●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.I.6:1 ~ T-8.II.1:9

6. The total senselessness of such a curriculum must be fully recognized before a real change in direction becomes possible. 
  • total [tóutl] : 「完全な、全くの、全部の」
  • senselessness [sénslisnis] : 「無意味さ」
  • curriculum [kəríkjələm] : 「カリキュラム、履修過程 」
  • fully [fúli] : 「十分に、完全に、全く、すっかり」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する」
  • direction [dərék∫n] : 「方角、方向、方位」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
❖ "The total senselessness ~ "「そのようなカリキュラムが完全に意味を欠いているということは、方向性における実際の変化が可能となる前に、十分に認識されなくてはいけない」。方向性も一貫性もないカリキュラムは捨てなくてはならないのだが、しかし、その方向性を変えるには、誤ったカリキュラムを認識しておく必要はある。ある病気の治療方針を決めるには、その病気を知る必要があるのと同じ。



You cannot learn simultaneously from two teachers who are in total disagreement about everything. 
  • simultaneously [sàiməltéiniəsli] : 「同時に、いっせいに」
  • disagreement [dìsəɡríːmənt] : 「意見の相違、不一致、不調和」
  • be in total disagreement with : 「〜と全く意見が異なる」
❖ "You cannot learn ~ "「あなたは、すべてにおいて意見がまったく異なる二人の師から、同時に学ぶことは出来ない」。二人の師とは、ホーリー・スピリットとエゴのこと。



Their joint curriculum presents an impossible learning task. 
  • joint [dʒɔ́int] : 「共有の、共同の、連合の」
  • present [préznt] : 「〜を与える、渡す、差し出す」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない」
  • task [tǽsk] : 「任務、職務、仕事」
❖ "Their joint curriculum ~ "直訳すると、「彼らのカリキュラムを合わせたものは、不可能な学びの仕事を提示する」。何ともぎこちない表現だが、要するに、意見の異なる二人のカリキュラムを同時に学ぶことは不可能だ、ということ。



They are teaching you entirely different things in entirely different ways, which might be possible except that both are teaching you about yourself. 
  • entirely [entáiərli] : 「全く、完全に、全体に」
  • different [dífərənt] : 「違っている、異なる、別の」
  • except [iksépt] : 「〜以外は、〜を除いては」
❖ "They are teaching ~ "「二人の師はあなたに、完全に異なった方法で、完全に異なったことを教えることになる」。"which might be ~ "「その二つの方法は、あなたにあなた自身を教えることを除けば、違ったことを違った方法で教えることも可能かもしれない」。エゴは神の子の心の分離を加速する方向に舵を向けて教え、ホーリー・スピリットは神の子の心の再統合に向けて教える。教えの方向性も内容も方法もまったく異なる。しかし、エゴにしてもホーリー・スピリットにしても、教えの出発点となる教えは、あなた自身は何者なのかという教えである。あなたの自己同定を端緒として、両者は反対方向に教えを進めるのだ。エゴは、あなた自身は物質に過ぎない肉体であるとし、ホーリー・スピリットは、あなた自身は心それ自体であるとする。
 なお、ここの文章はACIM原典のUrtextでは、"They are teaching you ENTIRELY different things in ENTIRELY different ways, which WOULD be possible except for the crucial fact that both are teaching you about YOURSELF."となっている。「両者共にあなた自身について教えているという重要な事実を除けば、それは可能だろう」となっている。



Your reality is unaffected by both, but if you listen to both, your mind will be split about what your reality is.
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、事実、実相」
  • unaffected :「影響を受けない、心を動かされない」
  • listen to : 「耳を傾ける、聴く、聞く」
  • split [splít] : 「引き裂く、バラバラに壊す、割る」
❖ "Your reality is ~ "「あなたの実相は、二人によって影響されることはない」。教えられる内容が真実であろうが誤りであろうが、本当のあなたは何者なのかという事実は変化することはない。"but if you listen ~ "「しかし、あなたが二人に耳を傾けるなら、」"your mind will ~ "「あなたの実相は何なのかということについて、あなたの心が引き裂かれてしまうだろう」。あなたが相反する教えを同時に学べば、あなたの実存に対する同定は確定しない。つまり、自己同一性が分裂してしまう。





II. The Difference between Imprisonment and Freedom
拘束と自由の間の違い


1. There is a rationale for choice. Only one Teacher knows what your reality is. 
  • rationale [ræ̀ʃənǽl] : 「論理的根拠、論拠」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
❖ "There is a rationale ~ "「選択の論理的根拠はある」。"Only one Teacher ~ "「ただ一方の師だけが、あなたの実相が何であるか知っている」。あなたが本当の自分を知りたいと望むなら、真実を教えてくれる師を選ぶべきであり、それが論理的にも正当な選択だ、ということ。あなたの真の姿を知っているホーリー・スピリットを師として選択するのは、論理的根拠に叶っている。



If learning to remove the obstacles to that knowledge is the purpose of the curriculum, you must learn it of him. 
  • remove [rimúːv] : 「〜を移動させる、削除する」
  • obstacle [ɑ́bstəkl] : 「障害物、妨害、邪魔」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、知恵」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、意図」
❖ "If learning to ~ "「(あなたの実相を知るための)叡智に対する障害物を取り除く学びが、カリキュラムの目的であるなら、」"you must learn ~ "「(ただ一人の師とすべき)ホーリー・スピリットから、それを学ばなくてはいけない」。



The ego does not know what it is trying to teach. It is trying to teach you what you are without knowing what you are. 
  • try to do : 「〜しようと試みる」
❖ "The ego does ~ "「エゴは、自分が何を教えようとしているのか分かってない」。"It is trying to ~ "「エゴは、あなたが何者であるか分からないのにもかかわらず、あなたが何者であるか教えようとしているのだ」。



It is expert only in confusion. It does not understand anything else. As a teacher, then, the ego is totally confused and totally confusing. 
  • expert [ékspəːrt] : 「熟達した、熟練した」
  • confusion [kənfjúːʒən] : 「混乱、当惑、混同」
  • totally [tóutəli] : 「全く、完全に、全体的に」
  • confused [kənfjúːzd] : 「困惑した、混乱した」
  • confusing [kənfjúːziŋ] : 「混乱させるような、分かりにくい」
❖ "It is expert ~ "「エゴは、混乱にだけ熟達している」。"It does not ~ "「エゴはそれ以外、何も理解していない」。"As a teacher ~ "「師として、エゴは全く混乱しているし、(教えも)まったく分かりにくい」。エゴはそもそも、あなたが肉体という物質に過ぎないという誤った前提から論を発展させ、あなたと他者との分離を加速させようと企んでいるだけなので、それが正当だと理解しようとしても無理なのだ。エゴの戦略は論理的正当性を欠き、知覚による煙幕を張ってあなたが目にするものは実在すると信じ込ませるだけだ。



Even if you could disregard the Holy Spirit entirely, which is impossible, you could still learn nothing from the ego, because the ego knows nothing.
  • even if : 「たとえ〜でも」
  • disregard [dìsrigɑ́ːrd] : 「〜を無視する、〜を軽視する」
  • entirely [entáiərli] : 「全く、完全に、全体に」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、できない」
❖ "Even if you ~ "「たとえ、あなたがホーリー・スピリットを完全に無視できたとしても、」"which is ~ "「もっとも、それは不可能なのだが、」"you could still ~ "「あなたはなお、エゴからは何も学ぶことが出来ない」。ここは仮定法過去。"because the ego ~ "「なぜなら、エゴは何も分かっていないからだ」。エゴから真実を学ぶことは不可能であるにもかかわらず、現実には、あなたはエゴから学んでいる。虚偽を学び、虚偽を信じている。エゴの主導する幻想にとっぷりと浸りきっている。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp