●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.V.1:1 ~ T-8.V.2:12

V. The Undivided Will of the Sonship
神の子の分裂していない意思



1. Can you be separated from your identification and be at peace? Dissociation is not a solution; it is a delusion. 
  • separate [sépərèit] : 「分離する、切り離す」
  • identification [aidèntifəkéiʃən] : 「同一化、同定」
  • dissociation [disòusiéiʃən] : 「解離、分離、分裂」
  • solution [səlúːʃən] : 「解、解決、解決策」
  • delusion [dilúːʒən] : 「妄想」
❖ "Can you be ~ "「あなたは、あなたの同一性から引き離されて平和でいられるであろうか」。あなたの同一性とは、神およびイエスと同一であるということ。"Dissociation is not ~ "「乖離は、解決策(ソリューション)ではなく、妄想(ディリュージョン)である」。本当の自分から自分を引き離すことが乖離。別人格を仕立てて、それと同化するのである。ここでは、"solution"と"delusion"の二つの言葉を並べて、イエスの得意とする言葉遊びをしている。いわゆる駄洒落なのだが、真理を穿(うが)っている。



The delusional believe that truth will assail them, and they do not recognize it because they prefer the delusion. 
  • delusional [dilúːʒənəl] : 「妄想の」
  • assail [əséil] : 「〜を攻撃する、襲う」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
  • prefer [prifə́ːr] : 「〜を好む、〜の方を選ぶ 」
❖ "The delusional believe ~ "「妄想を抱く者は、that以下を信じている」。"that truth will ~ "「真実は彼らを攻撃する」と信じている。嘘偽が暴かれるからだ。"and they do not ~ "「そして、妄想を抱くものは真実を受け入れることが出来ない」。"because they prefer ~ "「なぜなら、彼らは妄想の方をより好むからである」。虚偽を曝かれて真実を窮屈に生きるより、虚偽のぬるま湯の中で安寧な生活をした方が快適だと信じている。ところが、現実の心の有り様は苦と痛みに満ちている。



Judging truth as something they do not want, they perceive their illusions which block knowledge. 
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する、評価する」
  • illusion [ilúːʒən] : 「錯覚、幻想、幻覚」
  • block [blɑ́k] : 「遮る、妨害する、妨げる」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、認識、知恵」
❖ "Judging truth as ~ "分詞構文、理由、「真実を、彼らの欲しないものとして判断するので、」"they perceive their ~ "「彼らは、叡智をブロックする幻想を知覚する」。人は見たいものを見る。真実より虚偽を見たいと思っているので、たとえそれが無意識的な願望であっても、彼は叡智(真実)を遮断し幻想(虚偽)を見る。



Help them by offering them your unified mind on their behalf, as I am offering you mine on behalf of yours. 
  • offer [ɔ́ːfər] : 「提供する、差し出す」
  • unified : 「統一された、統合された」
  • behalf [bihǽf] : 「支持、味方、利益」
  • on one's behalf : 「〜のために、〜の利益になるように」
❖ "Help them by ~ "「彼らのために、あなたの統合された心を差し出すことで、彼らを助けてやりなさい」。"as I am offering ~ "「あなたのために、私があなたに私の心を差し出しているように」。"unified mind"「統合された心」とは、乖離していない心、神とイエスとに同一化した心、三位一体と結合した心、等々と考えていいだろう。幻想を選択してしまって、その幻想の中で苦と痛みを感じている同胞を、それは誤りだと正してあげなさい。あなた自身がキリストとなってあなたの正しい心(Right Mind)を差し出し、同胞を幻想から救ってあげなさい。



Alone we can do nothing, but together our minds fuse into something whose power is far beyond the power of its separate parts. 
  • alone [əlóun] : 「独りで」
  • together [təgéðər] : 「一緒に」
  • fuse [fjúːz] : 「融合する、結合する」
  • far beyond : 「〜をはるかに超えて」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、別個の」
❖ "Alone we can ~ "「独りでは、私たちは何も出来ない」。"but together our ~ "「しかし、一緒なら、私たちの心は融合し、そのパワーが、別個の心がもっていたパワーをはるかに凌ぐものになる」。融合したした心は、分かち合いを受け入れた心である。分かち合いは真実を拡張増大させる。したがって、融合した心はパワーも分かち合い、そのパワーを増大させる。祈りのパワーを連想すればいいだろう。



By not being separate, the Mind of God is established in ours and as ours. This Mind is invincible because it is undivided.
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、、設立する」
  • invincible [invínsəbl] : 「無敵の、揺るぎない」
  • undivided [ʌndiváidid] : 「分裂していない」
❖ "By not being ~ "「(私たちの心は)別々でないので、」"the Mind of God ~ "「神の心は、私たちの心の中で確立され、私たちの心となる」。"This Mind is ~ "「この心は無敵である」。"because it is ~ "「なぜなら、それは分裂していないからだ」。分裂した無数の心(mind)が一つの心(Mind)に統合されるのである。それは、私達の心の中で育った神の心でもある。したがって、この分裂していない心は神の心同様、揺るぎなく、無敵だ。



2. The undivided will of the Sonship is the perfect creator, being wholly in the likeness of God, Whose Will it is. 
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者」
  • wholly [hóulli] : 「完全に、全体として」
  • in the likeness of : 「〜と偽って、見せかけて」
❖ "The undivided will ~ "「神の子の分裂していない心は、完璧な創造者である」。"being wholly in ~ "分詞構文、単純接続(理由ととっても可)、「そして、その心は全く神に似ており、神の意志そのものである」。分裂していない心は、神の意志と同様に、真実を分かち合って真実を拡張増大させる。実相的創造である。



You cannot be exempt from it if you are to understand what it is and what you are. 
  • exempt [igzémpt] : 「免れた、免除された」
  • be exempt from : 「〜を免除される」
❖ "You cannot be ~ "「あなたは、神の意志から免除されることは不可能だ」。"if you are to ~ "「もし、あなたが、神の意志とは何であるか、あなたは何であるか、それを理解するつもりならば」。"be + to do"は「〜すべきだ、〜することになっている、もし〜するなら」等々の意味。



By the belief that your will is separate from mine, you are exempting yourself from the Will of God which is yourself. 
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条」
❖ "By the belief ~ "「あなたの意志が私(イエス)の意志と分離していると信じることで、」"you are exempting ~ "「あなたは、あなた自身であるところの神の意志から、あなた自身を免除していることになる」。あなた自身を免除するとは、神があなたに割り振った役割や義務を回避しているということ。神の子であるという真実から目を背けているわけだ。イエスは特別な存在で、自分の意志とイエスの意志は別物だと思い込んでいるからだ。



Yet to heal is still to make whole. Therefore, to heal is to unite with those who are like you, because perceiving this likeness is to recognize the Father. 
  • still [stíl] : 「常に、それでも、今もなお」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、無傷の」
  • unite [junáit] : 「〜を結合する、一つにする」
  • unite with : 「〜と一緒になる、〜と結合する」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く」
  • likeness [láiknəs] : 「似ていること、類似」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
❖ "Yet to heal ~ "「しかし、ヒーリングは常に、完全な状態にすることである」。"Therefore, to heal ~ "「したがって、ヒーリングは、あなたと似ている誰かと結合することである」。あなたと似ている誰かとは、イエス(ホーリー・スピリット)のこと。"because perceiving ~ "「なぜなら、この類似性を知覚することは、父なる神を認識することであるからだ」。あなたの意志がイエスの意思から分離している状態こそ、ヒーリングしなくてはならない状態。なぜなら、イエスの意志から分離している状態は、心が完全でなく、全体性に欠けているからだ。そこで、ヒーリングが必要になるのだが、そのためには、"those who are like you"「あなたと似ている誰か」と結合する必要がある。この誰かとは、とりもなおさずイエス。つまり、イエスの意志と結合することでヒーリングが果たされる。なぜなら、あなたがイエスと似ていると知覚することは、神を認識することにつながるからだ。神を認識する心こそ、完全性を回復した、ヒーリングされた心である。



If your perfection is in him and only in him, how can you know it without recognizing him? 
  • perfection [pərfékʃən] : 「完全、完成」
❖ "If your perfection ~ "「あなたの完全な姿が神の中にあり、神の中だけにあるのなら、神を認識することなく、どうやってあなたは自分の完全性を知ることが出来よう」。



The recognition of God is the recognition of yourself. There is no separation of God and his creation. 
  • recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、真価を認めること」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、別離、離脱」
❖ "The recognition of ~ "「神を認識することはあなた自身を認識することでもある」。"There is no ~ "「神と神の創造したものの間に区別はない」。神は神の延長上に神の子を創造した。例えて言うなら、神のDNAと神の子のDNAは同じだ。



You will realize this when you understand that there is no separation between your will and mine. 
  • realize [ríːəlàiz] : 「悟る、自覚する」
❖ "You will realize ~ "「あなたが、あなたの意志と私(イエス)の意志の間に区別がないと理解した時、あなたはこのこと(神と神の創造したものの間に区別がないこと)を完全に理解するであろう」。イエスのDNAもまた、あなたのDNAと同一である。



Let the Love of God shine upon you by your acceptance of me. 
  • shine [ʃáin] : 「〜を磨く、光らせる」
  • acceptance [ækséptəns] : 「受け入れること、容認」
❖ "Let the Love ~ "「私を受け入れることで、あなたの上に神の愛を輝かせなさい」。



My reality is yours and his. By joining your mind with mine you are signifying your awareness that the Will of God is One.
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、実相」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に加わる、結合する」
  • signify [sígnəfài] : 「〜を示す、知らせる、表す」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、意識性」
❖ "My reality is ~ "「私の実相はあなたの実相であり、神の実相である」。"By joining your ~ "「あなたの心を私の心と結びつけることで、」"you are signifying ~ "「あなたは、神の意志が一であることを認識していると表明することになるのだ」。イエスの三段論法である。A=B, B=C だから、A=C となる。結局、A=B=C となり、すべてが単一の意志、神の意志に収斂するのである。ここのBがイエスであり、A(神)とC(あなた)を結びつける仲介役である。ホーリー・スピリットが神と神の子の仲介役である所以だ。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp