●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-6.III.1:1 ~ T-6.III.2:9

III. The Relinquishment of Attack
攻撃の放棄



1. As we have already emphasized, every idea begins in the mind of the thinker. Therefore, what extends from the mind is still in it, and from what it extends it knows itself. 
  • already [ɔːlrédi] : 「 すでに、とっくに〜済み」
  • emphasize [émfəsàiz] : 「〜を強調する、力説する」
  • extend [iksténd] : 「伸びる、広がる」
❖ "As we have ~ "「私達がすでに強調したように、」"every idea begins ~ "「すべての思いは、考える者の心の中で始まる」。"Therefore, what ~ "「したがって、心から(外に)拡張したものは、まだなお、心の中にある」。"and from what ~ "「そして、心が何を拡張したかによって、心は自分自身を知ることになる」。真実を分かち合いによって拡張することもあれば、幻想を外部に投影することもある。そのどちらであるかによって、あなた自身を知ることになる。



The word "knows" is correct here, because the Holy Spirit still holds knowledge safe in your mind through His impartial perception. 
  • correct [kərékt] : 「正しい、正確な、誤りのない」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、認識、知恵」
  • safe [séif] : 「安全に、無事に、別状なく」
  • impartial [impάːrʃəl] : 「偏らない、公平な」
❖ "The word "knows" is ~ "「『知る』という言葉は、ここでは適切である」。"because the Holy Spirit ~ "「なぜならば、ホーリー・スピリットは、公平な知覚を通して、あなたの心の中に、叡知を安全に保管しているからである」。ホーリー・スピリットは、ある人の心の中には真実を残し、別の人の心の中には幻想(虚偽)を残す、というようなことはしない。誰の心の中にも、公平に真実を残す。その真実の総体が叡知(knowledge)であり、叡知をもって把握することが『知る』ことの真意である。



By attacking nothing, He presents no barrier to the communication of God. Therefore, being is never threatened. Your Godlike mind can never be defiled. 
  • attack [ətǽk] : 「攻撃する、〜を襲う」
  • present [prizént] : 「〜を贈る、〜を与える、差し出す」
  • barrier [bǽriə(r)] : 「障害物、障壁、バリア」
  • threaten [θrétn] : 「〜を脅す、脅迫する」
  • Godlike [ɡɔ́dlàik] : 「神のような、神業のような」
  • defile [difáil] : 「汚す、不潔にする、冒涜する」
❖ "By attacking nothing ~ "「何をも攻撃することなく、ホーリー・スピリットは神とのコミュニケーションに何らバリーを設けることもない」。"Therefore, being is ~ "「それゆえ、存在は決して脅かされることはない」。ここの"being(存在)"は、ホーリー・スピリットの存在。もちろん、攻撃性をもたない私達の存在と考えてもいい。いずれにせよ、攻撃性をもたないから攻撃されることもない。その存在は脅かされることはない。脅かされないから防御する必要もない。"Your Godlike mind ~ "「あなたの神のごとき心は決して汚され得ない」。ここの"Godlike mind(神のごとき心)"とは、神によって創造された心ということ。神は神の心を拡張して神の子を創造したのだから、あなたの心は神と同一である。神と同一のあなたの心は汚されないし、攻撃されないし、傷つくこともない。



The ego never was and never will be part of it, but through the ego you can hear and teach and learn what is not true. You have taught yourself to believe that you are not what you are. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「一部、部分」
❖ "The ego never ~ "「エゴは、神のごとき心の一部ではなかったし、(今からも)神のごとき心の一部になることはない」。"but through the ~ "「しかし、あなたはエゴを通じて、真実ではないものを聞いたり教えたり学んだり出来る」。あなたはエゴを通じて、幻想をこねまわすことは出来る。泥団子を作ることは出来るが、泥団子は食えたのものではない。"You have taught ~ "「あなたは自分自身に、本当のあなたではないものをあなただと信じるように教え込んでしまったのである」。あなたの心の中のエゴは、あなた自身は泥団子に過ぎないと信じ込ませたのだ。



You cannot teach what you have not learned, and what you teach you strengthen in yourself because you are sharing it. Every lesson you teach you are learning.
  • strengthen [stréŋkθn] : 「〜を強くする、強化する」
  • share [ʃέər] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する」
❖ "You cannot teach ~ "「あなたは、学びもしなかったことを教えることは出来ない」。"and what you ~ "「そして、あなたが教えたことをあなたの内部で増強する」。"because you ~ "「なぜなら、あなては教えたことを分かち合うからだ」。" Every lesson you ~ "「あなたが教えるすべてのレッスンを、あなたは学んでいることになる」。エゴがあなたは泥団子に過ぎないと教えたから、あなたは他者を見て泥団子に過ぎないと思う。他者は泥団子に過ぎないあなたを攻撃し、あなたを傷つけようとする。こうして、誤った幻想を分かち合って憎悪を強化する。しかし、あなたは無辜なる神の子だと教えるホーリー・スピリットの声に耳を傾けてそれを学んだなら、あなたは他者も同時に神の子であることを教えることが出来る。真実は分かち合われて拡張増大する。



2. That is why you must teach only one lesson. If you are to be conflict-free yourself, you must learn only from the Holy Spirit and teach only by Him. 
  • -free : 「〜のない、〜が含まれていない」
❖ "That is why ~ "「それが、あなたがただ一つのレッスンを教えなければならない理由である」。"If you are to ~ "「もし、あなた自身、コンフリクトのない自分でいたいなら」。ここの"be + 不定詞"は意図を表す。"you must learn only ~ "「あなたはホーリー・スピリットからだけ学ばなくてはならないし、ホーリー・スピリットに準じて教えなければならない」。



You are only love, but when you deny this, you make what you are something you must learn to remember. 
deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
❖ "You are only ~ "「あなたは愛であるのみ」。"but when you ~ "「しかし、あなたがこれを否定したら、」"you make what ~ "「あなたは、あなたそのものを、それを思い出すために学ばねばならないものに作りかえてしまう」。ただ愛である自分を否定したら、それを思い出すために学び直さなくてはならなくなる。そして今、あなたは学び直している。



I said before that the message of the crucifixion was, "Teach only love, for that is what you are. "
  • crucifixion [krùːsəfíkʃən] : 「磔刑、十字架刑」
❖ "I said before ~ "「私は以前、that以下を言った」。"that the message ~ "「磔刑のメッセージは『愛のみを教えよ、なぜなら愛こそが本当のあなた自身だから』ということであった」と以前言った。本当のあなたは愛それ自体なのだから、あなたが教えることの出来るものは愛のみである。



This is the one lesson that is perfectly unified, because it is the only lesson that is one. Only by teaching it can you learn it. 
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に」
  • unified [júːnəfàid] : 「統一された、統合された」
❖ "This is the one ~ "「これこそが、完璧に統一された唯一のレッスンである」。愛のレッスン、これこそが必要であり十分なレッスン。なぜなら、その中にすべてが完璧に統合されてあるから。"because it is ~ "「なぜなら、愛のレッスンこそただ一つ、一なるレッスンであるから」。つまり、ナンバー・ワンにして、オンリー・ワンである。"Only by teaching ~ "「それを教えることによってのみ、あなたはそれを学ぶことが出来る」。あなたは他者を愛することによってのみ、愛を知ることが出来る。



"As you teach so will you learn. " If that is true, and it is true indeed, do not forget that what you teach is teaching you. And what you project or extend you believe.
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • project [prədʒékt] : 「〜を投影する、投射する」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する」
❖ "As you teach ~ "「『教える通りに、あなたは学ぶ』」。"If that is true ~ "「もし、それが正しいなら、いや、まさに正しいのだが、」"do not forget ~ "「that以下を忘れてはいけない」。"that what you ~ "「あなたが教えている、そのことが、あなたを教えているのだということ」を忘れていけない。"And what you ~ "「あなたが投影するもの、あるいは、あなたが拡張するもの、それをあなたは信じているのだ」。エゴに従って虚偽を投影するも、ホーリー・スピリットに従って真実を拡張するも、あなたがそれを信じたことの証明になる。さあ、あなたはどちらを選択するか?







Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp