●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.IV.1:1 ~ T-9.IV.2:7

IV. The Holy Spirit's Plan of Forgiveness
ホーリー・スピリットの赦しのプラン



1. Atonement is for all, because it is the way to undo the belief that anything is for you alone. 
  • atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い」
  • way [wéi] : 「方法、やり方、手段」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元どおりにする、取り消す」
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで」
❖ "Atonement is ~ "「贖罪はすべての人のためにある」。"because it is ~ "「なぜならば、贖罪は、何かがあなた一人のためにあると信じていることを取り消す方法であるからだ」。自分一人のためという発想は分離を肯定する考え方だ。神への回帰には心の再統一が必要であり、分離を克服しなくてはならない。贖罪とは、心は神の元を一歩も離れることはなかったし、神を裏切ったこともなく、したがって罪はないと叡智をもって知ることである。そのとき、神からの分離も、心の分裂も解消されるので、自分一人のためという発想も取り消されることになる。あなたと同胞は、神の子として自他一如なのだ。



To forgive is to overlook. Look, then, beyond error and do not let your perception rest upon it, for you will believe what your perception holds. 
  • overlook [òuvərlúk] : 「見過ごす、大目に見る、許す」
  • beyond [bijɑ́nd] : 「の向こう側に、〜を越えて」
  • error [érər] : 「誤り、間違い」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、見識、感じ方」
  • rest [rést] : 「ある、置かれている」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、心に抱く」
❖ "To forgive is ~ "「赦すとは見て見ぬ振りをすることである」。表面的に知覚されることにこだわらず、見ぬ振りをして手放してやれ、ということ。"Look, then, beyond ~ "「次に、誤りを越えてその向こうを見るようにしなさい」。"and do not let ~ "「そして、あなたの知覚がその誤りに居座らないようにしなさい」。"for you will ~ "「なぜなら、あなたは、あなたの知覚が居座ったものを信じてしまうからだ」。肉体的な知覚は、幻想を実在するかのように感じ取る。罪に代表されるような誤りも、夢の中の出来事だと判断できずに、今現在実在するものと思い込む。あなたは知覚したものが実在すると信じてしまうのだ。そうならないように、知覚が感じ取る表面的なものを見過ごしてやり、その向こうに実在する真実を見るようにしなくてはいけない。あなたは知覚を修正する必要があり、あなたが願えばホーリー・スピリットが導いてくれる。ホーリー・スピリットは、知覚を学びの補助装置として利用する方法を知っているからだ。



Accept as true only what your brother is, if you would know yourself. Perceive what he is not and you cannot know what you are, because you see him falsely. 
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
  • would [wúd] : 「〜したいと思う」
  • falsely [fɔ́ːlsli] : 「偽って、不当に」
❖ "Accept as true ~ "「もしあなたが、あなた自身を知りたいと思うなら、あなたの同胞のありのままの姿だけを、それが本当だとして受け入れなさい」。ここの"know"は単に知るという意味ではなく、叡智をもって真実を知る、というニュアンス。同胞は鏡に映るあなた自身である。同胞のありのままの姿はあなたのありのままの姿であり、それが本当のあなた自身。"Perceive what he ~ "「本当ではない同胞を知覚してみなさい」。"and you cannot ~ "「すると、あなたは本当のあなたを知ることは出来ない」。"because you see ~ "「なぜなら、あなたは彼を誤って見ているからだ」。あなたとあなたの同胞は、この幻想の世界では分離し個別的ではあるが、実相世界では一なる心(Mind)として分離されるものではなく、単一の神の子である。したがって、真実の同胞を知ることは真実の自己を知ることにつながる。



Remember always that your Identity is shared, and that Its sharing is Its reality.
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • identity [aidéntəti] : 「正体、身元、独自性」
  • share in : 「〜を分かち合う、〜を共有する」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、事実、実相」
❖ "Remember always that ~ "「あなたのアイデンティティは分かち合われており、アイデンティティを分かち合うことが実相的現実である、と覚えておきなさい」。あなたのアイデンティティとは、一なる心として単一の神の子である、ということ。その心が分裂し、私達の無数の心が生み出された。しかし、分裂したからといって本来のアイデンティティを失ったわけではない。単一の神の子というアイデンティティは捨てられないのだ。私達は心の再統一を目指して、神の子であるというアイデンティティを分かち合っており、その分かち合いが私達の実相的な現実になっている。



2. You have a part to play in the Atonement, but the plan of the Atonement is beyond you. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「役目、役割、役」
  • atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い」
  • plan [plǽn] : 「計画、企画」
  • beyond [bijɑ́nd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて」
❖ "You have a part ~ "「あなたは、贖罪を実行する役割をもっている」。"but the plan ~ "「しかし、贖罪のプランは、あなたを越えたところにある」。幻想に過ぎない罪を赦して、その罪を消滅させるという贖罪は、あなたが行わなければいけないあなたの役割だ。贖罪の計画は、神による救いの計画(God's Plan)の一角であって、その計画の立案にあなたが参画する必要はない。と言うより、実相的な叡智に達していない知覚段階のあなたには救いの計画立案への参画は不可能なのだ。救いの計画立案は神とホーリー・スピリットに任せておいて、あなたは与えられた役割をまじめに実行すればいい。



You do not understand how to overlook errors, or you would not make them. 
  • overlook [òuvərlúk] : 「見て見ぬふりをする、見過ごす」
❖ "You do not ~ "「あなたは、誤りをどのようにして大目に見るか、理解していない」。"or you would ~ "「さもなければ、あなたは誤りを犯すことはないだろう」。誤りを幻想の世界の出来事としてとらえ、本当は誤りは起きなかったのだというとらえ方を、あなたは理解していない。しかたがって、誤りを実際に起きたものととらえてしまうから、誤りを現実化してしまし、誤りを見過ごすことが出来ない。つまり、文字通りあなたは自分で誤りを作り出しているのだ。



It would merely be further error to believe either that you do not make them, or that you can correct them without a Guide to correction. 
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • further [fə́ːrðər] : 「より一層の、さらなる」
  • either [íːðər] A or B : 「AかそれともBか」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する」
  • correction [kərékʃən] : 「訂正、矯正、修正、是正」
❖ "It would merely ~ " ここは"It ~ to do ~ "の構文、「あなたは誤りを犯さない、あるいは、誤りの訂正を指導してくれるガイドなしにあなたは誤りを修正できると信じることは、単に、更なる誤りだと言えるだろう」。もちろん、"Guide"とはホーリー・スピリットのこと。



And if you do not follow this Guide, your errors will not be corrected. 
  • follow [fɑ́lou] : 「ついて行く、〜に従う」
❖ "And if you ~ "「そして、もしあなたがこのガイドについて行かないのなら、」"your errors will ~ "「あなたの誤りは修正されない」。ホーリー・スピリットは、誤りを取り消すことで誤りを正す。つまり、誤りは存在しなかったのだとあなたに教える。それが出来るのはホーリー・スピリットだけだ。したがって、ホーリー・スピリットの導きに従わない限り、あなたの誤りは修正、あるいは取り消しにされることはない。



The plan is not yours because of your limited ideas about what you are. 
  • limited [límitid] : 「限られた、制限された」
❖ "The plan is ~ "「本当のあなたに関するあなたの考えが制限されているので、その(贖罪の)プランはあなたのものではない」。あなたはまだまだ、本当のあなた自身を知らないので、贖罪のためのプランを立てることは出来ない、ということ。プランはホーリー・スピリットに任せておけばいい。では、あなたの贖罪における仕事は何かというと、無条件に他者を、あるいは自己を赦すことである。



This sense of limitation is where all errors arise. The way to undo them, therefore, is not of you but for you.
  • sense [séns] : 「感覚、知覚、分別」
  • limitation [lìmətéiʃən] : 「制限、極限、限定」
  • arise [əráiz] : 「起こる、生じる、発生する」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元どおりにする、取り消す」
❖ "This sense of ~ "「この制限の感覚が、すべての誤りの発生する場所である」。あなたが叡智をもって本当の自分を知るレベルにいるなら、それは神の子である自分に目覚めた状態であるから、制限という感覚は存在しない。しかし、制限の感覚が存在する限り、まだ、あなたは叡智をもって自分を知るレベルに達していないので、誤りを犯してしまう危険性がある。"The way to undo ~ "「したがって、誤りを取り消す方法は、あなたのものではなく、それはあなたのためにあるものなのである」。誤りを取り消す方法を知っているのはあなたではなく、ホーリー・スピリット。ホーリー・スピリットはあなたのために、あなたの誤りを取り消してくれる。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp