●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.II.3:1 ~ T-9.II.4:8

3. The Bible emphasizes that all prayer is answered, and this is indeed true. 
  • emphasize [émfəsàiz] : 「〜を強調する、力説する」
  • prayer [préər] : 「祈り、祈りの言葉 」
  • answer [ǽnsər] : 「〜に答える、聞き入れる」
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに」
❖ "The Bible emphasizes ~ "「聖書はthat以下を強調している」。"that all prayer ~ "「すべての祈りは答えられると」強調している。"and this is ~ "「そして、これはまさに正しい」。



The very fact that the Holy Spirit has been asked for anything will ensure a response. 
  • fact [fǽkt] : 「事実、真実、実際」
  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する」
  • ensure [inʃúər] : 「〜を確かにする、保証する」
  • response [rispɑ́ns] : 「応答、反応、返答」
❖ "The very fact ~ "「ホーリー・スピリットが何かを求められたという、まさにその事実が、返答することを請け合うだろう」。ホーリー・スピリットは求めに対して必ず反応する。しかし、ホーリー・スピリットが求めを叶えるか叶えないかは別問題。あなたが虚偽を求めても、ホーリー・スピリットはあなたの求めに応じないだろう。



Yet it is equally certain that no response given by him will ever be one that would increase fear. 
  • equally [íːkwəli] : 「等しく、同様に、同等に」
  • certain [sə́ːrtn] : 「確実な、確かな、確信して」
  • increase [inkríːs] : 「〜を増やす、増大させる」
❖ "Yet it is equally ~ "ここは"it ~ that ~"の構文、「しかし、that以下もまた同様に確かである」。"that no response ~ "「ホーリー・スピリットによって与えられた返答はどれも、恐れを増大させるものではないであろう」ことも等しく確かだ。虚偽を求めたとき、恐れは増大する。ホーリー・スピリットの返答は決して恐れを増大させない。恐れを増大させるような要求には、ホーリー・スピリットは答えない。あるいは、答えたとしても要求に叶うような形をとることはない。



It is possible that his answer will not be heard. It is impossible, however, that it will be lost. 
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事」
  • heard [hə́ːrd] : 「hear の過去・過去分詞形」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、あり得ない」
  • lost [lɔ́st] : 「lose の過去・過去分詞形」
❖ "It is possible ~ "「ホーリー・スピリットの答えが聞き取れない可能性はある」。"It is impossible ~ "「しかし、ホーリー・スピリットの答えが失われる可能性はない」。



There are many answers you have already received but have not yet heard. I assure you that they are waiting for you.
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する」
  • assure [əʃúər] : 「保証する、断言する、請け合う」
  • wait for : 「〜を待つ」
❖ "There are many ~ "「あなたがすでに受け取っており、しかし、まだ聞いていない沢山の答えがある」。"I assure you ~ "「私はthat以下を請け合おう」。"that they are ~ "「それらの答えは、あなたが耳を傾けるのを待っている」と請け合おう。



4. If you would know your prayers are answered, never doubt a Son of God. 
  • doubt [dáut] : 「 〜を疑う、〜を疑問に思う」
❖ "If you would ~ "「もしあなたが、あなたの祈りは答えられるのだと知りたいなら、」"never doubt ~ "「あなたが神の子であることを疑ってはいけない」。"If ~ would ~ "は仮定法の意思を表し、「もし〜したいならば、」となる。疑いの根底には恐れがあり、恐れと疑いが、奇跡が実現するときの障害になっている。



Do not question him and do not confound him, for your faith in him is your faith in yourself. 
  • question [kwéstʃən] : 「質問する、尋ねる」
  • confound [kənfáund] : 「混乱させる、当惑させる」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること」
❖ "Do not question ~ "「疑いをもってホーリー・スピリットを見てはいけないし、ホーリー・スピリットを当惑させてもいけない」。疑いは奇跡の現実化を遅らせ、恐れはホーリー・スピリットを当惑させるだけだ。"for your faith ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットに対するあなたの信頼は、あなた自身への信頼でもあるのだから」。祈りが答えられたなら、それを素直に受け入れればいい。自分を信頼し、ホーリー・スピリットを信頼すればいい。今、あなたとホーリー・スピリットは一体化しているのだから。



If you would know God and his Answer, believe in me whose faith in you cannot be shaken.
  • shake [ʃéik] : 「〜を動揺させる、ぐらつかせる」
❖ "If you would ~ "「もし、あなたが神と神の答えを知りたかったら、」"believe in me ~ "「あなたを揺らぐことなく信じている私(イエス)を信じなさい」。"If you would ~ "ここも願望を表す。ホーリー・スピリットに人格を持たせたかったら、あなたの心の中のホーリー・スピリットはイエスなのだと思えばいい。イエスは完璧にあなたを信じている。あなたはイエスと同じ神の子だからだ。



Can you ask of the Holy Spirit truly, and doubt your brother? Believe his words are true because of the truth that is in him. 
  • ask of : 「〜に要求する」
  • truly [trúːli] : 「心から、誠実に、正直に」
  • doubt [dáut] : 「〜を疑う、 〜を疑問に思う」
❖ "Can you ask ~ "「心からホーリー・スピリットに願っておいて、あなたの同胞を疑うということが、あなたは出来ようか」。"Believe his words ~ "「同胞の中にある真実ゆえに、同胞の言葉は真実なのだと信じなさい」。同胞の言うことは一から十まですべて信用せよ、と言っているのではない。あなたの心にホーリー・スピリットが住んでいるように、同胞の心にもホーリー・スピリットが住んでいるのだから、その同胞の心の中のホーリー・スピリットが語る真実にも耳を傾け、信じなくてはいけない、ということ。



You will unite with the truth in him, and his words will be true. As you hear him you will hear me. 
  • unite [junáit] : 「結合する、一体となる」
  • unite with : 「〜と一緒になる、〜と結合する」
❖ "You will unite ~ "「あなたは、同胞の中の真実と結合することになる」。"and his words ~ "「そうすれば、彼の言葉は真実になるだろう」。同胞の心の中にいるホーリー・スピリットと、自分の心の中にいるホーリー・スピリットが結合するのである。その結果、同胞の中のホーリー・スピリットが語り始めたとき、彼の言葉は真実となる。そして、"As you hear him ~ "「あなたが彼に耳を傾けるにしたがい、あなたは私の声が聞こえるようになるだろう」。同胞の心の中に住むホーリー・スピリットの声を聞いているうちに、あなたの心の中に住まうイエスの声が聞こえるようになる。



Listening to truth is the only way you can hear it now, and finally know it.
  • listen to : 「耳を傾ける、聞く」
  • finally [fáinəli] : 「ついに、最後に」
❖ "Listening to truth ~ "「真実に耳を傾けることは、あなたが今真実を聞くことのできる唯一の方法である」。"and finally ~ "「そして最終的に真実を知ることになる」。これまでの文脈に沿うように読みかえてみると、「真実を語るホーリー・スピリットに耳を傾けることは、今あなたが出来る真実を聞く唯一の方法であり、」「そうすることで、ついには叡智をもって真実を直覚することが出来るようになる」。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp