 「人に勧めて〜させる、説いて〜させる」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、帰還する」
  • protection [prətékʃən] : 「保護、守ること、防御」
❖ "When this occurs ~ "「このことが起きると、」"even though it ~ " 最初の"it"はエゴ、後の"it"は状況として、「たとえ、エゴがその状況を理解していなくても、」"the ego believes ~ "「エゴは、エゴの『敵』が攻撃してきたものと信じ、」"and attempts to ~ "「エゴの『防御』へ回帰するようにとあなたを説き伏せるために、あなたに贈り物を差し出そうと試みる」。あなたが自分の偉大さに気付き始めると、エゴはあなたがホーリー・スピリットに奪われてしまいかねないと恐れ、あなたを甘い餌(gifts)で誘惑し、あなたを本当に守れる(protection)のはエゴだけだとささやいて、あなたをエゴの支配圏内に留め置こうとする。



Self-inflation of the ego is its alternative to the grandeur of God. Which will you choose?
  • self-inflation : 「自己膨張」
  • alternative [ɔːltə́ːrnətiv] : 「代わりとなるもの、代替物」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "Self-inflation of ~ "「エゴが虚勢を張ることは、神の偉大さに対抗してエゴが代わりになすことだ」。"Self-inflation"は「自己膨張」のことだが、自分を大きく見せようと虚勢をはることと解釈した。"Which will ~ "「あなたはどちらを選ぶだろうか」。神の偉大さを選ぶか、エゴの尊大さを選ぶか。二者択一である。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp