●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.VI.5:1 ~ T-9.VI.6:5

5. You are not yet awake, but you can learn how to awaken. Very simply, the Holy Spirit teaches you to awaken others. 
  • awake [əwéik] : 「目が覚めて」
  • awaken [əwéikn] : 「目を覚まさせる、目覚める」
  • simply [símpli] : 「簡単に、分かりやすく」
❖ "You are not ~ " 前文からの引き続きで、「あなたはまだ目覚めていない」。"but you can ~ "「しかし、あなたは目の覚まし方を学ぶことは出来る」。"Very simply ~ "「それはとても簡単で、ホーリー・スピリットがあなたに、他者を目覚めさせることを教えてくれる」。どうやら、自分が目覚めるにはまず、他者を目覚めさせることが必要らしい。



As you see them waken you will learn what waking means, and because you have chosen to wake them, their gratitude and their appreciation of what you have given them will teach you its value. 
  • waken [wéikn] : 「眠りから目覚める、目を覚ます」
  • waking [wéikiŋ] : 「覚醒、目を覚ますこと」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • chosen [tʃóuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • gratitude [grǽtətjùːd] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • appreciation [əprìːʃiéiʃən] : 「感謝、正しい評価」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち」
❖ "As you see ~ "「彼らが目覚めた姿を見ると、」"you will learn ~ "「あなたは、目覚めとは何を意味するのか学ぶだろう」。"and because you ~ "「そして、あなたが彼らを目覚めさせることを選んだのだから、」"their gratitude and ~ "「彼らの感謝、そして、あなたが彼らに与えたものに対する彼らの正しい評価が、あなたに目覚めの価値を教えるのだ」。



They will become the witnesses to your reality, as you were created witnesses to God's. 
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、実相」
❖ "They will become ~ "「彼らは、あなたの実相の証人になってくれるだろう」。"as you were ~ "「ちょうど、あなたが、神の実相の証人として創造されたように」。彼らは目覚めたのだから、真実を見ることが出来る。その真実を見る目で、あなたの実相を目撃してくれるのだ。



Yet when the Sonship comes together and accepts its Oneness it will be known by its creations, who witness to its reality as the Son does to the Father.
  • together [təgéðər] : 「一緒に、同時に」
  • come together : 「一緒になる、一体となる」
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
  • oneness [wʌ́nnis] : 「単一性、同一性」
  • witness [wítnəs] : 「〜を証言する」
  • witness to : 「〜を目撃する、〜を証言する」
❖ "Yet when the Sonship ~ "「しかし、神の子が一体となり、その単一性を受け入れたとき、」"it will be ~ "「神の子は、神の子が創造したものによって知られることになる」。"who witness to ~ "「神の子がその父なる神の証人であるように、神の子が創造したものが神の子の実相を証言するのである」。難解である。あなたが他者を目覚めさせ、その目覚めた他者はあなたの実相の証言者となる。同じことが立場をかえて起き、他者があなたを目覚めさせ、あなたが他者の証言者となる。このような連鎖が起きることで、すべての神の子が目覚め、集い、一体となり、心の単一性に気が付くのである。これは横のつながりであるが、同様の現象が縦の関係でも起きる。神の子が創造した真実は、幻想から目覚めたヴィジョンによって目撃され、神の子の実相の証言者になる。つまり、神の子の本当の姿は神の子が創造したものによって知られるのだ(it will be known by its creations, who witness to its reality)。それはちょうど、神が神の子を創造し、創造された神の子が目覚めることで神の実相を証言するのと同じである(as the Son does to the Father)。ここで、私達が目覚めたなら何をするのか、という問への答えがはっきりした。神の実相を証言するのである。



6. Miracles have no place in eternity, because they are reparative. 
  • have no place in : 「〜に存在する意味がない」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
  • reparative [ripǽrətiv] : 「修理の、修繕の」
❖ "Miracles have no ~ "「奇跡は、永遠の中に存在する意味はない」。"because they are ~ "「なぜなら、奇跡は修復のためにあるからだ」。奇跡はヒーリングのためにある。それは悪しき状態から良き状態へ修復することであって、変化するものや、あるいは変化を促すものは永遠性の中には存在できない。ネガティブに聞こえるなら、永遠の状態では奇跡は必要ないと言い換えていい。実相世界では奇跡は不要だから存在しないだけなのだ。



Yet while you still need healing, your miracles are the only witnesses to your reality that you can recognize. 
  • still [stíl] : 「いまだに、今もなお」
  • need [níːd] : 「〜を必要とする」
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、実相」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
❖ "Yet while you ~ "「しかし、あなたがヒーリングを必要としている間は、」"your miracles are ~ "「あなたの奇跡は、あなたが認識できるあなたの実相に対する唯一の証人である」。幻想のこの世界に生きながら、私達はどうやって真実の存在である自分の実相を知り得るだろうか? 自分は本当に実在していると宣言できるか? もしかしたら、自分は単なる夢の中の登場人物に過ぎないかもしれない。ところが、ここで言われているのは、あなたが真に実在しているということを証言してくれるのは、あなたの奇跡だということだ。あなたが奇跡を必要としている限り、あなたの実相は確かに存在している。なぜなら、非存在に奇跡は必要ないからだ。
 ところで、永遠の状態では奇跡は存在しない。では、永遠の状態であなたの実相を証言してくれるのは何か? ここには何も書かれていないが、証言の必要はない、ということに尽きる。永遠の中では叡知が実相を知っている。それだけのことであって、証言する必要などない。必要ないものは存在しない。



You cannot perform a miracle for yourself, because miracles are a way of giving acceptance and receiving it. 
  • perform [pərfɔ́ːrm] : 「〜を行う、実行する、遂行する」
  • acceptance [əkséptəns] : 「受け入れること、容認」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る」
❖ "You cannot perform ~ "「あなたは、あなた自身のためだけに奇跡を行うことは出来ない」。"because miracles are ~ "「なぜなら、奇跡は、受け入れることを与え、受け入れることを受ける方法だからだ」。さて、どういうことか。ここでは、奇跡とヒーリングを同一視して考えていいだろう。受け入れることとは、真実を受け入れること、つまり、この世界もこの肉体も幻想に過ぎず、私達の真実を見る目が眠っているということだ。真実を受け入れ、目を覚ますことがヒーリングであり、奇跡である。では、そのヒーリングや奇跡は単独で行うことなのかと言うと、そうではない。私達の心は分裂し、無数の個性が生れたかに見えるが、本来はたった一つの心(Mind)であったはずだ。私達が真実に目覚めたとき、私達が単一の心であることを悟るだろう。逆に、私達が真実に目覚めるには、すべての心が目覚めねばならない。あなた一人が目覚めるのではなく、私達の心がすべて目覚めなくてはならないのだ。したがって、ヒーリングは分かち合わなくてはならない。もちろん、奇跡も分かち合い、拡張し、増大させなくてはならない。真実を受け入れることを、ギヴ・アンド・テイクし、あなたと同胞が共にヒーリングされなくてはならないのである。



In time the giving comes first, though they are simultaneous in eternity, where they cannot be separated. 
  • simultaneous [sàiməltéiniəs] : 「同時に起こる」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する」
❖ "In time the giving ~ "「時間という(リニアな)枠では、与えることが先に来る」。"though they are ~ "「しかし、永遠という枠では、与えることも得ることも同時に起きる」。"where they cannot ~ "「そこでは、与えることと得ることは分離できないのだ」。実相の世界の出来事はホログラム的に考えなくてはいけない。実相には時間という幻想はなく、すべての現象が今、同時進行している。いや、進行し終わっていると言っ方が正確かもしれない。



When you have learned they are the same, the need for time is over.
  • same [séim] : 「同じ、同一の」
  • over [óuvər] : 「終わって、終了して」
❖ "When you have ~ "「あなたが、与えることと得ることが同じなのだと学び終えたとき、」"the need for ~ "「時間の必要性は終わってしまう」。時間が幻想であることが認識され、時間という錯覚は消える。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp