●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.II.11:1 ~ T-9.II.12:6

11. Never forget, then, that you set the value on what you receive, and price it by what you give. 
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち、真価」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る」
  • price [práis] : 「〜に値段をつける」
❖ "Never forget, then ~ "「そこで、あなたが受けとるものにあなたが価値を設定し、あなたが与えるものによってその値段を決めていることを決して忘れないようにしなさい」。簡単に言えば、あなたは真実だけを価値があると判断して受け取ることが出来、真実だけを価値があるとして与えることが出来る、ということ。価値判断も値段付けもあなたが主体となって行うのだから、エゴの誘惑に負けてしまえば、あなたはいつでも偽物を掴む恐れがある。



To believe that it is possible to get much for little is to believe that you can bargain with God. 
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • bargain [bɑ́ːrgin] : 「交渉で決める、取引する」
  • bargain with : 「〜と取引する、〜と駆け引きする」
❖ "To believe that ~ "「少しでもって多くを得るのは可能だと信じることは、あなたが神と駆け引き出来ると信じているのと同じである」。与えることと得ることは実相的に同一なので、与えることなく得ようという魂胆は神を騙そうとするようなものだ。



God's laws are always fair and perfectly consistent. By giving you receive. But to receive is to accept, not to get. 
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法令」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、常にいつでも」
  • fair [féər] : 「公平な、公正な」
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に」
  • consistent [kənsístənt] : 「一貫性のある、一貫した」
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
❖ "God's laws are ~ "「神の法はいつも公正であり、完全に一貫している」。その法とは、"By giving you ~ "「与えることで、あなたは受け取る」。"But to receive ~ "「しかし、受け取るとは受け入れるということであって、何かを得るということではない」。ここでやっと、受け取る(receive)という意味が、受け入れる(accept)ことだと明かされた。受け取るとは、真実を受け入れる、あるいは神の意志を受け入れることだ。



It is impossible not to have, but it is possible not to know you have. 
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、あり得ない」
❖ "It is impossible ~ "「何も持たないことは不可能であるが、」"but it is possible ~ "「持っていることを知らないでいることは可能だ」。あなたは神の子であるので、神から継承したものをすべて持っている。したがって、あなたが神の子である以上、持っていないという状態は不可能だ。しかし、自分が神から継承したものを持っていることを知らないでいる状態は十分に可能である。知らない振りをすることも、もちろん可能。だが、神からの贈り物を捨てることは不可能だ。



The recognition of having is the willingness for giving, and only by this willingness can you recognize what you have. 
  • recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、認証」
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、いとわずにすること」
❖ "The recognition of ~ "「持っているという認識は、与えようとする意欲につながる」。"and only by ~ " 「そして、与えようとする意欲によって、あなたは自分が何を持っているか認識できる」。たとえば、あなたが愛をもっていると認識することは、愛を与えたいと意欲することにつながる。そして、愛を与えたいと思うことは、あなたに愛があることを示している。



What you give is therefore the value you put on what you have, being the exact measure of the value you put upon it. 
  • put on : 「〜を…の上に置く」
  • exact [igzǽkt] : 「正確な、的確な」
  • measure [méʒər] : 「程度を示すもの、尺度」
❖ "What you give ~ " 「したがって、あなたが与えるものこそ、あなたが持っているものの上においた価値となる」。"being the exact ~ "分詞構文、単純接続、「そして、あなたが与えるものこそ、あなたがそれに置いた価値を正確に表す尺度となる」。たとえば、ケチなものを与えれば、あなたがケチなものしか持っていないことを示す。そして、ケチなものを与えれば、その与えたものをあなたがケチだと評価していることがあらわになる。



And this, in turn, is the measure of how much you want it.
  • in turn : 「入れ替わりに、立ち代わって、交代で」
❖ "And this, in ~ "「そして、翻ってみれば、これはあなたがどれほどそれを欲しているかの尺度となる」。言い換えれば、あなたがやり取りするものを見れば、あなたがどんなレベルで生きているかがわかる。



12. You can ask of the Holy Spirit, then, only by giving to him, and you can give to him only where you recognize him. 
  • ask of : 「〜に要求する」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、受け入れる」
❖ "You can ask ~ "「そこで、あなたは、ホーリー・スピリットに与えることによってのみ、ホーリー・スピリットに何かを要求できあり、」"and you can ~ "「また、あなたがホーリー・スピリットを認識できる場所においてのみ、あなたはホーリー・スピリットに与えることが出来るのだ」。ここは、同胞の心の中に住まうホーリー・スピリットを想定すればいいだろう。あなたは同胞に与えること(by giving to him)で受け取ることが出来る。つまり、同胞に与えることで要求(ask of)できる。しかし、その同胞がエゴに占領されていたのでは問題外。同胞の中のホーリー・スピリットに対してのみ(only where you recognize him)、あなたは与え、そして要求できる。



If you recognize him in everyone, consider how much you will be asking of him, and how much you will receive. 
  • consider [kənsídər] : 「よく考える、熟考する」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る」
❖ "If you recognize ~ "「もし、あなたが、すべての同胞の中にホーリー・スピリットを認識できるなら、」"consider how much ~ "「いかに多くのことをあなたはホーリー・スピリットに要求できるか、そして、いかに多くを受け取れるか、よく考えてみなさい」。



He will deny you nothing because you have denied him nothing, and so you can share everything. This is the way, and the only way to have his answer, because his answer is all you can ask for and want. 
  • deny [dinái] A B : 「AにBを与えない」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
❖ "He will deny ~ "「ホーリー・スピリットはあなたに何でも与えるだろう」。"because you have ~ "「なぜなら、あなたはホーリー・スピリットに何でも与えたのだから」。"and so you ~ "「そして、あなたはすべてを(ホーリー・スピリットと)分かち合うことが出来るのだ」。"This is the way ~ "「これが方法であり、しかもホーリー・スピリットの答えを得る唯一の方法である」。"because his answer ~ "「なぜならば、ホーリー・スピリットの答えこそ、あなたが要求し、望むことの出来るすべてなのだから」。与えることと受け取ることから議論が始まって、最終的には分かち合うことに帰結した。真実は分かち合われることで拡張増大する。実相的な創造である。しかも、その相手はホーリー・スピリットである。ホーリー・スピリットは実在であり、分かち合う行為は神からの継承したものであるから、すべて神の法に叶っている。



Say, then, to everyone:

    Because I will to know myself, 
    I see you as God's Son and my brother.
  • everyone [évriwʌ̀n] : 「あらゆる人、すべての人」
❖ "Say, then, to ~ "「そこで、次のように唱えなさい」。"Because I will ~ "「私は私自身を知るようになるのだから、」"I see you as ~ "「私はあなたを、神の子として、私の同胞として見る」。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp