●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-5.III.1:1 ~ T-5.III.2:10

III. The Guide to Salvation
救いへの導き
 
 
 
1. The way to recognize your brother is by recognizing the Holy Spirit in him. 
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、認識する、承認する」
❖ "The way to ~ "「あなたの同胞を認識する方法は、彼の心の中にいるホーリー・スピリットを認識することによってなされる」。同胞を認識するとは、単に他者が自分と同類であるかどうかの見極めではない。社会的地位や、貧富の差、肌の色、性別、そのような表面的、具象的な差異による認識ではなく、その人の心に宿るホーリー・スピリットの声を聞いて、つまり叡智をもって、認識することである。



I have already said that the Holy Spirit is the Bridge for the transfer of perception to knowledge, so we can use the terms as if they were related, because in his mind they are. 
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
  • bridge [brídʒ] : 「橋、橋梁、桟橋 」
  • transfer [trænsfə́ːr] : 「移動、移転、転送」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、知見、感じ方」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵」
  • term [tə́ːrm] : 「語、言葉、用語、表現」
  • as if : 「あたかも〜かのように、〜のように」
  • relate [riléit] : 「 〜を関係づける、関係させる」
❖ "I have already ~ "「私はすでにthat以下を言った」。"that the Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットは、知覚を叡智に橋渡しするブリッジであると」言った。知覚は、あなたの肉体的な感覚器官がとらえる現実。心は目に見える幻想を作り出すので、知覚は存在しないものを存在するかのようにとらえてしまう。対して、叡智は、実相として既に存在する真実の総体。知覚を修正し、真実を見極める正しい知覚に変えれば、心は叡智をとらえることが出来るようになる。"so we can ~ "「そこで、私たちは二つの用語がまるで関連付けられているかのように使うことが出来る」。"because in his ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットの心の中で、二つの用語は関連付けられているからだ」。この幻想世界における知覚を修正し、正しい知覚が実相世界における叡智へと繋がるようにあなたを導いてくれるのがホーリー・スピリットである。つまり、ホーリー・スピリットは、幻想の知覚と実相の叡智を関連づけて、その幻想を真実の学びのための補助装置に利用するのである。



This relationship must be in his mind because, unless it were, the separation between the two ways of thinking would not be open to healing. 
  • relationship [riléiʃnʃìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別、別居、別離」
  • be open to : 「〜を受けやすい、〜に門戸を開いている」
❖ "This relationship must ~ "「この(知覚と叡智の)関係性は、ホーリー・スピリットの心の中に確かにある」。"unless it were ~ "「さもなければ、二つの考え方の間にある分離はヒーリングに対して閉鎖的だと言わざるを得ない」。知覚はこの幻想世界の働きであり、叡智は神の住む実相世界の真実である。この二つは完全に分離している。しかし、ホーリー・スピリットは幻想の知覚を修正し、つまり、ヒーリングし、真実の見分けが出来る正しい知覚に引き上げるのだ。知覚と叡智の関連性をホーリー・スピリットが認識していなかったら、分離を解消する方法は閉ざされてしまう。なお、"the two ways of thinking"「二つの考え方」と表現されているが、もちろん知覚と叡智のことであって、「二つの心の働き」ととらえた方がいいかもしれない。



He is part of the Holy Trinity, because his Mind is partly yours and also partly God's. This needs clarification, not in statement but in experience.
  • the Holy Trinity : 「三位一体」
  • partly [pɑ́ːrtli] : 「一部分は、部分的に、一部は」
  • clarification [klæ̀rəfikéiʃən] : 「明確化、浄化、浄化作用」
  • statement [stéitmənt] : 「声明、陳述、述べたこと、発言」
  • experience [ikspíəriəns] : 「経験、体験、見聞」
❖ "He is part of ~ "「ホーリー・スピリットは三位一体の一部である」。"because his Mind ~ "「なぜならば、ホーリー・スピリットの心は、一部はあなたのものであり、また一部は神のものであるからだ」。"This needs clarification ~ "「このことは、言葉ではなく、経験を通して明確にされる必要がある」。神は神の延長上に神の子を創造した。神の子が神から分離した後、神は神の使者としてホーリー・スピリットを神の子に遣わした。したがって、神の子が神の下(もと)に回帰し、分離が解消してしまえば、神と神の子とホーリー・スピリットは融合して一体となる。三位一体という完成形である。神の世界は純粋一元論の世界であるから、すべての存在が神という一点に収斂(しゅうれん)するのは当然である。ACIMではその状況を、"God is"の世界と表現している。『神あり』だけの世界である。



2. The Holy Spirit is the idea of healing. Being thought, the idea gains as it is shared. 
  • idea [aidíːə] : 「考え、発想、知識」
  • thought [θɔ́ːt] : 「考え、見解、思想、思考」
  • gain [géin] : 「進歩する、得る、獲得する」
❖ "The Holy Spirit is ~ "「ホーリー・スピリットはヒーリングという思いである」。ホーリー・スピリットは、心を真実に目覚めさせて知覚を修正しようとする意志であり、ヒーリングに根ざした思いである。"Being thought ~ "分詞構文、理由、「思考であるから、ヒーリングという思いは分かち合われることで増えていく」。ACIMが語るヒーリングは物理的医療ではない。誤った知覚に翻弄される心の修正作業のことである。よって、ホーリー・スピリットが行うヒーリングは思考であり、思いであり、想念であり、観念である。真実は分かち合われることで拡張増大する。ホーリー・スピリットのヒーリングも真実であるから、分かち合われることで拡張増大するのだ。



Being the Call for God, it is also the idea of God. Since you are part of God it is also the idea of yourself, as well as of all his creations. 
  • call [kɔ́ːl] : 「呼びかけ、呼び出し」
  • as well as : 「〜と同様に、〜と同じく」
❖ "Being the Call ~ "「神への呼びかけであるから、それは神の思いでもある」。ホーリー・スピリットのヒーリングは真実を求める修正作業であり、神のパワーを求める。それは神の意志でもある。"Since you are ~ "「あなたは神の一部であるから、」"it is also ~ "「それは、すべての創造されたものの思いでもあると同時に、あなたの思いでもある」。ホーリー・スピリットも神の子であるあなたも、ともに神が神の延長上に創造したものである。神の意志は、ホーリー・スピリットにもあなたにも引き継がれている。簡単に言えば、本来、神も神の子もホーリー・スピリットも分離などしていないのだから、その意志も分離していないのだ。



The idea of the Holy Spirit shares the property of other ideas because it follows the laws of the universe of which it is a part. 
  • property [prɑ́pərti] : 「特性、性質、所有」
  • follow [fɑ́lou] : 「追う、ついて行く、〜に従う」
  • universe [júːnəvə̀ːrs] : 「宇宙、銀河、全世界」
❖ "The idea of ~ "「ホーリー・スピリットの思いは他の思いの特性を分かち合っている」。ホーリー・スピリットの思いは、何か特別な思いなのではない。他の実相的な思いと同様に、それは時空に依存することなく、また、その思いは現実化する。そういう特性をもっている。"because it follows ~ "「なぜならば、ホーリー・スピリットの思いは、その思いが一部を構成しているところの宇宙(実相世界)の法則に従っているからだ」。ホーリー・スピリットの思いは真実の総体である叡智に根ざしたものであり、実相世界の一部をなす。実相世界の法則とは神の法であり、ホーリー・スピリットの思いもそれに従う。



It is strengthened by being given away. It increases in you as you give it to your brother. 
  • strengthen [stréŋkθən] : 「〜を強くする、強化する」
  • give away : 「配る、分配する、渡す、寄贈する」
  • increase [inkríːs] : 「増える、増大する、大きくなる」
❖ "It is strengthened ~ "「ホーリー・スピリットの思いは与えられることで強化される」。"It increases in ~ "「それは、あなたが同胞に与えるにしたがい、あなたの中で大きくなっていく」。実相世界では、与えることと得ることは同一である。これも神の法の一つ。しかも、真実は分かち合われることで拡張増大するのだから、ホーリー・スピリットの思いも、あなたの思いも、同胞に与え、分かち合われることでどんどん増大、強化されていく。この真実の拡張、それが実相的な創造である。



Your brother does not have to be aware of the Holy Spirit in himself or in you for this miracle to occur. 
  • be aware of : 「〜に気付いている、〜を知っている」
  • occur [əkə́ːr] : 「起こる、発生する、生じる」
❖ "Your brother does ~ "「あなたの同胞は、彼自身の心の中に、あるいはあなたの心の中に、ホーリー・スピリット(が存在していること)に気付いている必要はない」。"for this miracle ~ "「この奇跡が起きるためには」。この奇跡とは、思いはそれを与えることで増大していくということ。その奇跡が起こるために、ホーリー・スピリットの存在に気付いている必要はない。



He may have dissociated the Call for God, just as you have. This dissociation is healed in both of you as you become aware of the Call for God in him, and thus acknowledge Its being.
  • dissociate [disóuʃièit] : 「解離する、乖離する、分離する」
  • dissociation [disòusiéiʃən] : 「解離、乖離、分離、分裂」
  • acknowledge [əknɑ́lidʒ] : 「認める、承認する、認識する」
❖ "He may have ~ "「あなたの同胞は、ちょうど、あなたがそうしたように、神への呼びかけを切り離してしまったのかもしれない」。あなたの心の最も純粋で神聖な部分に神の祭壇があり、そこが唯一、神との交信のチャンネルになっている。神への呼びかけも、神からの呼びかけも、このチャンネルを通して行われる。しかし、あなたも、あなたの同胞も、そのチャンネルを切断した。"This dissociation ~ "「この乖離は、あなた方両者の中でヒーリングされる」。切断された神への呼びかけは、あなたと同胞両者の心の中で修復される。修復されたチャンネルを通して、神の意志を聞き取ることも、あなたの意志を神に伝えることも出来る。実相的通信はヒーリングされるのである。"as you become ~ "「あなたが彼の中に、神への呼びかけがあるのを気付くようになり、こうしてその存在を認識するようになるにつれ、」ヒーリングされていく。あなたと同胞は自他一如であり、同胞の心の中のチャンネルに気付くことは、あなた自身の心の中のチャンネルに気付くことでもある。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp