●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-7.VIII.7:1 ~ T-7.IX.1:11

7. The whole purpose of this course is to teach you that the ego is unbelievable and will forever be unbelievable. 
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、意図」
  • course [kɔ́ːrs] : 「課程、講座、コース」
  • unbelievable [ʌ̀nbilíːvəbl] : 「信じられない」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "The whole purpose ~ "「このコースの目的全体は、エゴは信じられないものであり、そして、永遠に信じられないものだということをあなたに教えることにある」。



You who made the ego by believing the unbelievable cannot make this judgment alone. 
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力」
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで」
❖ "You who made ~ "「信じられないことを信じることで、エゴを作ったあなたは、(エゴは永遠に信じられないという)この判断を一人では出来ない」。エゴと自己同一化しているあなたは、エゴは信じるに足りないものだと判断できない。なぜなら、それは自己否定につながるからだ。しかし、真の自己同一化を図るには、エゴとの同一化を自己否定しなくてはならない。その助けをしてくれるのがホーリー・スピリットであり、それを学ぶのがこのコースである、というわけだ。



By accepting the Atonement for yourself, you are deciding against the belief that you can be alone, thus dispelling the idea of separation and affirming your true identification with the whole Kingdom as literally part of you. 
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
  • atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い」
  • decide [disáid] : 「決定する、決心する、決意する」
  • decide against : 「〜しないことに決める、〜に不利な判決を下す」
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで」
  • dispel [dispél] : 「〜を追い払う、払拭する」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別」
  • affirm [əfə́ːrm] : 「断言する、肯定する」
  • identification [aidèntifəkéiʃən] : 「同一化、同定」
  • literally [lítərəli] : 「文字どおり、そっくりそのまま」
❖ "By accepting ~ "「あなた自身の贖罪を受け入れることで、」"you are deciding against ~ "「あなたはたった一人で存在できるという信念を撤回することになる」。"thus dispelling ~ "分詞構文、単純接続、「こうして、分離という考えを払拭し、」"and affirming your ~ "「文字通り、あなたの一部としての王国全体とあなたが真に同一であると肯定することになる」。神を裏切って神から分離したというのは夢の中の出来事だから、裏切りへの罪の意識も夢である。そんな幻想は赦してしまうに限る。こうして、あなたは自分の贖罪を受け入れる(accepting the Atonement for yourself)。夢の続きでは、神の子は自らを分裂させ、自分と他者は個々別々に存在出来ると信じているが(the belief that you can be alone)、それも夢だと知って、信念を撤回する。こうして、分離という考えを払拭し(thus dispelling the idea of separation)、自分は常に天の王国の神とともにいることを肯定する。孤独の中で幻想のエゴと自己同一化してきた自分を捨て、天の王国全体を包み込む神の一部としての自分が本当の自分自身であると宣言するのである(affirming your true identification)。なぜなら、神は神の延長上にあなたを創造したのだから。



This identification is as beyond doubt as it is beyond belief. Your wholeness has no limits because being is infinity.
  • beyond [bijɑ́nd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
  • doubt [dáut] : 「疑い、疑惑、心配」
  • wholeness [hóulnis] : 「全体、全体性」
  • limit [límit] : 「限度、制限、限界」
  • being [bíːiŋ] : 「存在、実在、生存」
  • infinity [infínəti] : 「無限、無限大」
❖ "This identification is ~ "「この自己同一化は、それが信じる気持ちを越えることであると同時に、疑う気持ちをも越える」。あなたが天の王国と自己同一化することは、信じる信じない、あるいは疑う疑わない、ということ以前のことである。なぜなら、それは事実だからだ。"Your wholeness has ~ "「あなたの全体性には限界がない」。"because being ~ "「なぜなら、(あなたの)存在は無限であるから」。あなたの存在を制限し、有限化しているのは、この幻想の世界である。それは、たとえば時空という錯覚があなたを制限しているのを見てもわかる。しかし、幻想のこの世界を超越し、神の王国に入れば、そこは時空のない世界であり、物理法則の支配の及ばない世界である。存在はすべて完全で、無限で、すべてを包含して豊かである。あなたの存在は、まさにそうである。




IX. The Extension of the Kingdom
王国の拡張


1. Only you can limit your creative power, but God wills to release it. 
  • limit [límit] : 「限定する、制限する」
  • creative [kriéitiv] : 「創造力のある、創造的な」
  • will [wíl] : 「〜を望む、意図する」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする」
❖ "Only you can ~ "「あなただけが、あなたの創造力に制限をかけることは可能だが、」"but God wills ~ "「しかし、神は、その制限を解除することを望んでいる」。



He no more wills you to deprive yourself of your creations than he wills to deprive himself of his. 
  • no more A than B : 「AでないのはBでないのと同じ」
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、剥奪する」
  • deprive A of B : 「AにBを与えない、AからBを奪う」
❖ "He no more ~ "「神が、あなたがあなた自身からあなたの創造したものを奪うことを望まないのは、神が、神自身から神が創造したものを奪うことを望まないのと同じである」。神は、神の子が神から分離したままでいることを望んではいない。



Do not withhold your gifts to the Sonship, or you withhold yourself from God! Selfishness is of the ego, but Self-fullness is of spirit because that is how God created it. 
  • withhold [wiðhóuld] : 「与えないでおく」
  • selfishness [sélfiʃnis] : 「身勝手さ、わがまま」
  • fullness [fúlnis] : 「充満、充足」
  • spirit [spírət] : 「霊、魂、霊魂、精霊、精神」
❖ "Do not withhold ~ "「あなたの贈り物を神の子に与えないでおくことのないようにしなさい」。"or you withhold ~ "「さもなければ、あなたは自分自身を神から遠ざけることになる」。"Selfishness is ~ "「身勝手さとはエゴのことだが、」"but Self-fullness is ~ "「自己充足はスピリットのことである」。"because that is ~ "「なぜならば、それは、神がそのように創造したからだ」。スピリットとしての神の子は、神の属性のすべてを継承して創造された。欠如するものは何もない。スピリットは完全に自己充足している。もし、この世界にあって、あなたの同胞が心に欠如感を抱いているなら、あなたは自分の充足感を同胞に分け与えてやればいい。



The Holy Spirit is in the part of the mind that lies between the ego and the spirit, mediating between them always in favor of the spirit. 
  • between A and B : 「AとBの間に」
  • mediate [míːdièit] : 「介在する、仲立ちする」
  • favor [féivər] : 「有利、恩恵、好意」
  • in favor of : 「〜に賛成して、〜を支持して」
❖ "The Holy Spirit is ~ "「ホーリー・スピリットは、エゴとスピリットの間の、心の一部分にいる」。"mediating between them ~ "分詞構文、単純接続、「そして、エゴとスピリットの間に立って、いつもスピリットの味方として、仲立ちしている」。



To the ego this is partiality, and it responds as if it were being sided against. 
  • partiality [pὰːrʃiǽləti] : 「部分的であること、えこひいき」
  • respond [rispɑ́nd] : 「反応する、応答する、答える、返答する、応じる」
  • side against : 「〜に反対する」
❖ "To the ego this ~ "「エゴにとっては、これはえこひいきに見え、」"and it responds ~ "「そして、エゴは、(自分が)あたかも反対されているかのように反応する」。エゴはホーリー・スピリットを敵対視している。しかし、ホーリー・スピリットはエゴを敵対視しているわけではない。存在さえしないエゴを敵に回す必要などないからだ。



To spirit this is truth, because it knows its fullness and cannot conceive of any part from which it is excluded.
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真理」
  • fullness [fúlnis] : 「充満、充足」
  • conceive [kənsíːv] : 「思い付く、想像する」
  • conceive of : 「〜を考え出す、〜を心に描く」
  • exclude [iksklúːd] : 「〜を排除する、締め出す」
❖ "To spirit this ~ "「スピリットにとっては、これは真実である」。神の子の実相であるスピリットにとって、ホーリー・スピリットが常に神の子の味方であることは思い込みでも錯覚でもない。"because it knows ~ "「なぜなら、スピリットは、自分が充足していることを知っているし、」"and cannot conceive ~ "「そして、充足が除外されているいかなる部分も思いつかないからだ」。スピリットは、神の属性のすべてをもって充足していることを知っている。神の愛のすべてを受けて、不足するものなど何もない。それには例外などない。充足から除外されるものなどない。本来、幻想のエゴなど必要ないのだ。それを教えてくれるのがホーリー・スピリットである。
 神の子が神から分離し、神の属性のすべてを神に投げ返した結果、神の子は自己を乖離してエゴをでっち上げた。エゴは不足感、欠落感、喪失感、そして恐れと敵意となる。この悪夢に対抗して、ホーリー・スピリットは真実を教える。スピリットは""wholeness"であり"totality"であることを教えるのである。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp