●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.II.5:1 ~ T-9.II.6:12

5. The message your brother gives you is up to you. What does he say to you? 
  • message [mésidʒ] : 「伝言、メッセージ」
  • up to : 「〜次第で」
❖ "The message your ~ "「あなたの同胞があなたに伝えるメッセージはあなた次第である」。"What does he ~ "「同胞はあなたに何を言うだろうか」。他者(同胞)は鏡に映ったあなた自身であることを念頭に置いておくこと。当然、鏡の中のホーリー・スピリットはあなたの心の中のホーリー・スピリットと同一である。



What would you have him say? Your decision about him determines the message you receive. 
  • would : 「〜したいと思う」
  • have : 「〜に〜させる、〜してもらう」
  • decision [disíʒən] : 「決定、決意、決心」
  • determine [ditə́ːrmin] : 「決定する、決心する」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る」
❖ "What would you ~ "「あなたは同胞に何と言ってほしいのか」。"Your decision ~ "「彼に対するあなたの決心が、あなたの受け取るメッセージを決定する」。



Remember that the Holy Spirit is in him, and his voice speaks to you through him. 
  • remember [rimémbər] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
❖ "Remember that ~ "「ホーリー・スピリットが同胞の心の中にいることを思い出しなさい」。"and his voice speaks ~ "「そうすれば、ホーリー・スピリットの声が、同胞を通してあなたに語りかけてくれる」。



What can so holy a brother tell you except truth? But are you listening to it? Your brother may not know who he is, but there is a light in his mind that does know. 
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "What can so ~ "「それほどまでに神聖な同胞が、真実以外に、いったい何をあなたに語り得るだろうか」。"But are you ~ "「しかし、あなたはそれを聞くつもりでいるだろうか」。"Your brother ~ "「あなたの同胞は、本当の自分を知らないかもしれない」。"but there is ~ "「しかし、彼の心の中には、本当の彼を知っている光がある」。もちろん、その光とはホーリー・スピリットのこと。



This light can shine into yours, giving truth to his words and making you able to hear them.
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • be able to : 「〜することができる」
❖ "This light can ~ "「その光はあなたの心の中まで照らすことが出来る」。"giving truth to ~ "分詞構文、単純接続、「そして、その光は彼の言葉に真実を与え、あなたがその言葉に耳を傾けるように仕向ける」。光は真実そのものである。そこに違和感があるなら、光をホーリー・スピリット自身ととらえてもいい。光をホーリー・スピリットの愛ととらえてもいいし、ホーリー・スピリットが神聖な光を介してコミュニケーションをとっている、と解釈してもいいだろう。



His words are the Holy Spirit's answer to you. Is your faith in him strong enough to let you hear?
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信じること、信念」
  • strong enough to do : 「〜するほど強い」
❖ "His words are ~ "「同胞の言葉は、あなたに対するホーリー・スピリットの答えである」。"Is your faith ~ "「彼に対するあなたの信頼は、あなたに耳を傾かせるほど強いだろうか」。



6. You can no more pray for yourself alone than you can find joy for yourself alone. 
  • no more A than B : 「AでないのはBでないのと同じ」
  • pray [préi] : 「祈る、懇願する、嘆願する」
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
❖ "You can no ~ "「あなたは、あなたのためだけに祈ることが出来ないのは、あなたのためだけの喜びを見出せないのと同じである」。あなたが気付かなくても、あなたの祈りや喜びは同胞と分かち合われる。



Prayer is the restatement of inclusion, directed by the Holy Spirit under the laws of God. 
  • prayer [préər] : 「祈り、祈りの言葉」
  • restatement [ristéitmənt] : 「再表示、更新」
  • inclusion [inklúːʒən] : 「含めること、包含」
  • direct [dərékt] : 「〜を…で導く、〜を方向づける」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律」
❖ "Prayer is the ~ "「祈りとは、包括を再宣言することである」。"directed by ~ "分詞構文、"Being"を補うといい、「神の法の下(もと)、ホーリー・スピリットによる導きによって」。さて、どういう意味だろうか。神はすべてを包含するものであった(all-encompassing)。神の法は分離、分裂、分割とは逆の方向を向いている。私達の心は、神からの分離、心の分裂を経て、数々の不足を経験するに至ったが、それ以前は、不足は存在しなかった。したがって、私達の祈り(prayer)は詰まる所、その不足の解消を願うものである。では、その願いを聞いたホーリー・スピリットはその願いを叶えるために、いったいどの方向を向くだろうか。もちろん、心の分離、分裂を解消する方向、つまり神の法に準じた統合と結合、すなわち、再包括の方向に舵を切る。したがって、祈りは、究極、神による包括に向かう再宣言となるわけだ。こんな解釈でどうであろうか。



Salvation is of your brother. The Holy Spirit extends from your mind to his, and answers you. 
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い」
  • extend [iksténd] : 「広げる、拡張する、拡大する」
❖ "Salvation is of ~ "「救済は、あなたの同胞から来る」。救済は同胞の肩にかかっている、同胞抜きにあなたの救いは考えられない。"The Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたの心から同胞の心へと拡張し、あなたに答えるのである」。ACIMの自他一如を考えれば、これは当たり前のことだ。この世界の中だけで見る限り、あなたと他者は分離しており、二つの心をそれぞれが持っているように見える。しかし、実相的な存在形態はそうではない。ACIMの教えるところによれば、あなたと他者は同一なのだ。したがって、あなたの心のホーリー・スピリットは同時に他者の心の中のホーリー・スピリットであり、この世界の目から見れば、あたかも、あなたの心から他者の心へとホーリー・スピリットが拡張して行ったかに見える。同様に、あなたの救済は他者の救済であり、他者の救済はあなたの救済でもある。あなたと他者は実相的に分離、分割できないのだ。神の法に分離、分割はない。統合し、包括するのみ。



You cannot hear the Voice for God in yourself alone, because you are not alone. 
  • for : 「〜の代わりに」
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで」
❖ "You cannot hear ~ "「あなたは、あなたの中だけで神の代わりに話す声(ホーリー・スピリットの声)を聞くことは出来ない」。"because you are ~ "「なぜなら、あなたは、たった一人ではないからだ」。もちろん、ここで言う「たった一人ではない」という言葉は、文字通りのことであって、感傷的なロマンティストの発言とはまったく異なる。



And his answer is only for what you are. You will not know the trust I have in you unless you extend it. 
  • trust [trʌ́st] : 「信頼、信用」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り」
❖ "And his answer ~ "「そして、ホーリー・スピリットの答えは、本当のあなたのためだけのものである」。ホーリー・スピリットは、あなたが本当の自分に回帰できるような答えだけを与えてくれる、という意味合い。"You will not ~ "「あなたは、あなたの私(イエス)への信頼を拡張しない限り、私のあなたへの信頼を知ることは出来ないだろう」。あなたに対するイエスの信頼は揺るぎない。しかし、それを知るには、あなたがイエスを信頼する必要がある。恐れと疑いを抱いたままでイエスを信じているなどと発言することは不可能だ。



You will not trust the guidance of the Holy Spirit, or believe that it is for you unless you hear it in others. 
  • trust [trʌ́st] : 「信用する、信頼する」
  • guidance [gáidns] : 「助言、指導」
❖ "You will not ~ "「あなたが他者の中にホーリー・スピリットの助言を聞かない限り、あなたはホーリー・スピリットの助言を信頼しないだろうし、それがあなたのためなのだということも信じないだろう」。前文でイエスへの信頼を拡張する必要性があると述べられているが、信頼を拡張するとは、同胞の心の中のホーリー・スピリット、あるいはキリストを信頼することである。自分と他者の間の垣根を取り払ってしまうのだ。



It must be for your brother because it is for you. Would God have created a Voice for you alone? 
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
❖ "It must be for ~ "「ホーリー・スピリットの助言はあなたのためなのだから、それはあなたの同胞のためでもあるに違いない」。"Would God have ~ "「神は、あなた一人のためにホーリー・スピリットの声を創造したなどということがあり得ようか」。



Could you hear his answer except as he answers all of God's Sons? 
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "Could you hear ~ "「ホーリー・スピリットがすべての神の子に答える答え以外の答えを、いったいあなたはホーリー・スピリットに聞けるだろうか」。



Hear of your brother what you would have me hear of you, for you would not want me to be deceived.
  • have A B : 「 AにBさせる」
  • deceive [disíːv] : 「惑わす、だます、裏切る」
❖ "Hear of your ~ " 意訳すると、「あなたが私に叶えて欲しいと思うことを、あなたの同胞に叶えてあげなさい」。"for you would ~ "「なぜならば、あなたは私が騙されるのを望んでいないだろうから」。あなたがイエスに望むことが真実ならば、それはあなたの同胞も望んでいることなのだから、あなたの同胞の願いをあなたが叶えてやればいい。しかし、あなたがイエスに望むことが誤りなら、あなたの同胞はそれを望まないだろうから、あなたは同胞にそれを叶えてやろうなどとは思うまい。その時、あなたはあなたの望みの誤りに気が付くだろう。こうして、イエスを欺いて望みを叶えようとしたことが避けられた。つまり、あなたのイエスへの願いが真実か虚偽かを知るには、あなたがイエスになりきって、同胞の願いを叶える立場に身を置いてみればいい。お気づきと思うが、これは基本的に聖書に書かれた黄金律である。参考までにマタイによる福音書7:12を載せておく。

[Matthew 7:12 from King James Bible]
Therefore all things whatsoever ye would that men should do to you, do ye even so to them: for this is the law and the prophets.
だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。(新共同訳)






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp