●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-2.IV.1:1 ~ T-2.IV.2:10

IV. Healing as Release from Fear
恐れからの解放としてのヒーリング



1. Our emphasis is now on healing. The miracle is the means, the Atonement is the principle, and healing is the result.
  • emphasis [émfəsis] : 「強調、重要性、注目、重要視」
  • healing [híːliŋ] : 「癒やし、治療、治癒、回復」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • atonement [ətóunmənt] : 「償い、贖罪」
  • principle [prínsəpl] : 「原則、原理、公理、原論、法則」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、効果、成果」
❖ "Our emphasis is ~ "「今、私たちが強調したいことはヒーリングに関してである」。"The miracle is ~ "「奇跡は手段であって、贖罪は原理、そしてヒーリングは結果である」。幻想を幻想として受け入れ、幻想を消滅させるという原理が贖罪である。それを実現する手段は、赦しという奇跡である。幻想が消滅した結果、あなたの苦と痛みは消滅し、それがヒーリングである。



To speak of "a miracle of healing" is to combine two orders of reality inappropriately. Healing is not a miracle.
  • combine [kəmbáin] : 「〜を結合する、混ぜ合わせる、混合する」
  • order [ɔ́ːrdər] : 「順、順序、順番、順位、序列、系列」
  • reality [riǽləti] : 「現実性、実在性、現実のこと」
  • inappropriately [ìnəpróupriəli] : 「不適切に」
❖ "To speak of ~ "「『ヒーリングの奇跡』と言ってしまえば、それは実相の2つの序列を不適切に結合していることになる」。ヒーリングと奇跡を同じものだと捉えてしまうと、奇跡は手段、ヒーリングは結果という序列を乱してしまう、ということ。"Healing is not ~ "「ヒーリングは奇跡ではない」。ヒーリングは奇跡の結果だからだ。赦し(奇跡)によって幻想は消え、病は癒される(結果)のである。



The Atonement, or the final miracle, is a remedy and any type of healing is a result. The kind of error to which Atonement is applied is irrelevant.
  • final [fáinl] : 「最後の、最終の、決定的な」
  • remedy [rémədi] : 「治療、療法、救済策、救済方法」
  • type [táip] : 「類、型、類型、種類」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、効果、成果」
  • kind [káind] : 「種類、質」
  • error [érər] : 「誤り、間違い」
  • apply [əplái] : 「〜に適用する、応用する、利用する」
  • irrelevant [iréləvənt] : 「見当違いの、無関係の、不適切な、重要でない」
❖ "The Atonement, or ~ "「贖罪、または最後の奇跡、は救済策であり、どんなタイプのヒーリングもその結果である」。"The kind of ~ "「贖罪が適用される誤りの種類は重要ではない」。神を裏切って分離したという罪の意識が罪の原型なのだが、この幻想世界では、分離が原因となって様々な罪の意識が象徴化、具現化される。あなたと他者が分離しているからこそ、あなたは他者を憎み、恨み、怒り、嫉妬し、支配したいと思い、愛欲の奴隷にしたいと思うのである。さらに、そういった分離から生まれる悪感情を自分の心に抱え込んでしまったことに対して、あなたは自分自身を、罪の意識を持つことで罰しようとする。人を憎めば憎むほど、あなたは自分に向かって罪の意識を深めていくのだ。分離を促進したことに対する自責の念を、罪を感じることで埋め合わせようとするのである。ここで、ACIMの贖罪が登場するわけで、分離を原因とした誤りがどんな種類であっても、それは贖罪にとって問題ではない。すべて分離という幻想が根底にあるからだ。贖罪は、その分離が生みだす罪の意識を幻想と見抜き、赦しという奇跡を通して消滅させる。罪の意識が贖罪によって消滅すれば、結果として、心の苦や痛みも肉体的な病も同時に消滅してしまうのだ。その結果がヒーリングである。



All healing is essentially the release from fear. To undertake this you cannot be fearful yourself. 
  • healing [híːliŋ] : 「癒やし、治療、治癒、回復」
  • essentially [əsén∫əli] : 「本質的に、基本的に、原則的に、本来、元来 」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除、免除」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • undertake [ʌ̀ndərtéik] : 「企てる、始める、〜に着手する、請け負う」
  • fearful [fíərfəl] : 「恐ろしい、ものすごい、おびえている、心配そうな」
❖ "All healing is ~ "「すべてのヒーリングは、本質的に恐れからの解放である」。罪と罰は表裏一体の関係であって、あなたは、罪は罰をもって埋め合わされねばならないと信じている。そこに、罰に対する恐れが生じる。この恐れが強烈なストレスとなって、心や肉体に様々な不調、病、等々を生み出すのである。病をもって自らを罰しようとしするわけだ。"To undertake this ~ "「これを始めるには、あなた自身が恐れの状態であることは許されない」。恐れを心に抱えたままで、恐れからの解放であるヒーリングを実行することは不可能だ。



You do not understand healing because of your own fear.
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる、把握する」
❖ "You do not ~ "意訳する、「なぜなら、あなた自身の恐れのせいで、ヒーリングを理解出来ないからだ」。たとえば、肉体的な病を癒やすのはあなたの健全な免疫機能であるが、その免疫機能が病に侵されていると、あなたは病を癒やすことが出来ないと現代医学は教える。今、あなたは恐れを抱いている。ヒーリングは恐れを解放してくれる。しかし、恐れを抱いている以上、ヒーリングは実行出来ない。したがって、あなたは恐れから解放されない。・・・これでは八方塞がりではないか。いや、こういう発想は、ヒーリングを理解していないところから生じるのだ。つまり、こういう八方塞がりを突破するのが奇跡であり、奇跡を手段として贖罪があなたを八方塞がりの恐れから救い出すのである。あなたが恐れている罪も罰も単なる幻想であって実在しないと認識し、幻想を赦して消滅させるのだ。結果として、いとも簡単に、あなたは恐れをヒーリングし、恐れから解放されるのである。



2. A major step in the Atonement plan is to undo error at all levels. 
  • major [méidʒər] : 「偉大な、主要な、重要な、専攻の、大きい方の」
  • step [stép] : 「段、階段、一歩、歩み、ステップ」
  • plan [plǽn] : 「計画、企画、予定、意向、つもり、考え」
  • undo [ʌndú] : 「元どおりにする、取り消す 」
  • error [érər] : 「誤り、間違い」
  • level [lévəl] : 「地位、階級、段階、レベル、高さ、高度、深さ」
❖ "A major step ~ "「贖罪の計画における重要なステップは、すべてのレベルにおいて過ちを取り消すことである」。すべてのレベルとは、ここでは簡単に、肉体レベルと精神レベル、あるいは物質のレベルと心のレベルととらえていい。



Sickness or "not-right-mindedness" is the result of level confusion, because it always entails the belief that what is amiss on one level can adversely affect another.
  • sickness [síknəs] : 「病気」
  • right [ráit] : 「正しい、正当な、合っている、適切な」
  • mindedness [máindidnis] : 「心だて、〜主義」
  • right-mindedness : 「正しい考えをもっていること」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果、成績」
  • confusion [kənfjúːʒən] : 「混乱状態、混乱、錯乱状態」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、以前からずっと、常にいつでも」
  • entail [entéil] : 「〜を伴う、必要とする、引き起こす」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
  • amiss [əmís] : 「間違って、不適当に、場違いに」
  • adversely [ædvə́ːrsli] : 「逆に、逆行して、不利に」
  • affect [əfékt] : 「 〜に作用する、〜に影響を及ぼす」
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つ、もう一人」
❖ "Sickness or ~ "「病気、あるいは『正しからざる心』は、レベルの混乱の結果である」。"because it always ~ "「なぜなら、それはいつも、〜な信念を伴うからである」。"that what is ~ "「ある一つのレベルにおいて間違っているものは他のレベルに悪影響を与え得る」という信念を伴うからである。非常に難解な部分である。たとえば、従来の常識は、肉体は細菌やウィルスに感染し、感染症が発生するというメカニズムを想定していたのだが、現代医学は、ここに心のレベルを介入させ、心がストレスを感じることで肉体的な免疫機構が正常に機能しなくなり、細菌やウィルスに感染しやすくなり感染症を発症すると説明する。心のレベルが肉体のレベルに影響を与えるという説である。これは非常に説得力のある正しい理論のように思えるが、ACIMは、これはレベル・コンフュージョンを起こしていると言う。一体、どこがおかしいのか? 
そこで、次のような問題を提示してみる。『悪い事をすれば、心が汚くなる』、これは正しいか? 誤りである。夜見る夢の中であなたが悪事を働いたからといって、夢から目覚めたあなたの心が汚されたわけではない。同様に、幻想世界であなたが悪い事をしても、それを理由にあなたの心が実相的に汚されるわけではないのだ。では、『心が汚くなれば、悪い夢を見る』、これは正しいか? 正しい。心がエゴに支配されて歪んでしまうと、あなたは幻想に捕われて、数々の誤った行動をとってしまう、悪い夢を見てしまう。では、『心が汚くなれば、悪い事をする』、これは正しいか? これが問題である。答えは、誤りだ。『悪い事をする』と『悪い夢を見る』とでは、大違い。心がエゴに支配されて歪んだ時、悪い夢を見ることはあっても、悪い事を実相的に現実化し、創造することは出来ないのである。幻想を実相化することは不可能なのだ。
先の感染症の問題に戻ろう。ACIMの説にしたがえば、心のレベルの誤りが肉体のレベルの病を実相的に現実化し、創造することは出来ないのだ。心のレベルの誤りが病という悪い夢、幻想を生み出しているだけである。肉体も病も、歪んだ心が生みだした錯覚であり、心のレベルだけが問題なのだ。真の存在は心だけであり、すべての原因も問題も、また解決策も、実在の心のレベルに存在する。我々は幻想を夢に見ているがために、原因も問題も、また解決策も、幻想の世界、あるいはこの肉体にあると錯覚しているだけだ。場所を取り違えているのである。これがレベル・コンフュージョン(level confusion)「レベルの混乱」であり、つまり、知覚の錯乱である。



We have referred to miracles as the means of correcting level confusion, for all mistakes must be corrected at the level on which they occur. 
  • refer [rifə́ːr] to : 「〜に言及する、〜に注意を向ける」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する、正す」
  • level [lévəl] : 「地位、階級、段階、レベル、高さ、高度、深さ」
  • confusion [kənfjúːʒən] : 「混乱状態、混乱、錯乱状態」
  • mistake [mistéik] : 「ミス、誤り、過ち、思い違い、誤解」
  • occur [əkə́ːr] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
❖ "We have referred ~ "「私たちは奇跡を、レベルの混乱を正すことの出来る手段だと言及した」。" for all mistakes ~ "「なぜなら、すべての誤りは、それが起きたレベルで正されなければならないからだ」。奇跡は真実を具現化し、幻想を幻想として、真実を真実と見るヴィジョンを提供する。ヴィジョンはレベルを見定める。レベルの混乱は奇跡によって修正されるのだ。したがって、真実の中に紛れ込んだ幻想を、真実のレベルで修正してやれば、幻想は真実のレベルで消滅してしまう。



Only the mind is capable of error. The body can act wrongly only when it is responding to misthought. 
  • be capable [kéipəbl] of : 「〜の能力がある、〜の才能がある、〜ができる」
  • act [ǽkt] : 「行動する、振る舞う 、 作動する」
  • wrongly [rɔ́ːŋli] : 「誤って、間違って」
  • respond [rispɑ́nd] : 「反応する、応答する、答える」
  • misthought : 「過った考え」
❖ "Only the mind ~ "「心だけが誤りを犯しかねない」。誤りという幻想を生み出せるのは心だけだ。もちろん、心はその誤りを実相化することは出来ない。心は誤りを犯しかねないが、誤りを存在させることは出来ないのだ。"The body can ~ "「肉体は、それが誤った思いに反応したときだけ、誤った行動をとる可能性がある」。肉体が誤った行動を生み出すのではない。誤った心の思考が幻想を生み、その幻想にしたがって肉体が誤った反応を示すだけである。これが病である。



The body cannot create, and the belief that it can, a fundamental error, produces all physical symptoms.
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
  • fundamental [fʌ̀ndəméntl] : 「基礎の、基本的な、根本的な」
  • produce [prədjúːs] : 「〜を作り出す、生産する、産む」
  • physical [fízikl] : 「物質の、物質的な、身体の、肉体の」
  • symptom [símptəm] : 「症状、症候、兆候」
❖ "The body cannot ~ "「肉体は、創造することは出来ない」。"the belief that ~ "「肉体が創造出来ると信じていること、それは根本的な間違いなのだが、それがすべての肉体的な症状を作り出している」。幻想は創造出来ない。幻想に過ぎない肉体が病を創造し、現実化出来ると信じてしまえば、そのレベル・コンフュージョンが病という症状を作り出してしまう。



Physical illness represents a belief in magic. The whole distortion that made magic rests on the belief that there is a creative ability in matter which the mind cannot control.
  • illness [ílnəs] : 「病気、疾病、疾患」
  • represent [rèprizént] : 「〜を表す、描く、意味する、象徴する」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
  • magic [mǽdʒik] : 「 魔法、奇術、魔術」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
  • distortion [distɔ́ːrʃən] : 「ゆがみ、ねじれ、歪曲、ねじ曲げ」
  • rest [rést] : 「ある、置かれている 」
  • creative [kriéitiv] : 「創造力がある、創造性に富んだ、独創的な」
  • ability [əbíləti] : 「能力、才能、できること」
  • matter [mǽtə(r)] : 「物質、物体、事柄、件、状況、問題」
  • control [kəntróul] : 「操作する、制御する、支配する、統制する」

❖ "Physical illness ~ "「肉体的な病は、魔術を信じていることを表している」。魔術とは、幻想を幻想で作り上げること。知覚を錯乱させ、思考システムを混乱させて、錯覚や妄想を生み出す術である。奇跡は魔術ではない。"The whole distortion ~ "「魔術を生み出した(心の)歪みのすべては、〜という信念に基づいている」。"that there is ~ "「心がコントロール出来ない物質の中に創造的能力があるという」という信念に基づいている。創造出来るのは心だけなのに、その心ではどうにもコントロール出来ない物質にこそ創造の力があると思い込んでしまう誤りが魔術の信仰へと向かわせている、ということ。逆に、創造出来るのは心だけあり、幻想に過ぎない物質をどうにでもコントロール出来るのだと信じる心が、真実の奇跡を生み出すのである。ACIMが言うように、奇跡は物理法則を超越するのだ。



This error can take two forms; it can be believed that the mind can miscreate in the body, or that the body can miscreate in the mind.
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する、信頼する」
  • miscreate [miskriéit] : 「 〜を誤って作る、作りそこなう」
❖ "This error can ~ "「この過ちは、2つの形をとる可能性がある」。"it can be ~ "「心は肉体の中で誤った創造をする可能性があると信じられ得るし、」"or that the body ~ "「肉体は心の中で誤った創造をする可能性があると信じられ得る」。心は実在で肉体は幻想である。実在は実在をのみ創造するのであって、実在が幻想の中で創造することは出来ないのだ。逆に、幻想が実在を創造することは出来ない。そもそも幻想には創造する力はないのだから。したがって、心が病を創造したのではなく、病は心の歪みが単に肉体に反映(投影)したものに過ぎないのだ。



When it is understood that the mind, the only level of creation, cannot create beyond itself, neither type of confusion need occur.
  • understood [ʌ̀ndərstúd] : 「understandの過去・過去分詞形」
  • creation [kriéiʃən]: 「創造、創作、創作物、作品」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて、〜を過ぎて、〜のかなたに」
  • neither [níːðər] : 「どちらも〜ない」
  • type [táip] : 「タイプ、型、型式、形式、 種類、類」
  • confusion [kənfjúːʒən] : 「混乱状態、混乱、錯乱状態」
  • need [níːd] : 「〜を必要とする、〜する必要がある」
  • occur [əkə́ːr] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
❖ "When it is ~ "「心は、それは唯一の創造レベルなのだが、心自体を超えて創造することは出来ないと理解されたとき、」"neither type of ~ "「どちらのタイプの混乱も起きはしない」。「心自体を超えて創造すること」とは、心は実相レベルで実在する真実を創造するが、幻想レベルにおいて、そこに実在を創造することは出来ない、ということ。心は夢を見て幻想を描いたりするのだが、その夢を現実化して実在する真実に変えることは不可能なのだ。これを理解すれば、レベル・コンフュージョンに陥ることはない。
こう考えたらどうであろう。映写機がスクリーンに映画を映している。人々が橋を作っている映像だとしよう。さて、映画に映し出されている橋は実在の橋だろうか? もちろん違う。では映写機の中で、実在の人々が実在の橋を建造しているのだろうか? もちろん違う。人々も橋も、どこにも実在してない。それをあたかも、スクリーン上で実在する人々が本物の実在する橋を作っていると誤って知覚するところに問題が生じるのだ。知覚の歪みであり、知覚の錯乱だ。したがって、我々のやるべき仕事は、知覚の歪みを正し、映画のどこにも、人も橋も実在していないのだと知ることなのである。あるいは、映写機、スクリーン、映像、知覚というシステムをきちんと理解すること、つまり思考システムを正しく再構築すること、これに行き着くのである。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp