●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-2.VIII.1:1 ~ T-2.VIII.2:8

VIII. The Meaning of the Last Judgment

最後の審判の意味



1. One of the ways in which you can correct the magic-miracle confusion is to remember that you did not create yourself.

  • correct [kərékt] :「〜を訂正する、修正する、正す、補正する」
  • confusion [kənfjúːʒən] :「混乱状態、混乱、混同、当惑」
  • remember [rimémbər] :「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • create [kriéit] :「創造する、創り出す」

❖ "One of the ways ~ "「魔法と奇跡を混同する間違いを正すことが出来る一つの方法は、that以下を思い起こすことである」。"that you did not ~ "「あなたはあなた自身を創造したのではない」ということを思い起こすことである。あなたは神によって創造されたものであり、決して魔法によって生れたのではない。魔法は幻想や錯覚によって知覚を騙すが、奇跡は真実を具現化するだけである。神の創造は真実であり、あなたは神の真実の具現化によって創造されたのだ。あなたの存在は奇跡なのである。



You are apt to forget this when you become egocentric, and this puts you in a position where a belief in magic is virtually inevitable.
  • be apt to :「〜しがちである、〜する傾向がある、〜しそうである」
  • forget [fərɡét] :「〜を忘れる、〜を思い出せない」
  • become [bikʌ́m] :「〜になる」
  • egocentric [ìːɡouséntrik] :「自己中心的な、自分本位の、利己的な」
  • position [pəzíʃən] :「立場、位置、地位、身分」
  • belief [bilíːf] :「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
  • virtually [və́ːrtʃuəli] :「実質的には、事実上、実際上」
  • inevitable [inévətəbl] :「避けられない、当然の、必然的な、必然の」
❖ "You are apt ~ "「あなたは、あなたがエゴ中心的になっている時、このことを忘れがちである」。"egocentric"は「自己中心的」という意味だが、あなたがエゴに支配されている現状を表すために、「エゴ中心的」と訳してみた。あなたがエゴに支配されている限り、あなたは奇跡ではなく魔法を信じてしまう。"and this puts ~ "「このことがあなたを、魔法を信じる気持ちを実際上避けられない位置に置く」。エゴはあなたを幻想に縛りつけておくために、目にも鮮やかな魔法をあなたの目の前に展開して見せ、幻想があたかも実在であるかのように信じさせるのだ 。この圧倒的にリアルな世界を目にして、あなたはその実在性を信じる気持ちを避けることが出来ないでいる。



Your will to create was given you by your creator, who was expressing the same will in his creation. 
  • will [wíl] :「意志、精神力、意欲」
  • given [ɡívən] :「giveの過去分詞形」
  • creator [kriéitər] :「創造者、創作者、創設者」
  • express [iksprés] :「〜を表現する、言葉で表現する、言い表す」
  • same [séim] :「同じ、同一の、変わらない」
  • creation [kriéiʃən]:「創造、創作、創作物、作品」
❖ "Your will to ~ "「あなたの創造しようとする意思は、創造主である神によってあなたに与えられた」。"who was expressing ~ "「その神は、創造するに際して同じ意思を表現したのである」。神は神の子を創造して真実の具現化をなした。神は神の延長上に神の子を拡張したのである。そして、神の属性のすべてを継承した神の子であるあなたは、神と同様の真実の具現化をあなたの意思としてもっている。



Since creative ability rests in the mind, everything you create is necessarily a matter of will.
  • since [síns] :「〜なので、〜だから」
  • creative [kriéitiv] :「創造力がある、創造性に富んだ、独創的な」
  • ability [əbíləti] :「能力、才能、できること」
  • rest [rést] :「ある、置かれている」
  • necessarily [nèsəsérəli] :「必ず、必然的に」
  • matter [mǽtər] :「中身、内容、物、物質」
❖ "Since creative ~ "「創造する能力は心にあるので、あなたが創造するすべてのものは必然的に意思と(関係性を)もつものとなる」。真実を創造するのは心である。奇跡を起こすのは心なのだ。真実は形を持つことはなく、したがって実相的な想念である。その想念としての真実は、すべてあなたの意思を反映する。愛、喜び、慈しみ、美、静けさ、等々はすべてあなたの意思を反映している。あなたの思いそのものなのだ。
ところが、虚偽を作り出す能力もまた、真実の創造と同じような現象を生み出す。偽創造もまた、あなたの心の反映として、あなたの目の前に現れる。ただし、それは虚偽であるから幻想であり、本当は実在することなど出来ない。この世界やあなたの肉体がその良い例である。



It also follows that whatever you alone make is real in your own sight, though not in the Mind of God. 
  • follow [fɑ́lou] :「次に起こる、〜ということになる」
  • whatever [hwʌtévər] :「〜するのは何でも、どんなものが〜でも」
  • alone [əlóun] :「独りで、孤立して、独力で、単独で」
  • real [ríəl] :「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • sight [sáit] :「視覚、視力、視界、景色」
  • though [ðóu] :「〜だけれども、〜だけど、そうは言うものの」
❖ "It also follows ~ "「それはまた、あなたが一人で作り出したものなら何でも、あなた自身の目にはリアルに見えるということになる」。"though not ~ "意訳する、「ただし、神の心にはリアルには映らない」。この世界が圧倒的にリアルに見えるのは、あなたの心がもつ創造性のなせる業である。ただし、それは幻想であって、神の目をごまかすことは出来ない。この世界がどんなに圧倒的なリアルさをもってあなたの目に見えようが、神は騙されない。神はどんな幻想とも一切の関わりをもたないから、当然、神はこの世界の現象と一切の関わりをもたない。



This basic distinction leads directly into the real meaning of the Last Judgment.
  • basic [béisik] :「基礎の、基本的な」
  • distinction [distíŋkʃən] :「差異、区別、特徴、特質」
  • lead [líːd]:「ある結果に至る、導く」
  • directly [dəréktli] :「直接に、まっすぐに、率直に」
  • meaning [míːniŋ] :「意味、意義、意図、真意」
  • Judgment [dʒʌ́dʒmənt] :「判断、判断力、判決、審判」
  • The Last Judgement :「最後の審判」
❖ "This basic distinction ~ "「この基本的な区別は直接、最後の審判の真の意味につながっていく」。次の段落で、最後の審判について詳しく語られる。



2. The Last Judgment is one of the most threatening ideas in your thinking. 
  • threatening [θrétəniŋ] :「脅迫的な」
  • idea [aidíːə] :「考え、着想、発想」
  • thinking [θíŋkiŋ] :「考えること、考え、思考、思索、思惑 」
❖ "The Last Judgment ~ "「最後の審判はあなたの思いの中でも最も脅迫的な考えの一つである」。世の多くのキリスト教関係の教団が『最後の審判』を持ち出して信者に恐怖心を植え付けているのは周知の事実である。



This is because you do not understand it. Judgment is not an attribute of God.
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] :「理解する、分かる、把握する」
  • attribute [ǽtribjùːt] :「 特質、特性、性格、属性」
❖ "This is because ~ "「これは、あなたが最後の審判について理解していないからだ」。あなたが最後の審判を恐れているなら、それは神を誤解しているからだ。"Judgment is not ~ "「審判は神の属性ではない」。神は判断も審判もしない。神は決して裁かないのだ。罪を糾弾することも、罪を罰することもない。そもそも、神が愛する神の子を恐怖の淵に陥れることなど、原理的に不可能である。それが可能であるなら、それは神ではない。偽神である。



It was brought into being only after the separation, when it became one of the many learning devices to be built into the overall plan.
  • brought [brɔ́ːt] :「bringの過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] :「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • being [bíːiŋ] :「存在、実在、生存、生命」
  • separation [sèpəréiʃən] :「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • device [diváis] :「装置、道具、手段」
  • learning device [diváis] :「学びの装置、学びのための道具」
  • built [bílt] :「buildの過去・過去分詞形」
  • overall [óuvərɔ̀ːl] :「総合的な、全般的な、一般的な」
  • plan [plǽn] :「計画、企画、予定、意向、つもり、考え」
❖ "It was brought into ~ "直訳すると、「それは分離後、存在へともたらされた」。つまり、最後の審判という考えは、神の子が神から分離した後に存在するようになった。神の子が勝手に考え出した妄想である。"when it became ~ "「そしてその時、それは、総体的な計画の中で作られた多くの学びのための補助装置の一つになった」。時間も空間も学びのための補助装置であって、神との分離後に作られたものだ。同様に、最後の審判も、学びのための補助装置である。総体的な計画とは、すべての神の子の分裂した心(mind)が幻想から目覚め、神の元へ回帰し、一つの大きな心(Mind)になるという壮大な計画のこと。つまり、最後の審判という概念は神の子が勝手に幻想した絵図に過ぎないのだが、それを正しく理解することで幻想から目覚める学びの道具として利用すべきだ、ということ。簡単に言えば、最後の審判を妄想だと認識するために、つまり学びのために、最後の審判という妄想は存在しているということ。



Just as the separation occurred over millions of years, the Last Judgment will extend over a similarly long period, and perhaps an even longer one.
  • occur [əkə́ːr] :「起こる、発生する、生じる、現れる」
  • million [míljən] :「100万、百万」
  • extend [iksténd] :「伸びる、広がる」
  • similarly [símələrli] :「同様に、類似して、同じように」
  • period [píəriəd] :「期間、時期、時間」
  • perhaps [pərhǽps] :「たぶん、もしかすると、ことによると」
❖ "Just as the separation ~ "「神からの分離が何百万年にも渡って起き続けているように、最後の審判も同じくらいの長きに渡るかもしれない」。"and perhaps an ~ "「ひょっとしたら、それ以上になるかもしれない」。将来、神からの分離が解消されるかもしれないが、ひょっとしたら、最後の審判という概念はその後も生き続けるかもしれない。神の子が神の下(もと)へと回帰した後でも、最後の審判という概念(妄想)は心の外傷(トラウマ)となって神の子の心に残るかもしれない。



Its length can, however, be greatly shortened by miracles, the device for shortening but not abolishing time.
  • length [léŋkθ] :「長さ、時間の長さ、期間」
  • however [hauévər] :「けれども、しかしながら、また一方」
  • greatly [gréitli] :「大いに、非常に、とてもうまく」
  • shorten [ʃɔ́ːrtn] :「短くする、短縮する、縮める」
  • abolish [əbɑ́li] :「〜を廃止する、撤廃する、廃する」
❖ "Its length can ~ "「しかしながら、その期間の長さは奇跡によって縮められる可能性はある」。ただし、その奇跡は、"the device for shortening ~ "「時間を縮める装置であるが、時間を消し去るものではない」。幻想の時間を縮めてくれるのは、ホーリー・スピリットとしてのイエスである。しかし、最終的に時間を消滅させるのは、神の子自身による赦しである。



If a sufficient number become truly miracle-minded, this shortening process can be virtually immeasurable.
  • sufficient [səfíʃənt] :「十分な、満足な、足りる」
  • truly [trúːli] :「全く、本当に、真に、正確に」
  • process [prάses] :「製造過程、一連の行為、進行、経過、推移」
  • virtually [və́ːrtʃuəli] :「実質的には、事実上、実際上」
  • immeasurable [iméʒərəbl] :「計り知れない、無限の、絶大な」
❖ "If a sufficient ~ "「もし、十分な数の人たちが真に奇跡に根ざした心を持てば」。"this shortening process ~ "「この時間短縮のプロセスは、実際、計り知れない(ほどの効果を生み出すであろう)」。



It is essential, however, that you free yourself quickly, because you must emerge from the conflict if you are to bring peace to other minds.
  • essential [isénʃəl] :「必須の、最も重要な、肝心な、本質の」
  • free [fríː] :「〜を自由にする、解放する」
  • quickly [kwíkli] :「速く、すぐに」
  • emerge [imə́ːrdʒ] :「表面に出てくる、現れる、出現する」
  • conflict [kɑ́nflikt] :「不一致、対立、衝突、争い、紛争、闘争、戦争」
  • be to do : 「〜する予定だ、〜したい、〜できる、〜しなければならない」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • peace [píːs] : 「平和、和平、安らぎ、平安、静けさ、静謐」
❖ "It is essential ~ "「しかし、that以下は絶対必要である」。
"that you free ~ "「あなたが一刻も早く自分を自由にすることは」絶対必要である。"because you must ~ "「なぜならば、もし、あなたが他の人たちの心に平和をもたらすのであるなら、あなたはコンフリクトを切り抜けなければならないからである」。"you are to bring"における"be + (不定詞)"は予定、運命、義務、命令などを表す。したがって、ニュアンスとしては「もし、あなたが他の人たちの心に平和をもたらす運命にあるのなら」となる。
さて、ここの文脈で『最後の審判』はどこに行ったか、という話しになる。あなたが幻想から実相へ目覚めるには、第一に、あなたが抱え込んだ恐れから自らを解放しなくてはならない。神の子は神を裏切った罪の意識を抱き、神の罰を恐れるようになった。神の子は恐れに耐えきれなくなり自己を乖離し、エゴという別人格を作り上げた。このエゴが囁(ささや)くのである。『おまえは神を裏切ったのだから、神は最後にお前を裁きにかけ、お前に罰を与えるに違いない』。これが、『最後の審判』という概念となってエゴという偶像を支えている。したがって、あなたが自分を恐れから解放するには、この最後の審判という概念を利用して、これが幻想であることを見抜かなくてはいけない。学びの補助装置というのはそういう意味である。つまり、最後の審判を赦しの対象とするのだ。最後の審判は幻想であるとしっかり認識し、受け入れて赦し手放すのである。こうして、最後の審判という幻想は消滅し、恐れも消滅する。それが赦しの奇跡であり、恐れから解放される時間を大幅に縮小してくれるのだ。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp