●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.V.1:1 ~ T-9.V.2:3

V. The Unhealed Healer
癒されていないヒーラー



1. The ego's plan for forgiveness is far more widely used than God's. 
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦」
  • far more : 「はるかに多く」
  • widely [wáidli] : 「広く、幅広く」
❖ "The ego's plan ~ "「エゴの赦しのプランは、神の赦しのプランより、ずっと利用されている」。エゴの赦しのプランとは何か? やがて明かにされるだろうが、もちろん、神(ホーリー・スピリット)の赦しのプラントは逆方向のものであるから、大体の見当はつく。この世では、安易なもの、まやかしほど重宝がられて利用されるものだ。



This is because it is undertaken by unhealed healers, and is therefore of the ego. Let us consider the unhealed healer more carefully now. 
  • undertaken : 「undertakeの過去分詞」
  • undertake [ʌ̀ndərtéik] : 「引き受ける、企てる」
  • unhealed : 「治癒していない、未治癒の」
  • consider [kənsídər] : 「よく考える、考慮する」
  • carefully [kéərfəli] : 「注意深く、慎重に」
❖ "This is because ~ "「この赦しのプランは、癒されていないヒーラーによって請け負われているからだ」。偽のヒーラーに利用されている。"and is therefore ~ "「したがって、それはエゴの赦しのプランである」。"Let us consider ~ "「今から注意深く、癒されていないヒーラーについて考えていこう」。癒されていないヒーラーはエゴの思考システムに支配されているから、彼を観察すればエゴの思考システムが分かる。



By definition, he is trying to give what he has not received. 
  • definition [dèfəníʃən] : 「定義、明確にすること」
  • by definition : 「定義により、明らかに」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る」
❖ "By definition ~ "「定義からして、癒されていないヒーラーは、受け取っていないものを与えようとしている」。癒されていないというのが定義であるから、このヒーラーはヒーリングされていない。その得てもいないヒーリングを他者に与えようとしているわけだ。ヒーリングは基本的にエゴからホーリー・スピリットへの、思考システムの転換である。幻想から実相への目覚めだ。癒されていないヒーラーはホーリー・スピリットへの思考システムの転換を経験していない。眠ったままだ。思考システムの転換が出来ていない者に、他者の思考システムの転換を成就させることは不可能だ。眠った者が、どうして他者を目覚めさせることが出来るだろうか。



If an unhealed healer is a theologian, for example, he may begin with the premise, "I am a miserable sinner, and so are you. "
  • theologian [θìːəlóudʒən] : 「神学者」
  • example [igzǽmpl] : 「例、実例」
  • for example : 「例えば、例として」
  • begin with : 「〜から始める」
  • premise [prémis] : 「前提、仮定」
  • miserable [mízərəbl] : 「惨めな、悲惨な、哀れな」
  • sinner [sínər] : 「罪人、罪を犯した人」
❖ "If an unhealed ~ "「たとえば、もし、癒されていないヒーラーが神学者なら、」"he may begin ~ "「彼は、『私は惨めな罪人であり、あなたもそうだ』という前提から始めるだろう」。本当は、実相的にどちらも罪人ではないから、そもそも前提が誤っている。まるで、病気もない人に向かって、お前は病気だから医者に治してもらわなくてはいけない、と言っているようなものだ。



If he is a psychotherapist, he is more likely to start with the equally incredible belief that attack is real for both himself and the patient, but that it does not matter for either of them.
  • psychotherapist [sàikouθérəpist] : 「心理療法師、精神療法」
  • more likely to do : 「〜する可能性が高い、〜しやすい」
  • start with : 「〜から始める」
  • equally [íːkwəli] : 「等しく、同様に、平等に」
  • incredible [inkrédəbl] : 「信じられない、信じ難い」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • both [bóuθ] A and B : 「AとB両方とも」
  • patient [péiʃənt] : 「病人、患者」
  • matter [mǽtər] : 「重要である、問題である」
  • either [íːðər] : 「どちらの〜でも、どちらの〜も」
❖ "If he is ~ "「もし、癒されていないヒーラーがサイコセラピストなら、彼はthat以下という、(進学者と)等しく、信じられない信念をもって事を始める可能性が高い」。"that attack is ~ "「攻撃は彼と患者の両者にとって現実であるが、」"but that it ~ "「攻撃なんて、両者にとって大して重要なことではない」という信念から始める。攻撃は実在する現実だという前提から始めているので、前提自体が誤っている。結果、他者からの攻撃なんて大したことがないから、より大きな攻撃力で撃退すればいい、という発想につながる。力でもって力を制するという発想だ。



2. I have repeatedly said that beliefs of the ego cannot be shared, and this is why they are unreal. How, then, can "uncovering" them make them real? 
  • repeatedly [ripíːtidli] : 「繰り返して、再三にわたり」
  • share in : 「〜を分かち合う、〜を共有する」
  • unreal [ʌnríəl] : 「実在しない、非現実的な」
  • uncover [ʌnkʌ́vər] : 「明らかにする、暴く」
❖ "I have repeatedly ~ "「私は繰り返し、that以下を言ってきた」。"that beliefs of ~ "「エゴの信念は分かち合われることはなく、それゆえ現実のものではない」と言ってきた。 "How, then, can ~ "「それでは、いったい、現実ではないものを『あらわにすること』で、それらを現実のものとすることが可能だろうか」。たとえば、先の神学者の例で、あなたも神学者同様に惨めな罪人なのだと暴いたところで、あなたの罪は現実化されるだろうか? あなたが罪人だと言っているのはエゴである。それは幻想であり、実相的にあなたは罪人でない。エゴの信念によって罪を暴いたからといって、罪は幻想のままなのだ。実相は何の影響も受けない。また、先のサイコセラピストがあなたの攻撃性を暴露したところで、実相のあなたに攻撃性という属性が加わるわけではない。攻撃性はエゴの描いた幻想に過ぎないのだから。



Every healer who searches fantasies for truth must be unhealed, because he does not know where to look for truth, and therefore does not have the answer to the problem of healing.
  • search [sə́ːrtʃ] : 「捜す、捜索する」
  • look for : 「〜を探す」
  • problem [prɑ́bləm] : 「問題、課題」
❖ "Every healer who ~ "「真実を求めてファンタジーを探査するすべてのヒーラーは、ヒールされていないに違いない」。幻想の中に、存在し得ない真実を探し出そうとすることは、そのヒーラーが目覚めていない証拠だ。"because he does ~ "「なぜなら、彼は真実を求めて何処を探せばいいか分かっていないのであり、」"and therefore does ~ "「したがって、ヒーリングの問題への答えも持っていないのだから」。真実の存在する場所も分からず、ヒーリングをどう実行すればいいかも知らないのだから、本物のヒーラーとは言えない。ヒーリングは心の問題であり、心の思考システムの問題であり、ホーリー・スピリットの思考システムによって真実を知ることがヒーリングにつながると知っている者が真のヒーラーだ。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp