●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-5.IV.1:1 ~ T-5.IV.1:11

IV. Teaching and Healing
教えることとヒーリング
 
 
 
1. What fear has hidden still is part of you. Joining the Atonement is the way out of fear. 
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • hidden [hídn] : 「hideの過去分詞」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に加わる、〜に加入する、〜に参加する」
  • atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
❖ "What fear has ~ "「恐れが隠しているものは、いまだあなたの一部になっている」。恐れが隠そうとしているものは罪の意識。神から分離したことに対する罪の意識が、神の子の無意識の根底に潜在している。そして、その罪ゆえ、いつかは罰せられるに違いないと神の子は恐れる。"Joining the Atonement ~ "「贖罪へ参加することこそ、恐れから抜け出す方法である」。罪は幻想だと見抜き、受け流して赦すことで幻想の罪は消滅する。罪を滅ぼすのである。これがACXIMの贖罪。



The Holy Spirit will help you reinterpret everything that you perceive as fearful, and teach you that only what is loving is true. 
  • reinterpret [riintə́ːrprət] : 「〜を再解釈する」
  • fearful [fíərfəl] : 「恐ろしい、おびえている」
  • loving [lʌ́viŋ] : 「愛情のある、愛情に満ちた、愛情のこもった」
❖ "The Holy Spirit will ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが〜のすべてを再解釈するのを助けてくれるだろう」。関係代名詞"that"を使って"everything"を説明し、" that you perceive ~ "「あなたが恐ろしいと感じた」すべてを再解釈するのを助けてくれる。さらに、"and teach you ~ "「ホーリー・スピリットは愛に満ちたものだけが真実であるとあなたに教えるだろう」。神の子が犯した神への裏切りと、それに対する神の報復の恐れを、ホーリー・スピリットはあなたに再解釈させる。裏切りの罪は、夢の中の出来事であって幻想であると教え、罰する神は真実の神ではないと再解釈させる。神は完全な愛そのものであって、もし報復などという属性が神にあるとしたら、神は欠陥のある愛になってしまう。欠陥のある愛は真実ではない。ならば、神は真実ではない、ということになってしまうのだ。



Truth is beyond your ability to destroy, but entirely within your ability to accept. 
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
  • ability [əbíləti] : 「能力、才能、できること」
  • destroy [distrɔ́i] : 「破壊する、ぶち壊す、崩壊させる」
  • entirely [entáiərli] : 「全く、完全に、全体に」
  • accept [əksépt] : 「認める、容認する、受け入れる」
❖ "Truth is beyond ~ "「真実は、あなたがそれを破壊する能力を超越したところにあるが、」"but entirely ~ "「真実は、あなたがそれを受け入れる能力の範囲内にすべて含まれる」。まわりくどい言い方をしているが、要するに、真実は人間が破壊できるものではなく、むしろ、人は真実のすべてを全面的に受け入れることが出来るものだ、ということ。



It belongs to you because, as an extension of God, you created it with him. 
  • belong [bilɔ́ːŋ] : 「〜に属する、〜に所属する」
  • belong to : 「〜に属する、〜の所有物である」
  • extension [iksténʃən] : 「拡張、伸長、延長、伸展」
❖ "It belongs to ~ "「真実は、神の拡張としてあなたが真実を神と一緒になって創造したので、あなたに属している」。神のもっている動的な属性として『拡張』がある。静的な愛や叡智をダイナミックに拡張する属性であり、神の創造性の一面ととらえていいだろう。したがって、"as an extension of God"が「神の拡張としてのあなた」なのか、「神の拡張としての真実」なのか、議論があることろだが、ここでは神性(神の属性のすべて)を受け継いだあなたが、神の拡張としてのあなたの名において、真実を創造する、と解釈しておく。簡単に言えば、神は神の愛の延長上に神の子を創造し、神の属性のすべてを神の子に与えた。したがって、神の子は神とともに真実を拡張していけるのだ。



It is yours because it is part of you, just as you are part of God because he created you. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「一部、部分」
❖ "It is yours~ "「真実はあなたの一部であるから、あなたのものである」。"just as you ~ "「ちょうど、神があなたを創造したので、あなたは神の一部であるように」。



Nothing that is good can be lost because it comes from the Holy Spirit, the voice for creation. 
  • lost [lɔ́st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • for : 「〜の代わりに、〜を目的として、〜のために」
❖ "Nothing that is ~ "「良きものは失われることはない」。真実は永遠不変であり、失われることはない。"because it comes ~ "「なぜなら、それは、創造への呼びかけの声であるホーリー・スピリットからやって来たからだ」。ホーリー・スピリットは、奇跡によって真実を現実化し、真実を拡張してほしいとあなたに呼びかけている。ホーリー・スピリットは神の代理人であり、神の意志をあなたに伝える役割を担っている。



Nothing that is not good was ever created, and therefore cannot be protected. 
  • ever [évər] : 「今までに、これまで」
❖ "Nothing that is ~ "「良からぬものは今だかって創造されたことはない」。良からぬものとは、真実ではないもの、虚偽なるもの、幻想である。この世は良からぬものだらけに見えるが、それは実在すらしない幻想である。実相的に創造されたものではないのだ。"and therefore ~ "「したがって、それが守られる可能性はない」。守られるとは、永遠不変に保持される、といった意味合い。幻想は変化流動し、崩壊と死に向かう。したがって、変化流動し崩壊と死に向かうものはすべて、偽創造された夢の中の泡沫である。



The Atonement is the guarantee of the safety of the Kingdom, and the union of the Sonship is its protection. 
  • atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、償い、補償」
  • guarantee [gæ̀rəntíː] : 「保証、担保、保証人」
  • safety [séifti] : 「安全、無事」
  • Kingdom [kíŋdəm] : 「王国、王領」
  • union [júːnjən] : 「結合、合併、融合、団結」
protection [prətékʃən] : 「保護、防御、防備」
❖ "The Atonement is ~ "「贖罪は天の王国における安全保障であり、神の子の連合がその防御にあたる」。罪の意識を無意識の領域に隠しもつ多くの神の子が、贖罪を通して罪の意識から解放され、天の王国に帰還して単一の神の子に再統一されることが天の王国の平和につながる。



The ego cannot prevail against the Kingdom because the Sonship is united. 
  • prevail [privéil] : 「勝つ、勝る、勝利を得る」
  • unite [junáit] : 「〜を結合させる、結び付ける」
❖ "The ego cannot ~ "「エゴが天の王国に勝ることは出来ない」。"because the Sonship ~ "「なぜなら、神の子は団結しているからだ」。エゴは神の子の分断を画策し、神からの分離を維持しようとする。しかし、神の子が天の王国に回帰し、一つの神の子として再統一されれば、もはやエゴは手出しは出来ない。エゴは消滅するのだ。



In the presence of those who hear the Holy Spirit's Call to be as one, the ego fades away and is undone.
  • In the presence of : 「〜の存在下で」
  • those who : 「〜する人々」
  • fade [féid] : 「消えていく、弱まる、薄れる」
  • fade away : 「徐々に消えていく」
  • undone [ʌndʌ́n] : 「undo の過去分詞形」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元に戻す、元どおりにする、取り消す」
❖ "In the presence ~ "「一つであれというホーリー・スピリットの呼びかけに耳を傾ける者達がいるなかで、」"the ego fades away ~ "「エゴは徐々に色あせ、取り消されてしまう」。エゴは暴かれ、幻想と認識され、赦されて消滅する。その鍵を握るのが、あなたも他者も同一の神の子であるという認識である。あなたの心の中のホーリー・スピリットも、他者の心の中のホーリー・スピリットも、もちろん同一である。あなたがあなたのホーリー・スピリットと心を一にするとき、あなたは他者のホーリー・スピリットの心と一体になる。多数の小さな"mind"は、単一の大きな"Mind"になるのである。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp