●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.IX.6:1 ~ T-8.IX.7:6

6. The ego, which always wants to weaken the mind, tries to separate it from the body in an attempt to destroy it. Yet the ego actually believes that it is protecting it. 
  • weaken [wíːkn] : 「弱める、弱体化させる」
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する、切り離す」
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • in an attempt to do : 「〜しようとして」
  • destroy [distrɔ́i] : 「破壊する、崩壊させる」
  • actually [ǽktʃuəli] : 「実際は、実は、実のところ」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
❖ "The ego, which ~ "「エゴは、それはいつでも心を弱めようと望んでいるのだが、心を破壊する企てとして、肉体から心を分離しようとしている」。心が真実を知ってしまえば、心は幻想の肉体を消滅させかねないので、エゴは分離世界を象徴する肉体を守るために心を肉体から分離し、孤立化させ、幻想を維持しようとする。"Yet the ego ~ "「しかし、エゴは実際、エゴが心を守っているのだと信じている」。心を肉体から切り離し、心を孤立化させることで心を保護しているつもりになっている。心を牢獄に幽閉することで心を守っていると言い張る。本当は肉体を守っているだけなのだが。



This is because the ego believes that mind is dangerous, and that to make mindless is to heal. But to make mindless is impossible, since it would mean to make nothing out of what God created. 
  • dangerous [déindʒərəs] : 「危険な、物騒な」
  • mindless [máindlis] : 「愚かな、思慮のない」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、あり得ない」
❖ "This is because ~ "「これは、エゴが、心は危険だと信じているからであり」心は真実を曝く危険性があると信じているからであり、"and that to make ~ "「心をなくすことはヒーリングだと信じているからである」。心が肉体を消滅させないことが、究極的に肉体的なヒーリングだと信じているからだ。"But to make ~ "「しかし、心をなくすることは不可能である」。"since it would ~ "「なぜなら、心をなくすということは、神が創造したものから無を作り出すことを意味しているからだ」。心は神が創造したものであって、確実に実在するものある。その実在するものを、非実在にすることは不可能である。



The ego despises weakness, even though it makes every effort to induce it. 
  • despise [dispáiz] : 「軽蔑する、侮蔑する、さげすむ」
  • weakness [wíːknəs] : 「弱さ、弱いこと、脆弱性」
  • even though : 「〜であるけれども、〜であるにしても」
  • effort [éfərt] : 「努力、尽力、試み」
  • make every effort to : 「〜するためにあらゆる努力をする」
  • induce [indjúːs] : 「〜を生じさせる、引き起こす」
❖ "The ego despises ~ "「エゴは弱さを軽蔑する」。"even though it ~ "「エゴは弱さを生じさせるためにあらゆる努力を惜しまないにもかかわらず」。エゴは肉体的な強さを礼讃(らいさん)する。肉体的な強靱さは攻撃に不可欠だからだ。エゴは肉体を弱めるものを軽蔑し排除しようとする。幻想の肉体を消滅させる危険性のある心を牢獄に幽閉することはエゴの理にかなっているわけだ。しかし、エゴは実在を破壊しようとしているのだから、本当は弱さどころではなく無を生じさせようと努力しているだけなのだ。エゴが根本的に矛盾していると言われる理由の一つである。



The ego wants only what it hates. To the ego this is perfectly sensible. Believing in the power of attack, the ego wants attack.
  • hate [héit] : 「〜を憎む、〜をひどく嫌う」
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に」
  • sensible [sénsəbl] : 「分別のある、理にかなっている」
❖ "The ego wants ~ "「エゴは嫌っているものだけを欲しがる」。矛盾した表現に聞こえるが、エゴは嫌っているものを攻撃の対象として欲している、と考えればいいだろう。たとえば、エゴは心を嫌っているが、その心を弱体化させるためにエゴは常に心に異常な関心を払っている。"To the ego this ~ "「エゴにとっては、それは完全に理にかなったことである」。"Believing in the ~ "分詞構文、理由、「攻撃のパワーを信じているので、」心が肉体を消滅させるパワーをもっていることをエゴは知っているので、"the ego wants ~ "「エゴは攻撃を望む」。心が肉体の消滅を目論んで攻撃してくるのだから、肉体は心を攻撃してもいいという論法である。肉体による防衛策というわけだ。心が攻撃的なパワーを持っている限り、肉体も攻撃的なパワーを持っていて当然だとエゴは考えている。



7. The Bible enjoins you to be perfect, to heal all errors, to take no thought of the body as separate and to accomplish all things in my name. 
  • enjoin [endʒɔ́in] : 「命じる、要求する」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」
  • take thought : 「気に掛ける、思いやる、熟考する」
  • separate [sépərèit] : 「分かれた、離れた、別個の」
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、遂行する、果たす」
  • in one's name : 「独立して、自分の名前で」
❖ "The Bible enjoins ~ "「聖書は、あなたが完全であるようにと、あらゆる誤りをヒーリングせよと、肉体を分離したものと考えるてはいけないと、そして、私イエスの名においてすべてを成し遂げよと、あなたに要求している」。



This is not my name alone, for ours is a shared identification. 
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで」
  • share in : 「〜を分かち合う、〜を共有する」
  • identification [aidèntifəkéiʃən] : 「同一であること、同定」
❖ "This is not my ~ "「これは、私の名においてだけ成されるのではない」。" for ours is ~ "「なぜならば、私たち(の名前)は、同一性を分かち合っているからだ」。あなたも同胞も、神に帰属する者としてイエスと同一化できる。したがって、イエスの名においてと言ってもいいし、あなたの名においてと言ってもいい。言い換えは可能だ。究極、『神の名において』と言えばすべてを含むことになる。



The Name of God's Son is One, and you are enjoined to do the works of love because we share this Oneness. 
  • oneness [wʌ́nnis] : 「単一性、同一性」
❖ "The Name of ~ "「神の子の名前は一つであり、」"and you are ~ "「あなたは愛の業(わざ)を行うよう要求されている」。"because we share ~ "「なぜなら、私たちはこの一つの名前を分かち合っているからだ」。ACIMは、自他一如、不二一元の思想であるから、神の下(もと)では私達は一つである。名前も一つ。それはホーリー・トリニティ(Holy Trinity)を構成している要素の一つ、『神の子』である。そして、その子に負わされた仕事とは、愛そのものの実践である。なぜなら、憎むとしたら、Onenessの世界にいて、いったい誰を憎むことになるのだろう?



Our minds are whole because they are one. If you are sick you are withdrawing from me. Yet you cannot withdraw from me alone. You can only withdraw from yourself and me.
  • withdraw [wiðdrɔ́ː] : 「身を引く、引き下がる」
❖ "Our minds are ~ "「私たちの心は完全である」。心は神が完璧に創造したものである。"because they ~ "「なぜなら、私たちの心は一だからだ」。神は完璧な心をたった一つ創造した。それが神の子である。"If you are sick ~ "「もし、あなたが病気なら、あなたは私から身を引こうとしているのだ」。つまり、一なる心(キリストの心)から、あなたの心を引き離そうとしていることになる。そのとき心の完全性は失われ、分かち合う喜び、愛する喜びも失われ、病気という形でこの幻想世界において現象化する。"Yet you cannot ~ "「しかし、あなたは私からのみ身を引くことは出来ない」。"You can only ~ "「あなたは、あなた自身とこの私の二人の身を引くことになるのだ」。イエスはあくまでもあなたと共にいる。あなたが一(いつ)なる心から身を引くならば、イエスもあなたに伴って身を引くことになる。いったいそれが、あなたにとって幸せをもたらすことにつながるのだろうか。愛と喜びと平和につながるだろうか。救いの道は閉ざされる。それは神の望むことだろうか?






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp